アフィリエイトやメルマガの読者を集めるためにブログやサイトを構築しようと思えば、いやでも耳にするのが「SEO」というワードではないでしょうか。

実際にSEO対策をするとによって、Googleの検索で上位表示を実現することができれば、検索からのアクセスを莫大に集めることができ、売上や収益に直結するからSEO対策は避けて通れないといっても過言ではないでしょう。

 

そんなSEO対策にもテクニックなどを使わずにホワイトな手法で行うものと検索エンジンから評価を得るためにテクニックをうまく使ったブラックな手法があります。

これらをそれぞれ、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOと呼ぶのですが、一体どちらの手法でSEO対策をしていくべきなのでしょうか。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

SEO対策というのものはそもそも、Googleの検索エンジンがブログやサイトを評価する基準を知ることで検索で上位表示をさせようとする施策のことを指します。

そして、そのSEO対策にもどんな施策で上位表示を狙うのか、その手法によってホワイトハットSEOとブラックハットSEOに分けることができるわけですね。

 

まず、ホワイトハットSEOは検索エンジンを見ているのではなく、自分たちのブログやサイトを見ている検索ユーザー、つまり、「人」を対象にして価値のあるコンテンツを提供する、というものです。

例えば、検索ユーザーが知りたいと思う内容を書いた記事をしっかり書く、ユーザーがわかりやすいブログ・サイト構成にする、サイトマップを作成するといった施策になります。

 

ホワイトハットSEOはGoogleの「検索ユーザーが求めるものを提供する」という理念に沿った施策であり、王道的とも言えますが、地道に検索ユーザーにためにコンテンツを作っていくためどうしても時間がかかってしまいます。

ホワイトハットの手法は「SEO対策の正しい方法!検索順位をあげるためにすべき施策とは?」に詳しくまとめていますので、SEOの知識にまだ不安を持っているといった方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

一方で、ブラックハットSEOというのは検索エンジンの評価システムの仕組みを利用して、「機械」を対象として検索順位をあげようとする施策になります。

例えば、検索順位に外部サイトからの被リンクが重要ということで価値のないブログを作りまくってそこからリンクを貼って検索で上位表示をさせようとするテクニックなどが代表的ですね。

 

ブラックハットSEOはGoogleの検索エンジンの評価システムの隙間を縫って上位表示させていくため、ホワイトハットSEOよりも比較的早く結果に結びつきやすいと言われています。

特に、アフィリエイトをはじめてたった1ヶ月で、3ヶ月で・・・といった短期間で成果を出せているのであれば、ブラックハットの手法といって問題ないでしょう。

 

それでは、SEOで成果を出し大きく稼ぐためにはどちらの手法に注力して取り組んでいけばいいのでしょうか。

ひと昔前はブラックハットSEOが全盛だった

短期的な収益を出したいというのであれば、間違いなくブラックハットSEOだったのですが、それは実は少し昔の話になります。

ひと昔前はGoogleの検索エンジンも今ほど質が高いわけではなかったため、自作自演リンクやキーワードを詰め込んだり、リンクを購入して貼り付けたりすることによって、検索エンジンを騙して検索で上位表示を実現させることができていました。

 

しかし、Googleが質の低いコンテンツばかりが上位表示されているのを許すはずもなく、検索エンジンのアップデートを行ってブラックな手法で上位表示させているブログやサイトにペナルティを与えていったわけですね。

ペナルティを受けたブログやサイトはほとんどが検索順位の県外に飛ばされてしまって、今まで稼げていたはずの収益がほとんどなくなってしまった、ということも少なくありません。

 

もちろん、今もブラックハットSEOで検索順位の隙間を縫って上位表示を実現させて稼いでいる方もいるでしょう。

しかし、そうした手法はGoogleの理念に反してしまうため、再度アップデートされ順位が下がり、また別の抜け道を探し・・・というようにイタチごっこを繰り返すことになってしまいます。

 

ただ、当時のSEO業者の手法はこのようなものがほとんどだったため、検索順位が安定せず、また翌日にはアクセスが0になってしまうかもしれない、ということで全く信頼できない手法でした。

そんな経緯もあり、Googleのアップデートと検索エンジンの評価システムの変更の流れからドンドンSEOに対する認識も変わっていきました。

SEOの本質を知れば答えは自ずと出る

ホワイトSEOとブラックSEO、どちらの方が安定的に稼ぐことができるのか・・・先ほども話したように昔はブラックSEOでも成果が上がっていたわけですが、今からの流れは間違いなく「ホワイトハットSEO」になります。

というのも、Googleの理念として検索エンジンは「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを上位表示させる」ということを公表していますので、それに沿った施策をすることが一番に決まっています。

 

実際に、検索ユーザーにとって「知りたい」「読みたい」と思える内容をしっかり書いた記事であれば、自ずとブログやサイトへの滞在時間や直帰率が改善されていくため、自然に上位表示を実現させることができるわけです。

また、ホワイトハットSEOはかなり長期的な視点で取り組まなければ、なかなか成果を出せるものではありませんので、どうしても嫌がる人が多い傾向にあります。

 

ということはですよ・・・みんながめんどくさがっていて、やろうとしないことをしっかり時間と労力をかけて取り組むことで上位表示も実現が可能なわけです。

それにホワイトハットSEOはコンテンツを第一にしており、まさにGoogleの理念に沿ったSEOと言えるため、今後、ペナルティなどにも怯えることなく継続的に稼ぎ続けてくれます。

 

「Googleのアルゴリズム変更でキュレーションサイトは終焉か?」でも話しているように、近年でも大きく検索エンジンのシステムはアップデートされています。

そんな中でもコンテンツSEOはGoogleのアップデートにも影響しないことは検索順位の安定、収益の安定化につながっていきます。

 

ということで、稼ぎ続けるにはSEOの本質を知ればいい・・・つまり、コンテンツSEOを最重視するホワイトハットSEOに取り組むのが一番でしょう。

まとめ

SEO対策にはホワイトハットSEOとブラックハットSEOの2種類がある。

ホワイトハットSEOはブログやサイトの記事を読んでくれる「人」を対象としており、ブラックハットSEOは検索エンジンの「機械」を対象としている。

 

Googleの理念に沿っているのは「検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供する」ホワイトハットSEOであり、稼ぎ続けたいのであれば、こちらの手法を採用すべき。

時間がかかってめんどくさい手法ではあるが、その分、力を入れている人も少ないため、しっかり対策・構築していくこと「資産」となる。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要ば知識・情報はこちら:

アフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ