ネットビジネスの最初のステージでは不用品販売をお勧めしていますが、いつまでも不用品販売をしていくわけにはいきません。

家の中に売れるものがなくなってしまえば、ビジネスとして成り立たないからなんですね。

 

そこで次のステップになるのが転売ビジネスになり、自分で利益の取れる商品を探して仕入れをしなければなりません。

不用品販売と転売ビジネスの大きな違いがこの「仕入れ」の部分になるわけですが、ここで損をせず確実に稼ぐために持っておくべき考え方があります。

仕入れはうまくいっている人をモデリングするだけ

損をせずに確実に稼ぐために重要な考え方というのは、実は「うまくいっている人のモデリング(真似)をするだけ」というものです。

仕入れをする際はこの考え方を必ず守ってみてください。

逆に、このうまくいっている人の真似をしなければ稼げない・・・といってもいいでしょう。

 

そもそも稼げない人のモデリングをしないということは我流で仕入れをしてしまうわけですね。

自分に自信があるのかどうか知りませんが、そういう人はほぼ間違いなく稼げずに時間だけ使って諦めていってしまいます。

 

何度も何度もいっているのですが、スポーツでも勉強でも仕事でも誰かから教わったり、真似をするから上達していくわけじゃないですか。

それなのに、「ビジネス」であるネットビジネスは我流でできると思うのは、言い方はきついかもしれませんが、勘違いもいいところです。

サラリーマンをしながら副業で1億円稼げたのも結局、師匠がいてその人の方法をモデリングしていってドンドン駆け上がっていったからなんですね。

 

不用品の次のステージであり転売ビジネスのイメージはモノを左から右へと流していくことで差額分を利益とするビジネスモデルです。

そのため、過去にどんなものが売れたのかオークファンやプライスチェックでデータをしっかり見て、リサーチして利益が取れる方法をしっかり真似していってください。

オークファンでのリサーチ方法に関しては「ヤフオクの出品ではオークファンで過去の落札相場を確認しよう」を参考にしてみましょう。

稼げている人の仕入れの何を研究するのか?

仕入れをする際にうまくいっている人のモデリングをするわけですが、じゃあ、どんなことをモデリングすればいいのか、という話ですよね。

研究をするのは下記のようなことを隅々までしていきます。

・なぜこれは売れたのか

・いくらで売れたのか

・何個売れたのか

・いつから売れているのか

・どこで売れているのか

・なぜこの季節に売れるのか

転売ビジネスも結局、人が買うからこそ成り立っているため、これらのことを考えていけば、どういったものを「人が欲しがるのか」という視点でも研究していくといいでしょう。

 

これらをひたすらリサーチしてどういった商品が売れるのかという感覚を掴むことが大事になります。

そこには画期的なアイデアなどは一切不要で、できている人の方法をしっかりモデリングすることこそが損をせず、確実に稼ぐために必要なことなんですね。

 

「ネットビジネスで月収1000万円を稼ぐためにはとにかく「守守守」でも話していますが、月収1000万円まではオリジナリティというのは一切不要です。

転売ビジネスの仕入れは難しく考えてはなりません。

シンプルにうまくいっている人の真似をして同じように稼いでいく・・・これだけでも転売で月収50万円や100万円と稼ぐことができます。

 

特に不用品販売から転売ビジネスに移った初期の段階こそ、新しいことをするため、この「モデリング」の意識はしっかり持っていてください。

まとめ

ヤフオクの不用品販売から転売ビジネスに移行する際、新しく仕入れをする必要がある。

その仕入れをする際も我流で取り組むのではなく、うまくいっている人のモデリング、研究をしなければならない。

転売ビジネスで月に100万円を稼ぐまではとにかくシンプルにうまくいっている人の真似をするべし。

 

稼いでいる人の事例から学ぶのはこちら:

【保存版】ネットビジネスの成功事例から学ぶ圧倒的に稼ぐ秘訣

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ