インターネットで何か検索した時にブログやサイトを見ると目次のようなものを見たことがありませんか。

目次がある記事はどんなことが書いてあるのかを明確にさせることができるため、長い記事だったとしても読者は知りたい内容に早くたどり着くことができて読まれる記事を作ることができます。

 

検索ユーザーに読まれる記事を作ることができれば、自然と内部リンクも踏んでくれサイトの回遊率を上げることができ、結果としてSEOの効果を高めることができるんですね。

ブログやサイトにおける一番の壁は「読まれるかページを閉じられるか」ですので、この目次を導入してできるだけ離脱率を下げていきましょう。

目次はTable of Contents Plusで作ろう

 

ネットの検索でよく見る記事というのは上記の画像のような目次が多いのではないでしょうか。

この目次はWordPressのプラグインの1つで、「Table of Contents Plus(TOC+)」を導入することによって作成していきます。

 

簡単に導入して作ることができますので、さっと作ってしまってブログやサイトの記事のユーザービリティを高めていきましょう。

TOC+のインストール

 

まずはWordPressのダッシュボードから「プラグイン」→「新規追加」と進み、「Table of Contents Plus」と検索してインストールしましょう。

インストールした後は、有効化して導入はこれ完了になります。

TOC+の設定方法

続いて、TOC+の設定方法をお話していきますので、ダッシュボードから「設定」→「TOC+」へと進んでください。

そして、画像の通り設定をしてください。

位置は「最初の見出しの前」、表示条件は「3つ以上見出しがあるとき」、コンテンツタイプは「post、page」にチェックをつけておきましょう。

 

 

その他にも「階層表示」や「番号振り」など任意で設定することができます。

こちらはあなたのブログに合わせて設定するのをお勧めしますが、基本的にはデフォルトのチェックがついた状態でいいでしょう。

 

画像の通り、「プレゼンテーション」という項目で目次の種類や色を設定することができますので、ブログやサイトにあったものを選択してください。

これら全てを設定し終えると、完了ですので「更新」をクリックしましょう。

 

 

以上でTOC+の設定は完了です。

最後に記事の投稿に関する注意点をお話していきます。

記事を書くときは見出しを使うこと

 

ブログの記事を投稿する際には、必ず上記のように「見出し」を使うようにしましょう。

というのも、このTOC+はWordPressの見出しに合わせて目次を生成するプラグインだからなんですね。

 

また、見出しをしっかり作って記事を書いていくことで、どんなことを書いているのか段落分けをすることができ、記事のわかりやすさを上げていくことができます。

さらに、この見出しを作って書いていくことは文章の構造上、SEO対策にも効果があると言われているわけです。

 

基本的には見出し2を最初に使い、見出し2の中でもさらに具体的になっていくのであれば見出し3を使用し、文章の中に序列関係を作ってあげる。

内容がガラッと変わる場合であれば、見出し2をもう一度使い、記事の中でメリハリをつけていくことで記事自体でも目次でもわかりやすくなりますね。

 

TOC+自体は一度設定してしまえば、自動で目次を設定してくれますので、設定した後は見出しを意識した記事を書いていくといいでしょう。

このようにWordPressには便利なプラグインが多くありますが、他にも「アフィリエイトで絶対導入すべきWordPressのプラグイン12選」でお勧めのプラグインを紹介していますので、参考にしてみてください。

まとめ

プラグインTOC+を使うことによって、ブログのユーザービリティを上げ回遊率をあげることが可能。

TOC+の目次はWordPressの見出しに応じて自動生成されるため、記事を書く際に見出しを使って記事を書いていくことが大事。

見出しを使うことで文章構成を整理できることに加えて、SEO対策にも効果的。

 

とはいえ、最も大事なのは文章の中身であり、読ませる文章を書くことが必要。

 

おすすめ記事:

「アフィリエイトのブログでファンをつけて商品を売りまくる文の書き方」

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ