アフィリエイトにしろ、メルマガで読者を集めるためにしろ、惹きつける文章を書くことが収益をあげる上で重要になります。

というのも、そもそも文章を読んでもらえない以上、商品が売れることもメルマガの読者も増えることはないからですね。

 

ということで今回はブログやサイトの記事で読者を惹きつけるためのコピーライティングの基本についてお話していきます。

このコピーライティングは特にセールスレター、アフィリエイトの商品を紹介するクッションページ、メルマガ登録を促すページに取り入れていくと収益の最大化を図ることができます。

特定の1人に向けてラブレターを書くつもりで

まず、コピーライティングの基礎の中の基礎がこの「特定の1人に向けて、ラブレターのつもりで書くこと」ですね。

より多くの人に向けて一般的な内容を書こうとする方がいるのですが、それでは返って誰の感情も揺さぶることができないありきたりな文章になってしまいます。

 

商品を買ってもらったり、メルマガに登録してもらうには、そのターゲットの感情を揺さぶらなければ絶対に成約することはありません。

そのため、可能な限りターゲットを絞りに絞って、その人に向かって書くようにしましょう。

 

具体的にいえば、どのような悩みを持っていて、どんな生活をしていて、どうなりたいと思っているのか、どれだけ悩んでいるのか、年齢や性別な基本情報はどのようなものなのか、までしっかり明確にするべきでしょう。

その人になりきって、その人が刺さるであろう言葉を絞り出して言葉を選んでいくことで感情を揺さぶることができます。

 

ただ、これでは1人の人にしか刺さらないのではないか、と思う方もいるでしょうが、その心配は要りません。

というのも、1人が悩んでいることはだいたい他の人も悩んでいて、具体的に感情を揺さぶる言葉で書いているため強烈なメッセージを多くの人に刺すことができるわけです。

 

一般的なよくある言葉を連ねても結局、何も感じない無機質な文章になってしまい、誰にも刺さらないんですね。

ターゲットを1人明確にして、そのターゲットのことを隅から隅まで理解した上で、強烈に刺さる文章を書くからこそ、多くの人に伝わるということを覚えておきましょう。

 

コピーライティングはテクニックになりますが、文章を書く上でのターゲット選定やファンを獲得する文章の書き方は「アフィリエイトのブログでファンをつけて商品を売りまくる文の書き方」を参考にしてみてください。

説明と合わせてストーリー・想いを入れる

商品を紹介したり、メルマガに登録を促す際、どうしても商品の説明だったり、メルマガの内容説明を書いてしまいますよね。

説明は確かに重要で、論理的に訴えかけることもコンバージョンを高める要素となりますが、それだけでは成約を最大化させることはできません。

 

どうすれば数多くの商品を売ったり、メルマガ登録を促すページを作ることができるのか・・・それは先ほども話したように「感情を揺さぶる」ことが非常に重要になります。

そこで感情を揺さぶる文章の書き方こそが「ストーリー・想い」を説明に織り交ぜて書いていくというものです。

 

特にストーリーの部分ではターゲットをしっかり連想させて、ターゲットと同じ悩みを持った人が悩みを解決していったストーリーなどを展開して、「私もこのようになりたい」と思わせることが基本的なライティングテクニックです。

他にもギャップを見せたり、過去の話を展開したり、人が死んだ話をするというのも感情を大きく揺さぶることができるため、ストーリーに盛り込んでもいいでしょう。

 

「想い」の部分はどのような想いでメルマガを発行しているのか、記事を書いているのか、どんな経緯で始めたのか、などターゲットに合わせて熱い想いを伝えることが非常に重要になります。

こういった感情に訴えかける要素と論理で説明する部分を掛け合わせることで、より説得力があり、かつ行動してもらいやすい文章になりわけですね。

 

ただ、ストーリーを織り交ぜたり、想いを乗せて文章を書くにはターゲットのことを深く理解し、さらに自分自身が商品のことを理解して、その商品を心から勧める気持ちが非常に重要です。

自分の売る商品に自信を持っていない営業マンに商品が売れるわけありませんからね。

 

これらのコピーライティングのテクニックは一朝一夕で身につくものではありませんので、多くのセールスレターやクッションページを読んで、実際に体感してみるといいでしょう。

また、自分自身はどんな時に商品が欲しくなるのか、その時はどんな感情なのか、何を求めているのか、どんな言葉、どんな未来に感情が揺さぶられたのかを考えてみてください。

 

ただし、こういったテクニック以前に文章が読みづらければ元も子もありませんので、「アフィリエイトで稼ぐためのブログの書き方!読ませる文章を書くには?」を参考に読みやすい文章をかけるようにしておきましょう。

客観的な情報で信頼性を獲得する

また、コピーライティングで読者を惹きつけるためには客観的な情報を提供することも非常に重要になります。

客観的な情報というのは具体的にいえば、商品のデメリットだったり、お客様のリアルな声といった部分で、こういった情報を届けることでターゲットに安心感を与えることができるわけです。

 

普通に考えて欲しいのですが、商品のいいことしか言わない営業マンを信頼できるでしょうか・・・できないですよね。

うまい話ばかりを話すのではなく、きちんとマイナスのことも伝えた上で商品の魅力を伝える方がはるかに信頼できるわけです。

 

特に人間は何よりも他人の声や他人からの評価を非常に重視する傾向にあるため、リアルなお客様の声、実践者の声というのは非常に信頼してもらえる要素となります。

基本的にネット上の文章というのはどんなにいいことを書いていてもあまり信頼されないと思ってもいいでしょう。

 

信頼してもらえるのは、ターゲットがぴったりはまって心に響くストーリーを伝えて感情を揺さぶるか、このような客観的な情報をしっかり伝えている場合です。

商品のデメリットをあえて伝えたり、リアルな声を文章の中に取り入れてみてください。

まとめ

セールスレターやアフィリエイトの商品を紹介するクッションページ、メルマガ登録を促すページにはコピーライティングのテクニックを使うことで効果を最大限まで引き上げることが可能。

そのテクニックの中でも、ターゲットを1人に絞ること、説明に対してストーリーや想いをおりまぜる、客観的な情報をしっかり伝えることなどを取り入れていくと良い。

 

とはいえ、コピーライティングはあくまでテクニックにしかすぎず、大事なのは「本質」でいかにターゲットのことを考えられているか。

通常の記事ではターゲットの知りたいと思った内容をしっかり提供し、成約を目指すページでは、ターゲットの感情を揺さぶることを考えて文章を書いていくことが重要。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要ば知識・情報はこちら:

アフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ