アフィリエイトは不用品販売や転売といったネットビジネスと違い、WordPressの構築からブログの記事の作成、SEOなど考えるべきこと、すべきことがたくさんあります。

そのため、多くの人がついつい悩んでしまって行動できなくなり、諦めてしまいがちです。

だから、アフィリエイトに取り組む90%以上の人は5000円も稼げていない、とまで言われてしまうわけです。

 

確かにやることが多く、比較的難易度も高いビジネスモデルのため悩んでしまうかもしれませんが、稼ぐためには「まずやってみる」ことが非常に重要になります。

やっていく中で正解なのかどうか、そして、どうすればうまくいくのか、稼ぐために必要なスキルも身についていきますから。

記事を書かないことには始まらない

アフィリエイトでは「まずやってみる」ことが非常に重要になるわけですが、その理由は記事を書かなければブログにアクセスも来なければ、ブログも育たないからなんですね。

SEOのことだったり、ブログのデザインだったり色々気になってしまうかもしれませんが、記事を書かないとそもそも収益に結びつかないため、第一優先は記事を書くことです。

 

まず、どんな商品をアフィリエイトするのか、そのターゲットとブログのコンセプトを明確にした上で、WordPressを利用してブログを構築します。

そして、プラグインを導入して記事を書く準備を整えて、キーワード選定とライバルチェックだけはできるようにしておく。

あとは、もう検索ユーザーが知りたいと思っていることをしっかりと盛り込んだ価値のある記事を書いていくだけです。

 

ブログの記事を書く前に必ずブログのコンセプトとどんな人をターゲットにするのかだけは明確にしておいてください。

というのも、「アフィリエイトはブログを作る前で稼げるかどうかがで決まる!?」で話している通り、最初のコンセプトとターゲットがアフィリエイトで稼げるかどうかの90%を占めているからなんですね。

 

記事を書く前に、「本当にこの商品は売れるだろうか・・・」とか「このコンセプトは間違っていないだろうか」と不安になってしまうかと思います。

でも、それは実際に記事を書いてみて、読んでいる検索ユーザーの反応を見るでしかわからないんですね。

そもそも取り組む前から稼げるかなんてわかるわけがなくて、取り組んである程度進んだら見えてくる・・・というわけです。

記事がたまってアクセスが集まれば反応が出てくる

アフィリエイトでは記事を書いていけば稼げるかどうかが見えてくる・・・ということですが、それはGoogleアナリティクスを利用することによって、ブログにどのくらいアクセスが来ているのか、どのくらい滞在しているのか、直帰はどのくらいなのかをデータとしてみることができるからなんですね。

 

特に平均滞在時間や直帰率を見れば、検索ユーザーがどのくらいブログやサイトの記事をのめり込んで読んでいるかがわかります。

平均滞在時間は1分以下、直帰率が90%未満であれば十分に改善の余地があると言われており、もっともっとターゲットの悩みに沿った記事を書くことができるというわけです。

 

逆に平均滞在時間も長く、直帰率も低くなっているというデータであれば、あなたの記事はしっかりと検索ユーザーに読まれており、他の記事まで読まれているということでいい傾向と言えるでしょう。

つまりですね・・・アフィリエイトではこのデータをもとにブログの運営を見直していくのですが、そもそも記事を書いてアクセスを集めなければデータは取れないわけです。

 

記事を書いてその文章を検索ユーザーに読んでもらって初めて、そのコンセプトは正しいのか間違っているのかがわかる・・・ということになります。

「アフィリエイトで稼ぐコツはブログの読者!反応が全てを決める!」でも話していますが、アフィリエイトでは記事を読むのは検索ユーザーですからね。

この視点をなくしては絶対に稼げませんので、アフィリエイトで稼ぎたいと思うのであれば上記の記事を何度も読んでおいてください。

 

平均滞在時間が1分30秒以上で直帰率も80%を切るようであれば、読者の反応も悪くない・・・・ということですので引き続き記事を書いていって、アフィリエイトするクッションページを用意してそこへの誘導をしていきましょう。

一方で、滞在時間や直帰率が思わしくない場合は、記事のスタイルやコンセプトを見直すなど改善していくことができます。

 

アフィリエイトではとりあえずやってみる、とりあえず記事を書いてみることで見えてくるものが非常に多くあるため、まずはやってみましょう・・・そして、その反応をもとに次の行動を決めるのが得策です。

ライティングやSEOの知識はやっていく中でついてくる

アフィリエイトでブログやサイトの記事を書くときに「自分は文章力がないから・・・」ということで卑下してしまうかもしれません。

しかしですね・・・そんなの当たり前ですから。

みんな最初から上手に文章が書けていたわけではなく、記事を書いていく中で自分の型を見つけて、記事の質も上がってくるわけです。

 

アクセスを集めるために検索順位を上げなければならないわけですが、そのときにSEO対策というものをしていく方が良いとされています。

しかし、SEO対策というのははっきりいってどこまで突き詰めてもキリがありませんし、Googleの意向1つでやるべきことが全く変わってしまうこともあるんですね。

 

そのためSEOに関してもやりながら学んでいくことが重要です。

どんな記事が上位表示されていてアクセスを集めているのか・・・なぜうまくいったのか、その記事にはどんな特徴があるのか、など分析していく中で検索順位を上げていくよう試行錯誤していきましょう。

 

ライティングのスキルが身についたら、SEOの知識がしっかり身についたら記事を書きます・・・という人がいますが、それじゃあ一生稼ぐことはできません。

むしろ、ブログやサイトでのアフィリエイトにおいてライティングの正解やSEO対策での正解というのはほとんどないに等しいんですね。

 

というのも、アフィリエイトで商品を買ってくれるのが検索ユーザーであり、SEO・検索順位に大きく関係している平均滞在時間や直帰率を直接的に決めているのも検索ユーザーだからです。

つまり・・・検索ユーザーが求めるものを提供することこそが正解なわけです。

 

この考え方を根底に持っておいた上で「収益を自動であげて稼ぎ続けるオウンドメディアの構築で重要な6つのこと」で取り上げた施策、方針でブログを運営していくことで大きな成果を見込むことができます。

まとめ

アフィリエイトではすべきことが多くあるが、とにかく記事を書き始めなければ何も始まらない。

コンセプトが正しいのか、稼げる記事が書けているのか・・・などは記事を書いていって読者の反応をみなければわからない。

 

アフィリエイトはブログを読む検索ユーザーが全てを握っているため、検索ユーザーを意識してブログを運営することが稼ぐことに直結する。

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ