アフィリエイトで稼ぐためには、ある程度の記事数が必要になってきます。

しかし、100記事や200記事書いていると、どうしてもブログのネタが切れてしまうんですね。

「今日はどんな記事を書こう・・・」と悩んでいるうちに1時間経っていることも珍しくありません。

 

ブログのアクセスを増やすためにも記事を増やしたり、価値のある内容の記事を書かなければならないため、ネタ切れしてしまうのは避けたいところです。

ということで今回はアフィリエイトのブログ記事のネタ切れをしてしまった時の対処法をお話していきますので、参考にしてみてください。

ブログを書くだけでなくインプットをしよう

アフィリエイトで稼ぐためにはどうしてもブログの記事を書くことが中心になってしまいますが、それは自分の頭の中にあることを吐き出すアウトプットです。

自分の中に書くネタがなければ書く記事も書けないのは当たり前で、ブログのネタがなくなったらインプットをしていきましょう。

そのジャンルに関する本を読む

まず、ブログのネタを仕入れるための一番手っ取り早い方法がそのジャンルに関する本を読むことです。

そのジャンルの専門書籍を3冊〜5冊読めば、かなりの情報は頭に入ってきます。

 

そして、そのジャンルの書籍を3冊以上読んでいれば、間違いなく検索してきた一般人よりも知識を持つことができるようになります。

また、書籍によっても切り口や書いてあることが変わってきますので、それに応じてブログの記事にもバリエーションをつけることができるようになるわけですね。

 

大事なことは本に書いてあることをそのままブログの記事にしていくのではなく、インプットした内容を自分自身の言葉に変えて記事としてアウトプットしていくことです。

検索・他の人のメルマガを読む

インプットの方法としては、他にも自分が実際に検索をして大量のページを読んでインプットしていくこともできます。

 

また、その中でも同じようにブログからメルマガに誘導してアフィリエイトをしようとしている方もいるでしょう。

その場合は、そのメルマガに登録して情報を収集してみることをお勧めします。

というのも、メルマガでどのようにアフィリエイトをするのかを実際に体感でき、ビジネス的な意味でも非常に参考になるからですね。

 

ここでも記事に書いてあることをそのまま自分の記事に引用していくのではなく、自分の意見や考えを+αして価値のあるコンテンツを書いていくことが非常に重要ですね。

本や検索によりネット上から情報を仕入れた上で、自分の頭の中に落とし込み、それを吐き出す・・・これが一連の流れとなっています。

ターゲットととしている人と話してみる

さらに、これは意外かと思うのですが、自分自身がアフィリエイトのブログでターゲットとしている人と話してみてください。

例えば、ダイエットをしようと思っているがいつも3日坊主で終わってしまい、結局痩せれない女性をターゲットにしているのであれば、実際にそんな人を探しだして話してみる。

 

その上で、ターゲットとなる人が抱えている悩みや心情、日常を徹底的にリサーチしてください。

ブログとして価値のある記事、質の高い記事・・・というのはターゲットが知りたいと思っていることに過不足なく答えている記事のことですのでターゲットの気持ちを理解することは非常に重要になります。

 

ここで自分が考えもしなかった悩みを知ることができれば、さらにブログ中身を濃くすることができるわけですね。

さらに、それぞれの記事の中にもターゲットの感情を入れていくことで、より刺さってファンのできやすいブログを作ることができますよ。

 

より刺さり、たくさんのファンを作ることができるブログ、サイトを作りたいのであれば「収益を自動であげて稼ぎ続けるオウンドメディアの構築で重要な6つのこと」の6つのポイントを意識してみてください。

記事の切り口をずらしてみる

ネタ切れになったしまった場合、おすすめなのは先ほどお話したインプットをすることですね。

ただ、インプットする以外にもブログの記事ネタを増やしていく方法はあり、それが切り口をずらすということです。

 

例えば、ネットビジネスのブログを作っていたとして、同じネットビジネスでも月収100万円以上稼いでいる人、30万円以上、10万円も稼げていない、そもそもまだ初めていない人・・・などターゲットによって書く内容が変わってくるんですね。

ブログのコンセプトとしてターゲットを決めているかと思いますが、そのターゲットを少しずらしてみる、ということで書く内容に広がりを持たせることができます。

 

アフィリエイトを始めたことがない人をターゲットにしているのであれば、ブログの作り方やアフィリエイトの仕組みを記事にしていくのですが、そこから少し広げて、アクセスアップの方法やSEO対策まで書いていけばブログ記事のネタ切れになることはありません。

 

ただ、大事なことはあまりにもそのジャンルからかけ離れすぎた記事を書かないことですね。

あくまで特化したジャンルがあり、それに合わせて切り口をずらして記事を書いていくことがキモになります。

 

他にも、ダイエットのブログであれば、「モテたい」という欲求から「男性からモテるために女性がすべきこと」の1つとして女磨きのダイエットという切り口にすることもできます。

つまり、ダイエットという1つのジャンルでも恋愛や自己啓発、仕事、就活といった他ジャンルと組み合わせて切り口を変えていくこともできるわけですね。

 

「ブログで検索上位表示するために「SEO対策」以外で考えるべきこと」でも話していますが、アフィリエイトのライバルに勝つには他のブログがしていないことをすることが重要になります。

まとめ

アフィリエイトでブログの記事のネタ切れになってしまったらインプットをすべき。

インプットは本やネットのブログやメルマガ、さらにはターゲットと話をすることでがあげられる。

その中でも、ターゲットと話をすることで感情や悩み、日常まで理解することができるため、より刺さる記事を書きことができる。

 

インプットの他にも記事の切り口をずらしていくことでブログの記事のネタを見つけることが可能。

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ