WordPressは様々なカスタマイズができる分、ページ速度が遅くなってしまい、なかなかページが開かないからといって検索ユーザーが離脱してしまうことも少なくありません。

ページの速度が遅いだけでユーザーを逃してしまっているのは非常にもったいないことですので、できる限りページ速度を速くすることが望ましいでしょう。

 

とはいっても、どうやってページ速度を速くすればいいのか・・・そこで役立つのが「Head Cleaner」と呼ばれるプラグインになります。

このプラグインも簡単に設定ができますので、さっと完了させてブログやサイトのページを軽くしておきましょう。

ページ速度を速くするプラグイン:Head Cleaner

 

「Head Cleaner」というプラグインはCSSやJavaScriptを最適化してページ速度を速くするものです。

CSSやJavaScriptと聞くと、どうしても難しいイメージがありますが、設定の際にプログラミングスキルなど不要ですので、安心して設定を進めてください。

 

Head Cleanerの設定方法

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」と進み、上記の「Head Cleaner」をインストールして有効化します。

有効化すると、プラグインの設定を行っていきますので、「設定」→「Head Cleaner」と進み、下記の画面から設定をしていきます。

 

 

設定として下記のチェックボックスにチェックをつけてください。

 

・CSSとJavaScriptを、サーバー上にキャッシュする

・複数のCSSを結合する

・<head>内のJavaScriptを、フッタ領域に移動

・メタタグ”generator”を削除

・CSSを最適化する

・JavaScriptを小さくする

・メタタグ”canonical”を追加

・リンクタグ”wlwmanifest”を削除

 

これらにチェックをつけて「更新」のボタンを押せば設定完了になります。

 

定期的なキャッシュクリアを

ただし、「Head Cleaner」は長い期間使っていくと、古いキャッシュファイルがたまっていきレンタルサーバーの容量を圧迫しますので、1ヶ月に1回程度、定期的にキャッシュファイルの削除をしましょう。

キャッシュファイルの削除方法は「設定」→「Head Cleaner」と進み、下記のように「削除」ボタンを押すことで削除できます。

 

 

Head Cleanerの注意点

ただし、WordPressで使用しているプラグインやテンプレートによってはレイアウトが崩れてしまうことがあります。

その場合は、この「Head Cleaner」を削除、もしくは停止させてください。

キャッシュのクリアや圧縮関連のプラグインはたまにですが、レイアウトが崩れてしまったりと不具合が起こりますので、不具合が起きた際はまず、これらのプラグインを疑うようにしましょう。

まとめ

ページ速度を速くさせることによって、なかなか開かないからといって離脱するユーザーを減らすことができる。

「Head Cleaner」というプラグインを使うことでページの速度を速めることができる。

ただし、ページ速度などはあくまで1つの施策にしかすぎず、もっとも大事なのは検索ユーザーが求めている記事をかけているのかどうか。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要な考え方は「アフィリエイトで稼ぐコツはブログの読者!反応が全てを決める!」をチェック。

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ