ネットビジネスで仕組み化して自動で収益化するにはブログやサイトといったオウンドメディアを構築するのがおすすめです。

というのも検索で上位表示されると長期的にアクセスを集め続けて、そこからアフィリエイトの成約やメルマガ読者の登録が増え続けるからなんですね。

 

その検索の上位表示をするためにすべき施策がSEO対策なのですが、果たしてそれだけが全てなのでしょうか。

SEO対策以外の部分でも検索上位するためにできること、すべきことをお話していきます。

SEO対策するのは当たり前

SEO対策と聞くと、どのような施策をあなたは思い浮かべるでしょうか。

見出しタグやメタキーワード、タイトル選定、内部リンクや外部リンクと色々あるわけですが、冷静になって考えてみてほしいんですね。

 

それは・・・みんなある程度はSEO対策に取り組んでいるから、その部分ではあまり差は出ませんよね、ということです。

タイトルにキーワードを含めるとか内部リンクを貼るとか、キーワードを選定するとか、ある程度の知識があるブログやサイトの運営者だったらみんな施策しているわけですよ。

 

逆に、あなたが全くSEO対策をやっていない・・・というのであれば、それはライバルに差をつけられてしまっているため、今すぐにでも基本的なSEO施策をしていった方がいいでしょう。

 

外部リンクを張って外的SEOを・・・というのは自作自演以外では良質な記事を作ることでしかできませんので差がつくとすればここでしょう。

ただ、仕組み化して長期的に稼げるブログやサイトを作りたいのであれば、間違いなく自作自演リンクは避けるべきでホワイトな外部リンクがつけられる記事を書いていくべきです。

 

こういった観点で見ていくと、正直、基本的なSEO対策ではほとんどのブログやサイトは大差がない、ということなんです。

かといって、応用レベルのSEO対策をするということになれば、ブログを書くことよりもそっちに時間と意識を取られかねません。

 

もう一度言いますが、検索での上位表示をさせるために、ある程度の基準でSEO対策をするのは当たり前であり、そこでは差がつきづらいのです。

もし圧倒的にSEOの構成の部分で差をつけるのであれば、「ネットビジネスで資産構築!SEOで毎月200万円以上自動で稼ぐ男」で彼が話している構成を参考にしてみてください。

SEOはGoogleのために、記事は「人」のために

SEO対策はみんな基本的なレベルでは取り組んでいるから、差をつけるのが難しい・・・じゃあ、どういった方法で検索順位の上位表示を目指していくのか。

SEO対策を人でいうところの骨格・外面と例えるならば、ブログやサイト内にある記事の内容が性格・内面と言えるでしょう。

 

そう・・・この内面の部分、つまり記事の「内容」で勝負していくわけです。

 

「SEO対策で大切なことは小手先のテクニックではなく本質的なチカラ」でも話していますが、内容重視のコンテンツSEOこそが最強のSEOなんですね。

 

ブログやサイトを運営している人に聞きたいのですが、あなたが上位表示を目指しているジャンルのライバルがどんな記事を書いているか知っていますか。

例えば、ダイエットであれば他のダイエット系サイト、ネットビジネスであれば、他のネットビジネス系サイト・・・というようにライバル達が作っているサイトを見ていますか。

 

ライバルをチェックしていないのであれば、今すぐ、ライバルがどんな記事を書いているのかをチェックしてみてください。

そこで考えるべきなのは・・・他のライバルサイトには負けることのない圧倒的なコンテンツを作成することです。

 

ライバルチェックをしていればわかると思うのですが、意外と大したことのない記事でも上位表示されていることがあります。

それに最近では外注化する人が多いですから余計に勝つことは可能です。

じゃあ、その記事よりも読みやすく、情報も充実しており、学べるコンテンツを投入していけば、直帰率や平均滞在時間も下がっていくわけです。

 

実際に、あるキーワードで検索をして、1ページ目に出てきた記事の内容をすべて網羅した良質な記事をあげて、検索順位1位を取ったという方もいました。

結局、そういうことなんです、いかにライバルではなくあなたの記事、あなたのサイトを選んでもらうことができるのか、これに尽きます。

 

「収益を自動であげて稼ぎ続けるオウンドメディアの構築で重要な6つのこと」でも取り上げていますが、サイトの構成面でも全く同じです。

トップページの構成やカテゴリー、ナビゲーションなど見たい記事がすぐに見つかるような検索ユーザにとって便利な構成だと、ついついそのサイト内を巡ってしまうじゃないですか。

それがユーザーにとって価値のあるサイト・メディアなわけです。

 

一言で言えば、SEO対策はGoogleの検索エンジンで評価してもらうためにすることであり、記事は「人」に見てもらうためにあるんですね。

 

多くの人に支持してもらえて、ファンがいっぱいいるブログやサイトを作ってしまえば、Googleだって評価してくれるわけで、そこで勝負していきましょう。

ライバルと「内容」で差をつけるためには・・・?

ブログやサイトを運営する目的はアフィリエイトなり、メルマガの読者増加なり、人によって異なるでしょう。

ただ、どんな目的であれば検索の上位表示をさせるためにも先ほど話した記事の「内容」面を重視するのは必要な考え方です。

 

それに普通に考えて欲しいんですが、低い質の記事ばかりがあるサイトにはリピーターやファンはつきませんし、文章もまともに読んでもらえません。

ということはですよ・・・アフィリエイトしても商品は売れないし、メルマガの読者も増えるわけがないんですよね。

 

つまり、アフィリエイトで成果をあげるにせよ、メルマガの読者を増やすにせよ、コンテンツを重視していくことは避けて通れないわけです。

SEO対策をバッチリしたところで、内容が悪ければファンもつかないから利益が上がらない・・・これじゃ意味がないということがわかりますね。

 

では、どうすればライバルと「内容」で差をつければいいのでしょうか?

 

そこで重要になってくるのが「アフィリエイトはブログを作る前で稼げるかどうかがで決まる!?」でも話しているターゲットの選定と悩みの書き出し、コンセプトの明確化です。

こちらは上記の記事を参考にしていただければいいのですが、結局、誰に対して、どんなことを伝えたいのかをはっきりさせないことにはブログやサイトがつまらないものになるわけです。

 

他にも挙げるとすれば、一般的な情報の羅列にならないことですね。

当たり前のことを当たり前に書いてあるだけでは、別にあなたのブログである必要はないわけです。

そこに新たな発見や学びがあったり、もしくはあなたの意見を聞きたいと思わせることによってファン化につながっていきます。

 

また、ブログによってはキャラクターを立ててわかりやすく内容を伝えてみたり、圧倒的な情報量を武器にしてみたり、別のコンセプトとつなぎ合わせて独自性を出しているものもありますし、色々工夫できるんですよね。

「あえてあなたのブログやサイトを選ぶ理由は何なのか」・・・それこそがあなたのブログの武器・長所となります。

 

ただ、ここでやってはいけないのが「自分がいいと思っていても他人がいいと思っていなければ意味がない」ということです。

これこそまさに、「パソコンばっかり見てる人がネットビジネスで稼げるわけないよね」の動画でも話している「共感させられないのであればビジネスをやめろ」ですね。

 

記事は検索ユーザーのために書くものであり、工夫しようと思って自己中心的に運営するのはNGですね。

 

根本的には検索してくれるユーザーを想像して、彼らの悩みや欲求を解決してあげるコンテンツを書くことが重要になります。

はっきり言いますが、記事の「内容」・「質」にチカラを入れるのは面倒くさいです・・・でも、だから勝つチャンスがあるわけです。

まとめ

基本的なSEO対策はみんなしているため、その部分では検索順位争いで差がつきにくい。

イメージでいうと、SEO対策はGoogleのために、記事は「人」のために。

検索をして記事を読む人のことを考えていれば、自然と価値のあるコンテンツになる。

 

記事の質を上げて内容を充実させるのは面倒くさいが、ライバルもそれは同じで勝機はそこにある。

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ