ブログやサイトを運営していく中で意外と重要になるのがブログの表示速度です。

記事を開くまでに時間がかかりすぎてしまうと、どうしてもページを閉じてしまうユーザーが増えてしまいます。

 

そのためできるだけページ速度を上げたいのですが、一番手軽な方法はブログに掲載する画像のデータを圧縮して記事を書いていくことです。

画像の圧縮と聞くと難しく感じるかもしれませんが、WordPressではプラグインを使えば自動で圧縮してくれるため、使わない手はありません。

今回は画像の圧縮をしてくれる「EWWW Image Optimizer」についてご紹介していきます。

EWWW Image Optimizerでブログを圧縮

先ほども取り上げましたが、「EWWW Image Optimizer」は画像を自動的に圧縮してくれるプラグインになります。

インストールして有効化するだけで設定も何も不要で画像を自動圧縮してくれるため、必須のプラグインとも言えるでしょう。

 

しかし、このプラグインを導入する前にアップした画像に関しては、圧縮は反映されていないため、導入以前の画像に関しては作業が必要になってきます。

その方法に関しては後にも説明していきますので、まずは「EWWW Image Optimizer」をインストールしていきましょう。

 

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」→「EWWW Image Optimizer」を検索して下記のプラグインをインストールして有効化します。

 

 

有効化すればこれで特に設定は不要で、自動的に画像を圧縮してくれる優れものなんですね。

では、プラグイン導入以前の画像を圧縮する方法も合わせてご紹介していきます。

既存の画像を圧縮するには?

既存の画像を圧縮する方法ですが、下記の通り、WordPressの管理画面の「メディア」から「一括最適化(Bulk Optimize)」を選択します。

 

 

すると、下記のページに遷移しますので、特に何もチェックする必要はなく、そのまま「最適化されていない画像をスキャンする」というボタンをクリックします。

 

 

すると、「◯個の画像の最適化の準備が完了しました」という記述を確認できるので、その下の「最適化を開始」を押します。

この「最適化」が画像の圧縮を指しています。

 

 

最適化をクリックしてしばらく待つと下記のように最適化完了画面に移り、これで既存の画像の圧縮が完了になります。

 

 

簡単に画像のデータを軽くできますので、今までこのプラグインを導入していなかった方はこの機能を使ってまとめて圧縮をしてみてください。

このようにプラグインの中には非常に便利なものが多いので「アフィリエイトで絶対導入すべきWordPressのプラグイン12選」で取り上げている他のプラグインも導入してみましょう。

まとめ

画像の圧縮をすることによってブログやサイトのページの表示速度を上げることによってユーザーの離脱を防ぐことが重要。

画像の圧縮は「EWWW Image Optimizer」というプラグインを使用すれば自動で圧縮してくれる。

既存の画像ファイルもメディアから簡単にまとめて圧縮できるため、さっと取り入れて圧縮してしまうべし。

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ