副業でお金を稼ぎたい・・・そう思っても、ほとんどの方は本業の仕事があり、思うように時間を捻出できないのではないでしょうか。

ただ、サラリーマンをしながら副業で1億円以上を稼ぐことができたのは、紛れもなく、時間がない中で時間を捻出したからなんですね。

 

よく耳にする言葉ですが、「時間は作るもの」です。

特に「時間がない」と言っている人ほど、想像以上に時間の無駄遣いをしている方が多い印象を受けます。

つまり、サラリーマンをしながら副業を両立させて稼ぐためには、本業をしつつもいかに時間が作れるかどうかがカギであり、そのために心がけることをお話していきます。

本業の仕事を誰よりも本気でする

まず、サラリーマンの方は誰よりも本気で本業の仕事をしましょう。

今では残業代の欲しさに意図的に残業をする人もいるそうですが、残業をするのであれば本気で仕事をしてさっさと家に帰って副業をした方が圧倒的に稼ぐことができます。

 

サラリーマンで残業ばかりになってしまう・・・という方の多くは実は集中して仕事に取り組んでいなかったり、ダラダラ仕事をしているからなんですね。

本気で仕事に取り組んでいれば、まず間違いなく定時もしくは定時の1時間後くらいには会社を出ることができるはずです。

 

ここで、周りの目が気になる・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、であればこっそり会社で副業の作業をするか、定時で帰るキャラクターを作り上げてしまうべきでしょう。

ただ、仕事場の人間関係に縛られてしまうのか、自分の人生を豊かにしていくのかを考えた時に定時に家に帰る方がはるかに有意義ではないでしょうか。

 

また、副業で稼ぐということは自分でビジネスをしてお金を稼ぐ場合がほとんどです。

普通に考えて欲しいのですが、本業の仕事で本気になれない人間がビジネスでお金を稼げるでしょうか・・・日頃から本気で仕事をする意識をつけておきましょう。

副業をしていることを周りに言わない

サラリーマンをしながら副業をしているとどうしても白い目で見られたり、偏見で見られることがあります。

「怪しい」「本当に大丈夫?」「宗教に入ったのか?」などモチベーションが下がる言葉を陰口なり直接耳にすることになります。

 

しかし、「サラリーマンが副業」と言うと白い目で見られるのはなぜなのか?」でも話しましたが、そういうことをいう人は基本的に何も知らない、そして、嫉妬に突き動かされているだけなので、その言葉を聞く価値は全くありません。

ただ、本業をする上ではどうしてもコミュニケーションが必須になるので、人間関係が崩れてしまうのは非常にめんどくさいことです。

 

だからこそ・・・副業をしていることを会社など周りには絶対に言わないようにするのです。

本気で仕事をして、会社の人とも普通にコミュニケーションをとって、ちょっと早めに帰って副業に取り組む・・・これで本業での人間関係には悩む必要がなくなります。

本業以外の時間は副業を優先する

サラリーマンは本業の仕事があるので、本当に時間がないです。

でも本業をしなければ給料をもらうことができないため、しょうがないことであり、本業以外の時間でいかに時間を作ることができるのかを考えていきましょう。

 

本業の仕事をさっさと終わらせてできるだけ早く帰ることはもちろん、会社の飲み会は欠席、恋人にも理解を得て協力してもらう、睡眠や食事、入浴、移動の時間以外はすべて副業に費やしましょう。

特に時間の作り方や優先順位に関しては「サラリーマンが副業で大きく稼ぎたいなら優先順位をハッキリせよ」を参考にして日常生活で時間が作れないか考えてみてください。

 

本業以外の時間は副業ってそんなに取り組む必要ある・・・?と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、「稼ぐ」ということは人に価値を与えて対価としてお金をもらうことであり、中途半端に取り組んでいる人に誰がお金を払うでしょうか。

雇われているのなら、時間と労働力を捧げてある程度仕事をしておけばお金をもらえるかもしれませんが、自分でお金を稼ぐことはそんな甘い世界ではありません。

移動時間は情報収集の場

サラリーマンの方の中には1日1時間や2時間もかけて電車やバスで通勤している方もいらっしゃるでしょう。

そして、多くの方は寝ているわけですが、もしあなたが副業で稼ぎたいと思うのであれば、この時間を利用しない手はありません。

 

電車やバスに乗っている間にスマホで自分が取り組んでいるビジネスの情報を仕入れたり、教材を何度も何度も読み直しましょう。

特にネットビジネスで大きな額を稼いでいる方に共通するのは、この移動時間に実績を出している人のメルマガを読んだり、作業する内容を脳内で整理したり、スマホで情報を仕入れたりしているわけです。

 

みんながついついサボってしまう移動時間だからこそ、情報収集をすることで差をつけてしまいましょう。

とにかくスピードを重視する

多くの方はどうしても失敗したくない心理から、どうしても時間をかけて質の高いものを作り出そうとします。

しかし、副業で稼ぐ上で大事になるのはスピード感で、完成度はだいたい30%でも突き進むことが非常に重要です。

 

なぜスピード感がこれほどまでに重要なのかというと、早いうちに失敗することができて、改善していけるからですね。

これで完璧だ・・・というものを作ったとしても、結局、アラがあるものです。

それに大幅に方針を変えることになってしまったら、それまでの時間も台無しです。

 

だからこそ、スピードを重視して反応を見つつ改善していく姿勢の方が最終的に質も高く、時間もかからずにすみます。

その姿勢を本業のうちから持っておくと本業でも出世していきますし、副業でも稼ぐ額がどんどん上がっていくでしょう。

会議や空き時間はすべて副業の脳内作業

サラリーマンをしていると大きな会議に出席しなければならなかったり、話を聞くだけで時間を持て余してしまう時があるのではないでしょうか。

そんな時は副業の脳内作業の時間に当てて、帰ったら何をするのか、今の方針で副業をしていて稼げるのか、今後どう行動していくべきなのか、を常に考えるようにしましょう。

 

大きな会議はだいたい結論は決まっており、あくまで確認作業な会議という体裁をかぶった会合にすぎない場合が多いため、はっきりいいますが、時間の無駄です。

多くの人はここでぼーっとしたり、寝たりするのでしょうが、この時間に脳内を整理させておけば、いざ帰って副業をするときにスッキリして臨むことができるわけですね。

 

サラリーマンはどうしても本業で給与がもらえるため、副業に本気になれない方も多くいます。

今回ご紹介した時間の使い方と合わせて、サラリーマンが副業でなぜ稼げないのか、サラリーマン思考の欠点を「サラリーマンが改善すべき「副業で稼げない」致命的な6つの思考」で確認して改善しましょう。

まとめ

サラリーマンは本業で時間を奪われてしまう分、いかに時間を作ることができるのかが副業で稼ぐ上でキモとなる。

ただ、本業に対する姿勢や人間関係、優先順位を決めること、脳内作業、スピード感を重視したスタイルなど改善していけば、十分時間を作ることができる。

 

ネットビジネスで1億円以上稼ぐことができたのも、サラリーマンの時であり、時間を自ら作ったからこそ稼げた。

「時間がない」というのはただの言い訳、稼ぐには時間を作るしかないわけだからどうやって時間を捻出するか考えるべし。

 

サラリーマンという限られた時間で取り組むのにおすすめの副業は「サラリーマン副業ランキング完全版!リスクなし抜群に稼げる副業は?」を参考にして取り組んでみてください。

 

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ