WordPressを使用してブログを構築してアフィリエイトをする場合、検索からのアクセスを集めることが非常に重要になるため、SEO対策を欠かすことはできません。

そんなSEO対策に必須とも言えるプラグインが「All in One SEO Pack」で、名前の通りSEOに必要な対策が1つのプラグインでできる優れものです。

 

このプラグインを使うことによって、検索ユーザーのクリック率を上げたり、キーワード選定による検索順位の向上が期待できます。

設定自体は難しくないので、後々のことを考えてめんどくさがらずに設定しておきましょう。

All in One SEO Packを導入して基本設定する

All in One SEO Packはタイトル、メタキーワード、メタディスクリプションの設定をすることを可能にするプラグインです。

タイトルとメタキーワードはSEO対策に効果があり、メタディスクリプションは下記のように赤枠の部分で記事の説明となっており、クリック率を上げることができるわけですね。

 

 

では、実際にAll in One SEO Packの設定方法を解説していきます。

まず、「プラグイン」→「新規追加」で検索してAll in One SEO Packをインストールして有効化します。

 

 

有効化するとWordPressのメニュー上に「All in One SEO」というメニューが出てきますので、「一般設定(General Settings)」から初期設定をしていきます。

 

 

一般設定でまず設定するのは、ページの最下部にある「キーワード設定」という項目です。

画像の通り「キーワードを使用」の項目に有効にチェックをつけ、その他3項目のチェックを全て外しておきましょう。

 

 

そして、ページの上から順に設定をしていきます。

「一般設定」では「Canonical URL」と「元のタイトルを利用」にチェックをつけましょう。

 

 

続いてホームページ設定ですが、こちらはブログの基本設定となります。

ブログのタイトルを32字以内、ディスクリプション(ブログの説明)を120字以内、ブログで狙っているキーワードを5つ以内でホームキーワードに設定しましょう。

ここで入力した内容が検索した際に表示されるわけです。

 

 

Noindex設定の項目では「カテゴリーをnoindex」のチェックを外して、「検索ページにnoindexを使用」の項目にチェックを入れておきましょう。

 

 

これでAll in One SEO Packの基本設定は完了ですので、ページ最下部の「更新」のボタンを押しましょう。

基本設定が終了したら記事を投稿していく際に、実際にAll in One SEO Packをどのように使っていくのかを説明していきます。

All in One SEO Packの使い方

先ほどの基本設定というのはWordPressのブログ自体のSEO設定になっていて、記事ごとにもAll in One SEO PackでSEOの設定をすることができます。

 

投稿の新規追加記事の画面でページ下部に移動すると下記のような項目があるため、ここを入力していきます。

この項目が記事ごとのSEO対策の部分であり、タイトルを32字以内、ディスクリプションを120字以内、キーワードを5つ以内で入力していきましょう。

ディスクリプションの項目が画面では160字以内と表記されていますが、検索された時は120字までしか表示されませんので120字で収める方がいいですね。

 

 

ここを入力して記事を公開すれば完了になります。

ここでしっかりとキーワード選定をして記事を作成してSEO対策をしていくことで検索順位を上げていくことができます。

 

アフィリエイトをするにはSEO対策は必須なのですが、その知識に不安を持っている方は「アフィリエイトで稼ぐにはSEOを意識し検索上位表示されるのがカギ」で復習してみてください。

まとめ

All in One SEO PackはSEO対策をまとめてすることができる優れもののプラグイン。

基本設定を終え、記事ごとに選定したキーワードを入れていくことで検索エンジンから評価されSEO対策になる。

 

とはいえ、このプラグインは必須なのでみんな使っており、ここで差が出ることはない。

アフィリエイトで稼げるかどうか、というのはこういった部分ではなく記事の質、価値のある記事を書けるかで決まる。

 

おすすめ記事:

ブログで検索上位表示するために「SEO対策」以外で考えるべきこと

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ