ネットビジネスの中でも初心者が最も結果を出しやすいビジネスである国内転売ですが、もちろん、正しいやり方で取り組まなければ稼げるようになることはありません。

国内転売で結果を出すには、なんと言っても「リサーチ」がキモになり、この方法が間違っていると不良在庫を抱えて稼げずにビジネスを断念しなければならなくなります。

 

今回はその正しいリサーチ方法を具体的に見ていくのですが、そもそものリサーチの方法がわからない・・・という方は「国内転売のリサーチで素早く大きく稼ぐために意識すべき3つのこと」で最低限の基礎を頭に入れた上で、今回の内容を読み進めていくことをお勧めします。

過去の購入履歴を必ず見ること

国内転売のリサーチにおいて、Amazonの売上ランキングを参考にしていくことが基本的な考え方ですが、ランキング上位のものだからといってすぐに仕入れてはいけません。

ランキング上位なのになぜバンバン仕入れてはならないのかわかりますか・・・?

 

それは、たまたまそのときにたくさん売れてランキングが上がっただけであって、過去の購入履歴を見てみるとほとんど売れていなかった、という商品が多くあるからなんですね。

 

そのため、過去の購入履歴を見て、「どのくらい売れているのか」と「いくらで売れているのか」というのを確認してみてください。

これは売れそうだ・・・という直感や個人の感覚よりも過去のデータの方がはるかに信頼できますので、常に過去のデータから売れるかどうかの利益予測を立てていくようにしましょう。

モノレートを利用して過去のデータをリサーチ

 

Amazonでの購入履歴をリサーチしていくのですが、この時に使用するのは「モノレート」というサイトになります。

モノレート:http://mnrate.com/

 

モノレートを使うことで、商品が実際に「どのくらいの頻度」、「どのくらいの値段」で売れているのかを確認することができるため、転売のリサーチには欠かせないサイトの1つです。

では、実際にAppleのiPad Airを具体例にしてリサーチに方法を見ていきましょう。

 

 

商品名を確認した上で、「グラフを見る」のボタンを押してモノレートグラフで過去の商品の売れ行きを確認していきます。

このグラフがAmazonでの出品リサーチにおいて非常に重要なので、しっかり頭に入れておきましょう。

 

 

モノレートで見るべきグラフは3つあり、上から順に「最安値」、「出品者数」、「ランキング」となっています。

 

まず、一番上の「最安値」のグラフですが、緑色のグラフが新品、オレンジ色のものが中古品の最安値です。

ここでの最安値はFBA・自己発送全ての出品者の最安値となっているので注意しておきましょう。

 

なお、表示期間を「10日間」「1ヶ月間」と短い期間から「12ヶ月間」、「全期間」と長い期間まで選択することが可能で、基本的には「3ヶ月間」という期間で十分です。

 

そして、真ん中のグラフは出品者数のグラフを表しています。

今回具体例として挙げている、iPad Airの場合は新品・中古品ともに出品されており、やや中古品の方が多く出品されていることがわかりますね。

 

一番下のグラフは「ランキング」のグラフと表していて、最も重要なグラフとなので注意してみてください。

グラフの中で下方向にガクッと落ちているところが、Amazonの売上ランキングが上がっているところでお客さんに商品が売れた可能性が高いということを表しているんですね。

 

つまり、このランキングのグラフが上下に大きく動いていればいるほど、商品が多く購入されているということになるため、この波形に注目する癖をつけてください。

では、実際にいくらで売れているのかをランキングとの相関表で見ていきましょう。

 

 

上記の画像がランキングと価格の相関表でモノレートでいうと、先ほどのグラフの下に出てきます。

 

ここでまず、注目すべきなのは「ランキングが上がっているところ」です。

商品が売れているからランキングが上がっているのですから、このタイミングを見ていくことでいくらで売れたのかを把握することができます。

 

実際に上記の画像でいうと、3月20日の15時には2032位だったのに、17時には1892位になっています。

そして、出品者数も11人から10人に減っているため、商品が売れたということがわかりますね。

この時の価格は51,000円で売れており、売れた後も変動がないため依然として51,000円で出品されていることがわかります。

 

なお、他にもランキングが上がっているタイミングがありますが、中古品が売れた場合もランキングが上がっているので、その推移をたどってみてリサーチする練習をしてもいいでしょう。

このiPad Airは現在のFBA最安値である51,000円でも十分に売れることを表しています。

 

つまり、51,000円よりも安く仕入れることができれば、ある程度の頻度で商品も売れており在庫を抱えずに済む、ということがリサーチでわかりました。

それを踏まえた上で「不用品販売や転売ビジネスで爆発的に稼ぐために重要な3つの戦略」でも話している通り、タイミングや安く仕入れる方法を使うことで利益をドンドン伸ばしていける・・・ということですね。

 

このように、国内転売のリサーチに関してはランキンググラフで「売れる頻度」をしっかり確認すること、ランキングと最安値の関連表で「売れる値段」を把握することが重要になります。

この2点でその商品が売れるのかどうかがわかりますので、たくさんリサーチの練習をして見極めることができるようになりましょう。

まとめ

Amazonのランキングだけを見てバンバン仕入れをせずに、しっかり過去の購入履歴を確認すること。

過去の購入状況に関してはモノレートを使用して、売れる頻度と売れた価格を把握するべき。

 

何度も何度もリサーチで売れる商品の見極めがつくようになれば、不良在庫も抱えることなく大きく稼ぐことができるようになる。

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ