ブログやサイトのアフィリエイトで大きな収益を稼ぐためには、検索で上位表示されることが非常に重要になります。

そのために必要なのはGoogleの検索エンジンにあなたのブログないしはサイトを知ってもらって評価してもらうことなんですね。

 

検索エンジンにブログやサイトを知ってもらうために必要になるのが、今回お話するサイトマップです。

サイトマップを作成しGoogleにブログやサイトを知ってもらうことによってインデックスを早めてできるだけ早く上位表示を実現させていきましょう。

サイトマップとは?作る意味はあるの?

この記事ではサイトマップの登録方法をご紹介していくわけですが、そもそもサイトマップが何なのか、またその意味を知らない・・・という方も多いのではないでしょうか。

サイトマップというのはブログやサイトの中にある記事がリストとなって一覧で見ることができるものです。

 

このサイトマップを作る意味ですが、これを作っておくことでブログを公開した際、Googleの検索エンジンに早く検索に反映(インデックス)してくれるようになります。

せっかく記事を書いたのに、検索結果に表示されなければ意味がありませんよね。

アフィリエイトの収益は検索からくるアクセスが非常に重要になるため、早くインデックスしてもらうことを狙ってサイトマップを作ることは非常に有効です。

 

サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」と呼ばれるものがあり、前者は検索でやってきた訪問者に対しての一覧ページで、後者がGoogleの検索エンジン向けのサイトマップになります。

今回紹介するのは検索エンジンに関係している後者の「XMLサイトマップ」です。

 

このサイトマップを作成してできるだけ早く記事をGoogleに知ってもらい、検索に反映してもらいましょう。

ただ、現実としてほとんどのアフィリエイターは実践していますので、これに取り組んだだけで収益が上がることはない・・・ということを自覚しておきましょう。

 

このサイトマップの送信と記事更新後にすべきことはあくまで「当たり前」だと思っておくといいですね。

大事なのは「収益を自動であげて稼ぎ続けるオウンドメディアの構築で重要な6つのこと」でも話しているブログやサイトの記事のクオリティになります。

サイトマップをSearch Consoleに登録する方法

WordPress側ですべきこと

では、サイトマップを作成してGoogle Search Consoleに登録する方法をお話していきます。

まずすべきことは、あなたのWordPressのダッシュボードからプラグインと進み、「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化してください。

 

 

この「Google XML Sitemaps」はブログやサイトで記事を更新した際に、勝手にサイトマップを作成してくれて検索エンジンに知らせてくれる優れものです。

このプラグインを有効化させたあとは、一度だけ設定が必要となるため、「設定」→「XML-sitemap」へと進んでください。

すると、下記のように「検索エンジンは通知されていません」との表記があるため、画像の通り「your sitemap」を一度クリックしてください。

 

 

すると、下記の通り、「Googleは変更について正しく通知されました。」との表記が出てきますので、これでプラグインの設定は完了になります。

続いて、Google Search Consoleにブログ・サイトを登録していきましょう。

 

Search Consoleにブログ・サイトを登録

Google Search Consoleにブログやサイトを登録したことがない人は、Search Consoleの画面に移りましょう。

Google Search Consoleとネットで検索すれば、すぐに出てきますので、ウェブサイトを入力してプロパティを追加していきます。

 

 

すると、次の画面でSearch Consoleへブログ・サイトを認証する作業を行います。

ここでは「別の方法」→「HTMLタグ」から画像の通り、metaタグをコピーしてサイトに貼り付けましょう。

 

WordPressの「外観」→「テーマの編集」から「テーマヘッダー(header.php)」の<head>セクション内の<body>の前にコピーします。

※ブログによってはフッターに設置等あるが、Search Consoleに認証されれば良いのでそこまで気にする必要はありません。

 

 

 

問題なくサイト内にmetaタグを配置することができ、Search Consoleがそれを確認できると次の画面になります。

 

Search Consoleのトップ画面に戻って、自分が先ほど登録したサイトをクリックします。

すると、「クロールエラー」、「検索アナリティクス」、「サイトマップ」というメニューがあるので、サイトマップをクリックしましょう。

 

ここで登録したブログ・サイトのサイトマップを作成します。

「sitemap.xml」と記入して「送信」のボタンを押しましょう。

 

正しく送信できていれば、さきほどの「サイトマップ」のメニューが下記の画像のような表記になります。

送信した直後は検索エンジンがまだブログをインデックスしていないため「0」となります。

これは時間が経てば自然と増えていくものですので、安心して記事を更新していきましょう。

実際に記事を書いていくと、サイトマップの項目は下記の画像のようになります。

 

送信いただいたURLというのが書いた記事でGoogleに知らせたURLですね。

インデックスに登録されたURLというのがGoogleの検索エンジンによって認識されたものです。

 

送信したURLとインデックスに登録されたURLで差異が出てしまうのはよくあることですので、気にせず記事を更新していきましょう。

 

これでサイトマップの登録ならびに送信は完了です。

Googleの検索エンジンに評価してもらう準備が整ったので、どんどん記事を書いていきましょう。

 

まとめ

サイトマップというのはブログやサイト内の記事をリスト化してわかりやすくしたもの。

Googleの検索エンジン向けのサイトマップを作成しSearch Consoleに登録することでインデックスを早めて検索に反映させやすくなる。

 

とはいえ、これはアフィリエイターであればみんなしていることで、大事なのはいかに価値のある、質の高い記事を書けるのか、という部分。

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ