アフィリエイトやメールマガジンのリストを集めるためにブログやサイトといったオウンドメディアを構築していくのですが、検索順位を上げていくために重要なのは直帰率です。

ブログやサイトの回遊率を下げていろんな記事を見てもらうことによって直帰率を下げることができ、検索エンジンにも好評価をしてもらえるわけですね。

 

その回遊率を下げるために、記事をリストとして一覧表示するサイトマップは欠かすことができません。

ただ、1つ1つコピペして記事リストを作成するのは手間ですので、今回は「Dagon Design Sitemap Generator」というプラグインを使って自動でサイトマップを作成する方法をご紹介していきます。

Dagon Design Sitemap Generatorをインストール

 

そもそもサイトマップとはどんなものなのか・・・とピンときていない方がいると思いますので、まずはその説明から。

サイトマップには、検索ユーザー向けの記事一覧のものとGoogleなどの検索エンジン向けのものの2種類があります。

 

Googleの検索エンジン向けのサイトマップは「Google XML Sitemaps」というプラグインを使用しますが、それは「Search Consoleへサイトマップを登録してインデックスを早めよう」で確認してみてください。

検索エンジン向けのサイトマップはSEOの観点的に、今回紹介する読者向けのサイトマップは目当ての記事をすぐに見つけれるようにユーザービリティを高める意味でも非常に有効になりますので、ともに作成しておきましょう。

 

今回お話する記事一覧のサイトマップというのは下記の画像のページのことを指しており、探したい記事をすぐに見つけられる役割を果たしているわけです。

 

 

そして、このサイトマップは今回のプラグインを使うことによって自動で生成することができますので、その方法を紹介していきます。

 

ただ、「Dagon Design Sitemap Generator」はWordPressからのプラグインでは追加できませんので、「Dagon Design Sitemap Generator」のサイトでプラグインをダウンロードしてインストールする必要があります。

「Dagon Design Sitemap Generator」ダウンロードサイト:http://www.dagondesign.com/articles/sitemap-generator-plugin-for-wordpress/

 

ダウンロードサイトでは下記のようなページになりますので、「Latest Release」からプラグインをダウンロードしてください。(ワンクリックでダウンロードできます)

 

 

ダウンロードした後は、WordPressに戻り「プラグイン」→「新規追加」→「プラグインのアップロード」から先ほどダウンロードした圧縮ファイルをアップロードしましょう。

インストール後はプラグインを有効化させて完了になります。

 

 

通常のプラグインと違い、プラグインからダウンロードしなければならないのは少し手間ですが、そこまで難しくない作業ですので面倒くさがらずに取り組みましょう。

Dagon Design Sitemap Generatorの設定

有効化した後はプラグイン自体の設定をしていきますが、こちらもすぐに完了するかと思います。

 

「設定」→「DD sitemap Gen」をクリックして下記の設定画面に進みましょう。

設定も画像の通りで言語を「Japanese」にして、表示数を「50」、スラッグは「sitemaps」と入力しておきましょう。

 

 

設定していただければわかると思うのですが、最初は全て英語での表記になっているので、言語を「Japanese」に変えて「更新」を押せば日本語の表示にすることができます。

また、更新を押しても言語表示が変わらないのであれば何度か「更新」を押してみると変わります。

 

これでプラグインの設定は完了ですので、最後にサイトマップを作成すれば終了です。

サイトマップを作成して記事一覧を自動作成

最後にサイトマップのページを作成していきますが、「固定ページ」で作成しますので「固定ページ」→「新規追加」と進んでください。

その後、下記の通りタイトルを「サイトマップ」に、テキストモードに変更した上でテキストに「<!– ddsitemapgen –>」をコピペで入力してページを公開しましょう。

 

 

ページを公開した後に、パーマリンクを「sitemaps」に個別編集して完了になります。

(sitemapsの後にある「.html」の表記は専用のプラグインを導入しているだけでなくても問題ありません。)

 

 

これで作成したページのリンクに飛ぶと、冒頭で紹介したような記事の一覧ページが完成しているはずです。

このサイトマップをナビゲーションメニューなどに入れて回遊率を高めることで直帰率を下げ、検索順位もあげていくことができるようになります。

 

とはいえ、直帰率や平均滞在時間で最も大事なことは「コンテンツ(記事)の質」であり、いかに検索ユーザーを満足させることができるかどうか、です。

記事の質を高めたい・・・という方は「アフィリエイトのブログでファンをつけて商品を売りまくる文の書き方」を参考に日々、読者目線の記事を書いていきましょう。

まとめ

ブログやサイトで検索順位を上げていくには回遊率を上げるのが非常に重要。

そのためにブログ記事を一覧にしたサイトマップを作成するのが有効で、プラグインを使えば自動で生成することができる。

 

とはいえ、あくまであなたのブログを読むのか決めるのはあなたの記事の質によることを忘れてはならない。

「ブログで検索上位表示するために「SEO対策」以外で考えるべきこと」でも話している通り、このような誰でもできる部分ではなく、つい妥協しがちなコンテンツで勝負していくべし。

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ