アフィリエイトやリスト取りをするためにブログを運営するのであれば、検索順位をあげてアクセスを集めていくことが何より重要になります。

 

というのも、多くの人が検索をした時にページの1番上の記事から見ていくことからわかるように、検索順位でより上位を目指していくことがアクセスに直結するからです。

 

その検索順位を上げるための施策がSEO対策なのですが、実際、このSEO対策には諸説が入り乱れて何が正しく、何が間違っているのか非常にわかりづらいですよね。

 

そのため、今回はSEO対策をするために絶対に理解しておきたい、そもそもの検索順位が上がる仕組みをお話していきます。

 

 

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。

検索エンジンがブログの検索順位を決めるまで

 

そもそも、ブログの検索順位というのはGoogleの検索エンジンが決定して、検索の際に表示しています。

 

その検索エンジンがブログの検索順位を決めるまでの流れを理解しておくことで、ブログの運営ですべき施策などが見えてくるでしょうから、参考にしてみてください。

Googleがあなたのブログを見つける

まず、最初にGoogleがあなたのブログを見つけるのですが、これをクローリングと言います。

 

 

クローリングは検索エンジンのクローラーというロボットが行っており、このクローラーにあなたのサイトやブログを見つけてもらうことがSEO対策の最初の第一歩になります。

 

 

では、クローラーにブログやサイトのページを見つけてもらうために何をすべきなのかというと、基本的には質の高いSEOコンテンツ(記事)の作成とXMLサイトマップの送信です。

 

XMLサイトマップの送信に関しては「Search Consoleへサイトマップを登録してインデックスを早めよう」でもご紹介している「Google XML Sitemaps」というプラグインを使用すれば自動でサイトマップを送信してくれます。

 

 

そのため、基本的にこの段階でのSEO対策ですべきことというのは「検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」を書くことになります。

 

価値の高いコンテンツであれば、自然とリンクがついていくのですが、このリンクも重要な役割を果たしています。

 

 

というのも、検索エンジンのクローラーはリンクをたどって、各サイトやブログを回っているため、リンクがたくさん貼ってあればあるほどクローラーが何度も巡回してくれるわけです。

 

 

そして、良質なコンテンツであれば、いい本を何度も見るようにクローラーも何度も訪れてくれ、正確に検索順位を決定してくれます。

 

リンクをたどってブログやサイトをクロールしていく、という点に目をつけて一時期は自作自演リンクが非常に流行しましたが、今ではGoogleのアップデートによりペナルティの対象となってしまっています。

 

 

ただし、自分自身のサイト内部でリンクを貼っていく内部リンクはクローラーが巡回しやすいうようにするという意味では非常に有効で、こちらを内部SEO対策と呼びます。

 

自分自身でブログやサイト内部を整理する内部SEO対策、良質な記事を書くことで自然とリンクが集まっていくことでクローラーにたくさん巡回してもらうことを目指していきましょう。

ブログの記事データを蓄積する

検索エンジンのクローラーがブログやサイトのページを見つけると今度は検索エンジン内にデータを蓄積していきますが、これを「インデックス」と呼びます。

 

インデックスがされていれば、Googleの検索で表示されますが、されていなければ検索で表示されることはありませんので、インデックスされるかどうかというのは非常に重要になります。

 

 

そのインデックスを早めるために行う施策が先ほど話したサイトマップの送信でクローラーの巡回を促して早めに登録してもらうというものです。

 

他にも「Search Consoleの賢い使い方!稼げるサイトを作り上げるには?」で取り上げた「Feach as Google」の機能を使うことによって、ページのインデックスを早めてもらうようGoogleに申請することができますので、必ずしておくようにしておきましょう。

 

 

クローラーとインデックスは基本的にセットだと考えてもよく、ブログの記事を更新し続けることでサイトマップが送信されるため、その度にサイトマップが送信されクローラーに巡回してもらえるわけです。

 

 

また、インデックスされたとしてもページ自体が読みづらければ、良質なコンテンツだったとしても正当に評価されなくなってしまうため、ページ自体を整理しておく必要があります。

 

検索エンジンが評価されやすいページの整理はどのようにすればいいのか、といえばそれはSEOラインティングであり、人々にも検索エンジンにとっても読みやすい文章を書いていくよう心がけましょう。

記事の検索順位を相対的に決定する

Googleの検索エンジンは最終的に、インデックスした記事やページを相対的にいろいろな要素を加味して検索順位を決めていきます。

 

ここでランキングを決定していく要素は実に200以上あり、それらを把握しようとすることはやめておくべきでしょう。

 

 

というのも、Googleの検索エンジンの評価システムは日々アップデートしていますので、それらの要素を1つ1つ対策したとしても全く意味がなくなってしまうからです。

 

検索エンジンの評価システムの要素を利用してテクニックで検索順位を上げる手法をブラックハットSEOと呼びますが、この手法はアップデートによって次々とペナルティを受けてしまっているのが現状になります。

 

 

後でもお話しますが、このランキングを上位に表示してもらうべきに言えることは、間違いなく「検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」を提供することでしょう。

 

 

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。

検索順位を上げるためにはどうすればいい?

Googleの検索エンジンがブログの検索順位を決定するまでの流れは「クローリング→インデックス→ランキング」ということがわかったかと思います。

 

それでは、実際にSEO対策として検索順位をあげていくためにはどのような施策をすればいいのでしょうか。

 

それは基本的にGoogleの理念である、「検索ユーザにとって価値のあるコンテンツ」を常に作り続けていく、ということが大前提となります。

 

 

文字数だとか被リンクだとか、キーワードの数だとか、そういうものも大事かもしれませんが、もっともっと大事になるのは、結局、「読んでくれる人が見れているかどうか」ということです。

 

 

ブログの記事を更新し続けるのも、クローラーの巡回を増やすという意味もありますが、検索ユーザーにとって常に最新の情報を提供するという意味での価値につながっているわけです。

 

「アフィリエイトはブログを作る前で稼げるかどうかがで決まる!?」でも話しているように、ブログを作る前にまずコンセプトとターゲットを明確にするのも、結局、どれだけ「人」を意識してブログを構築できるのか、という部分につながっているわけです。

 

 

人々が「知りたい」と思っている内容を過不足なく伝える、ブログの記事を定期的に継続して更新する、キーワードを選定する、コンセプトを明確にする、ブログの構造をユーザーにとってわかりやすいものにするのが効果的なのも「人」のための施策だからなんですね。

 

 

だからこそ、今後のSEO対策の流れとしてコンテンツSEOこそが最強と言われているわけです。

 

SEOに関してもっともっと詳しく知りたいという方は「SEO対策の正しい方法!検索順位をあげるためにすべき施策とは?」を参考にしてみてください。

 

SEOを攻略するのは簡単ではありませんが、検索からのアクセスを集めることができればアクセス、収益は継続的に安定してくるため、時間をかけて学び実践する価値は非常にあるでしょう。

まとめ

 

ブログやサイトの検索順位が上がる仕組みを理解することで、するべきSEO対策が見えてくる。

 

検索順位は「クローリング→インデックス→ランキング」という流れで決まってくるため、いかにクローラーを巡回させるか、いかにインデックスを早めるかがポイント。

 

 

そこからは検索ユーザーにとって価値の高い記事が相対的にランキング化されて検索順位となるため、いかに良質なコンテンツを書けるかが大事。

 

 

Googleの理念が「検索ユーザーにとって役に立つものを提供する」ことである以上、それに沿った施策をすれば間違いなく、それこそが本物のSEO対策と言える。

 

 

アフィリエイトで稼ぐために必要ば知識・情報はこちら:

アフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!

 

 

 

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。