アフィリエイトやメルマガの読者を増やすためにブログを運営していくのですが、そこで大事なのは「いかにアクセスを増やすことができるのか」ですね。

 

アフィリエイトやメルマガでのアクセスは検索順位を上げることが非常に重要となり、その検索順位を上げるためにSEO対策をしていかなければなりません。

 

 

SEO対策の概要に関しては「SEO対策の正しい方法!検索順位をあげるためにすべき施策とは?」を参考にしていただき、今回はその中でも外部SEO対策に焦点を当ててお話していきます。

 

外部SEO対策と聞くと、外部のブログやサイトからリンクを貼って検索順位を上げる、というイメージを持つ方が多いのですが、実際のところ効果はどうなのでしょうか。

 

 

新規CTA

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。

外部からリンクを貼れば検索順位は上がるのか?

外部SEO対策というのは検索エンジンが検索順位を決めるに当たって、評価する要素に焦点を当てて対策をしていく、ということで外部のブログやサイトからリンクを貼ることで順位をあげようとしていました。

 

確かに、外部のブログやサイトからたくさんの被リンクがつけば、そのページは価値があるからリンク付けされていると言ってもいいでしょう。

 

 

しかし、その被リンクが検索順位に大きく関係しているという点を狙って、自作自演でリンクを貼ったり、お金を払ってリンクを貼って、意図的に検索順位を上げていく人も多くいます。

 

ということで本題になりますが、このように外部から自分自身のブログやサイトにリンクを貼ることで検索順位は上がるのでしょうか。

 

 

結論から話すと、外部リンクを貼ることで検索順位が上がりますが、それはあくまで自然発生のリンクであり、自作自演のリンクや買ったリンク(ペイドリンク)では効果はほとんどありません。

 

 

特に自分で無料ブログを使って価値のないページからリンクをたくさん貼る自作自演リンク、お金を払ってリンクを貼ってもらうペイドリンクはGoogleのペナルティを受けて検索順位が大きく下がってしまうリスクの方が大きいと言えます。

 

Googleの検索エンジンはユーザーにとって価値のある記事を上位表示させることを理念としているため、検索エンジンを欺いて順位をあげようとする上記の施策はGoogleからすれば許すことができない行為なわけです。

 

 

「ホワイトハットSEOとブラックハットSEOではどちらが稼げるのか?」でも詳しく話していますが、「本当の」SEO対策というのは検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作ることです。

 

ブラックな手法で検索エンジンの穴を縫ってアクセスを集めたとしても、Googleのアップデートやペナルティなどで稼げなくなってしまいます。

 

 

だからこそ、安定的に検索順位を上位に保つために重要なのは検索順位が下がらないブラックな手法ではなく、いかにホワイトにSEO対策をしていくか、になります。

 

ではペナルティを受ける不安に駆られず、安定的に稼ぎ続けるための外部SEO対策とはどのような施策なのでしょうか。

本当の意味での外部SEO対策とは?

外部SEO対策と言えば、やはり先ほどのリンクをつけるというイメージを持っている人が多いでしょう。

 

確かに、リンクをつけることはSEO対策になるのですが、それを自作自演や買ったリンクでは全く意味がないわけです。

 

 

というのも、外部リンクを貼ることがSEO対策に効果的なのは検索エンジンのクローラーがウェブ上のリンクを通ってページをインデックスして回っているからなんですね。

 

つまり、リンクが多く貼られていれば、その分クローラーが回ってくることが多く、正しい評価をされるようになるわけです。

 

 

検索エンジンのクローラーやインデックスに関しては「SEO対策において絶対に理解すべきブログの検索順位が上がる仕組み」で詳しく話していますので、その仕組みについて理解が乏しい方は必ず読んでおいてください。

 

 

外部からのリンクは有効ではあるが、それを自作自演したり、買って貼ってもらうペイドリンクは避けるようにしましょう。

 

 

本当の意味での外部リンク対策というのはあなたのブログやサイトを多くの人に知ってもらう施策であり、その結果としてシェアや被リンクを自然に貼ってもらえたりすることを指します。

 

ただ、あなたが書いてある記事がそもそも価値のあるコンテンツでなければ、シェアされたり、リンクを貼ってもらえたりという拡散は起きないわけです。

 

 

つまり、検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツを書き、それをFacebook広告やTwitter広告を使用して多くの人の目に見てもらうことで拡散を狙っていくことこそが、本当の外部リンク対策となります。

 

 

ただ、自然発生のリンクや拡散はなかなか狙って起こせるものではないため、外部リンク対策の重要度というのはコンテンツSEOや内部SEO対策よりは下がっています。

 

SEO対策として、まずすべきこととしては、価値のあるコンテンツを提供すること、そしてブログやサイトの構造を整えるといった内部リンク対策になります。

 

やるべきことにしっかり優先順位をつけて行動していきつつ、時間も経過すればSEOの効果も出てきますので、地道にゆっくりと取り組んでいきましょう。

まとめ

外部からリンクを貼ることでクローラーがよく巡回してくれるためSEOの効果はあるが、自作自演のリンクやペイドリンクではペナルティのリスクが高すぎるためおすすめしない。

 

本当の意味での外部リンク対策はあなたの価値のあるコンテンツを多くの人に知ってもらい、自然発生のリンクや拡散を狙っていくこと。

 

 

結局、検索エンジンが検索順位を上げるのは価値の高いコンテンツであり、自然発生のリンクも拡散も、価値の高いコンテンツがあってこそ初めて発生するもの。

 

 

だからこそ、外部リンク対策以前にコンテンツSEOを意識した記事を作成していくことがもっとも重要。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要ば知識・情報はこちら:

アフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!

 

 

新規CTA

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。