最近では、給与の少なさを補うためにもサラリーマンをしながら、ネットワークビジネスや投資、FXやインターネットビジネスといった副業に取り組む方も徐々に増えてきています。

とはいえ、まだまだ副業をするサラリーマンは少数派で、どちらかといえば、周りから白い目で見られてしまう方が多いでしょう。

 

周りから白い目で見られてしまうと、どうしてもサラリーマンをしながら副業に取り組むのに後ろめたさを感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、なぜサラリーマンの副業というだけで白い目で見られてしまったりするのでしょうか。

そして、副業に対して周りから白い目で見られてしまっている場合、どうすればいいのかをお話していきます。

頑張る人の足を引っ張りたがる

サラリーマンをしながら副業をするということは、お金がなくてその現状を変えようと思って取り組むかと思うのですが、なぜ現状を変えようと思って努力している人を引っ張るのでしょうか。

その理由というのは実はいたってシンプルなもので、人は他人が自分よりも上にいくことを嫌がるからです・・・要は「嫉妬」に近い感情ですね。

 

自分自身はサラリーマンをしながら毎月決まった給与をもらうのに対して、他人が副業をして自分よりも稼ごうとしているのをみると、つい置いていかれるのではないか、自分よりも稼ぐのが許せないという気持ちで足を引っ張るわけです。

自分も副業で稼ごうと努力すればいいものの、ここで厄介なのは足を引っ張ってくる人は自分では努力しようともせずに、ただ「やめた方がいいよ」とか「怪しいことしてる」と偏見で見てくることなんですね。

 

特に日本では仲間意識が強いので、1人だけ抜け駆けしようものなら袋叩きにあうでしょうし、お金に対してもマイナスのイメージが強いのでそれがますます拍車をかけるわけです。

「やめた方がいいよ」とか「心配して言ってるんだ」と言ってくるかもしれませんが、本当にその人のことを思っていれば応援すると思うんですが、何をしているのかもよく知らずにとにかく足を引っ張ってくるんですね。

 

ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセットでも「副業で大きく稼ぎたいなら親や友人の言うことを聞くな」とご紹介していますが、その理由は結局、足を引っ張ってくるからです。

 

ただ、人に「嫉妬」という感情がある限りは、どうしても白い目で見られてしまうのは仕方がないことです。

特にサラリーマンの場合は、昇給も少なく給与の少なさに嘆いてしまう方も多いので余計に、かもしれませんね。

人はよく知らないものを否定したがる

また、これも特に日本人にあることなのですが、自分のよく知らないものを否定する傾向にあります。

新しく起業しようとしたり、ビジネスを始めたり、いろんな挑戦をしようとした時も、「本当に大丈夫なの?」と引き止めてくるわけです。

 

でも、落ち着いて考えて見て欲しいのですが、その引き止めてくる人はその世界のことを知りもしないのに、漠然とした感情で否定しているわけですよ、何の根拠もなしに。

自分が失敗した経験からの助言ならわかるのですが、行動もしていない人間にそんなことを言われる筋合いははっきり言ってありません。

 

もしあなたがその引き止めてくる人と同じような人生を送りたいのであれば、その人の助言に従う価値はあるでしょう。

しかし、そうではないならその人の意見を聞く必要は全くありません。

 

「あなたのことを心配して・・・」と言ってくれるのかもしれませんが、自分自身の狭い価値観でしか助言できない人の意見を聞いて将来、望む方向になるのか、考えてみてください。

白い目で見られている場合、どうすればいいのか?

上記の2つの理由からも「サラリーマンが副業をして稼ぐ」と聞くと、やはり白い目で見られてしまうことは避けられないでしょう。

副業でお金を稼ぎたい・・・でも、白い目で見られるのがいやだ、そんな場合はどうすればいいのでしょうか。

 

まず、あなたが望む未来を考えてみてください。

そこでどんな行動をすれば、自分の望む将来をつかむことができるのかを考えて、行動を決めてみましょう。

もし、お金はなくてもいいから、白い目で見られないようにしたいというのであれば、周りの意見を素直に聞くのがいいでしょう。

 

しかし、もしあなたがサラリーマンの給与では足りないので、副業でお金を稼ぎたいというのであれば、はっきりいいますが、周りの意見は無視する方がいいです。

なぜなら、彼らの話を聞いたところで副業でお金を稼げるようにはなりませんので。

 

サラリーマンをしながら周りに白い目で見られないための一番オススメの方法は「誰にも言わずにこっそりと副業をすること」です。

いちいち話してしまっては、「怪しい」「やめた方がいい」といったモチベーションを下げる言葉を投げかけられてしまいますので、黙っておいて自分は自分のやりたいことに集中するのが一番です。

 

ただ、サラリーマンであれば飲み会や残業、付き合いなどがあるためどうしても他人に時間を奪われてしまいがちです。

ネットビジネスにおいて「時間」は非常に重要ですので、「サラリーマンが副業で大きく稼ぎたいなら優先順位をハッキリせよ」でも話している通り、優先順位をつけてネットビジネスに集中して取り組みましょう。

まとめ

サラリーマンが副業をしていると白い目で見られるのは「嫉妬」という感情から足を引っ張る人が多いから。

また、人はよくわからないものを否定する傾向にあり、「怪しい」や「本当に大丈夫?」と言った言葉には何の根拠もない。

 

結局、あなたがどんな将来を歩みたいのかによって参考にする意見を決めるべき。

サラリーマンをしながら副業で稼ぎたいのであれば、足を引っ張る他人の意見ではなく、実際に副業やビジネスで稼いでいる人の意見を参考にした方がいい。

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

稼いでいる人の事例から学ぶのはこちら:

【保存版】ネットビジネスの成功事例から学ぶ圧倒的に稼ぐ秘訣

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ