「アフィリエイトで月収100万円」・・・ネットビジネスを始めたばかりの人は誰でもそんなことを夢見たことがあるのではないでしょうか。

しかし、いざ取り組んでみるとアフィリエイトで稼ぐのは非常に難しいことだとわかるわけです。

 

とはいえ、ブログやサイトを使ったアフィリエイトで一度稼ぐ仕組みを作ってしまえば、自動で収益が入ってくるためやる価値があるビジネスモデルと言えるでしょう。

今回はそんなアフィリエイトで稼ぐためのコツ、稼ぐために考えるべき視点をお話していきます。

「アフィリエイト」というビジネスモデル

人がネットで商品を買うということ

そもそも、アフィリエイトに取り組んでいる方はアフィリエイトというビジネスモデルを理解できているのでしょうか。

ビジネスというのは価値を提供して、その対価としてお金をいただくことができるわけで、「どこで誰が何にお金を払ってくれるのか」というビジネスモデルを理解していない以上はお金を稼ぐことはできません。

 

ネットビジネスを知ったばかりの人などは誤解をしているかもしれませんが、アフィリエイトというビジネスはワンクリックやコピペだけで月に30万円だったり稼げるものではありません。

ブログやサイトに文章を書いて、その文章を通じて特定に商品を紹介して、購入してもらえれば成果報酬を受け取ることができるビジネスモデルです。

でも、この説明だとどこでも話していると思いますのでもっと根本的なお話しを。

 

人って何かしら悩みだったり欲求を持っているんですね、例えば、痩せたいとかモテたいとかお金持ちになりたい・・・といったものですね。

で、そういう人は痩せる方法やモテる方法、お金を稼ぐ方法を求めて「ネットで検索」するわけです。

 

ネットで検索していろんなサイトやブログの記事を読んで情報を集めて、自分にぴったりの方法を探し出しています。

その自分にぴったりの方法が商品を買うことだと気づけば、商品を買うということでこれが人がネットで商品を買うまでの流れです。

アフィリエイトで稼ぐまでの流れ

では、アフィリエイトをする側からこの流れを見ていくと・・・まず、人々がどんな欲求を持っているのかを知って、それに合わせてブログやサイトのコンセプトを決めなければなりません。

これは「アフィリエイトはブログを作る前で稼げるかどうかがで決まる!?」でも話している通りですね。

 

次にネット上で検索をしてもらってあなたのブログやサイトの記事を見つけてもらわなければなりません。

どれだけいい記事を書いたとしても、見られなければ意味がない・・・ということですよね。

だから、アフィリエイトとSEO対策(検索で上位表示を実現するための施策)が常にセットになっているわけです。

 

自分自身の記事を見つけてもらえれば、あとは楽勝・・・なんてことはありません。

むしろ勝負はそこからで、あなた以外にも多くのアフィリエイターがブログやサイトを運営しています。

そんな数多くの記事からあなたの記事を読んでもらって、あなたのブログを、情報を信用してもらう必要があるわけですね。

 

そして、読者をあなたのブログにファンになった後に、商品を買ってもらうための記事を書いていきます。

ただブログにアフィリエイトの紹介バナーを貼るだけではなく、読者の悩みや欲求を解決できる商品であることを気づかせる必要があります。

 

「これを買えば痩せれるかもしれない」と思わせることで読者は購入まで至るわけですね。

それを直接的に伝えるのではなく、ストーリーや感情を動かすための文章を書いていくことで成約率を高めていけるということです。

 

これがアフィリエイトで稼ぐまでの流れであり、アフィリエイトのビジネスモデルです。

ただ、商品を紹介するのではなく読者の悩みや欲求を解決してあげるために商品が必要であることを気づかせて、買ってもらうというのをしっかり押さえておきましょう。

アフィリエイトで稼げるかは読者が決める

アフィリエイトのビジネスをかなり深いところまで解説していきましたが、アフィリエイトで稼げるのか稼げないのかを決める部分というのは、なんといっても「読者の反応」です。

アフィリエイトで稼げるか稼げないかは読者が決める、と言っても過言ではないくらいなんですね。

 

どれだけ記事を書いたとして、SEO対策もして検索で上位表示させることができたとしても、ブログやサイトの記事で読者から反応を取ることができなければ、月に30万円や100万円といった金額の成約を獲得することはできません。

人はネットで検索して出てきたブログやサイトを数行見た段階で、自分に必要な情報があるかどうか判断して続きを読むかページを閉じるか決めるわけです。

 

だからこそ、検索からやってきた読者をいかに魅了できるか、記事を読ませられるかがアフィリエイトでは最も重要になります。

では、その「読者の反応」というのは何かといえば・・・ブログへのコメントやアナリティクスでの平均滞在時間や直帰率ですね。

 

ブログへのコメントが来るようであれば、少なくとも価値のある記事を提供できており、滞在時間も長ければしっかり読んでいることになる、と言えるでしょう。

直帰率はブログやサイトの記事にたどりついて、すぐにページから離れたのか他の記事を見たのかを確認できる指標となるため、ここからも読者の動きを把握することができます。

 

数字的なもので言えば、平均滞在時間は1:00、直帰率は80%以下を最低限のレベルの目安にしたいところですね。

滞在時間がこれよりも短かったり、直帰率が高くなってしまう場合はまだまだ改善の余地があるので、考えられる原因は全て改善していきましょう。

 

こういった反応が良いかどうかは基本的に記事の質、コンテンツの内容によるものがほとんどですので、表面上のものを変えようとするのではなく「アフィリエイトのブログでファンをつけて商品を売りまくる文の書き方」でも話している読者目線の文章の書き方を心がけるといいでしょう。

 

アフィリエイトでは文章を読むのも読者で、商品を買うためにお金を払うのも読者です。

だからこそ、もしあなたがアフィリエイトで稼ぎたいと思うのであれば、読者にとって価値のある記事を書き、読者の悩みや欲求を解決できる商品を自発的に購入してもらう・・・ということを頭に叩き込んでください。

 

いかがでしょうか・・・アフィリエイトは簡単に稼げると考えている人がいるかと思いますが、全くそんなことないんですね。

ネット上の文章でファンを作って、商品を紹介して財布を開けてもらう・・・そのためにすべきことはたくさんあるわけです。

まとめ

アフィリエイトはただの商品紹介のビジネスではなく、ネットの向こう側にいる人の欲求や悩みを解決に導くための商品を届けるビジネスモデル。

商品を成約するために、ターゲットやコンセプトの明確化からSEO対策、読者をファン化させること・・・などすべきことが多くある。

 

その中でも最も大事なことはブログ読者の反応であり、読者に響かなければ全く意味がない。

アフィリエイトで稼ぐことができる人は商品を売りたいターゲットのことを隅々まで理解して共感を集めることができる記事を書ける人である。

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ