SEO対策ではコンテンツSEOと内部SEO、外部SEOと大きく分けることができて、それぞれで取り組むべき施策が変わってきます。

その中でも外部SEO対策ではいかにユーザーに見てもらえるか、いかに自然に外部リンクを貼ってもらえるかどうかがポイントとなります。

 

外部リンク対策といえば、自作自演のリンクを貼ったり、ペイドリンクを貼るといったブラックな手法を思い浮かべてしまうかもしれませんが、「ホワイトハットSEOとブラックハットSEOではどちらが稼げるのか?」でも話している通り、ペナルティの対象となるので控えておきましょう。

 

ということで今回は外部リンク対策として自然とリンクを集めるための施策としてコンテンツマーケティングをご紹介していきます。

外部リンクを集めるべき理由とは?

外的SEOとは一般的にリンクを貼ってもらうことというイメージがあるのですが、リンクを貼ってもらうことによってそこからのシェアや拡散を通じてより多くのユーザーに届けるというのが本当の意味での施策になります。

このことを理解しないで自作自演で価値のないブログやサイトからリンクを貼ったところで、アクセスも集まりませんのでほとんど意味がないどころか、Googleのペナルティの対象となってしまう恐れがあります。

 

何のために外部リンクを集めるのか、そこを理解して外部SEO対策をするのとしないのでは、取り組む施策も大きく変わってくるため、その意味をしっかり理解しておきましょう。

外部リンクを貼ってもらうことによって、クローラーが自分のブログやサイトに来る頻度が上がったり、そもそものアクセスが集まることで、そのドメインのパワーが強くなって、結果として検索順位が上がっていく、という仕組みになっているわけですね。

 

つまり、施すべき外部リンク対策というのは、「外部SEO対策とは?外部リンクを貼ればブログの検索順位は上がるのか」でも詳しく話している通り、良質なコンテンツを作り、それを多くのユーザーに発信していき自然発生的なリンクを集めることになります。

とはいえ、自然発生でリンクを集めたり、シェア・拡散が起きるのは簡単なことではありません・・・どんなことを意識してコンテンツ(記事)を作っていけばいいのでしょうか。

どんな時にシェア・拡散が起きるのか?

外部SEO対策としては、TwitterでのリツイートやFacebookでのシェア、はてなブックマークでのランキング入りなどで大きく拡散させてアクセスを伸ばしてリンクを貼ってもらうことを狙っていく必要があります。

そのための施策がコンテンツマーケティングで、記事の質を高めて、価値のあるコンテンツでの拡散を狙っていきます。

 

そこで、「人々がどんな時にTwitterやFacebookなどのSNSで拡散をしようと思うのか」という人間心理を理解する必要があります。

ユーザーの心に響いて、「他の人に紹介したい」「リツイート、シェアしたい」と思える内容のコンテンツを書いていくことで、外部リンクを獲得していくことができるわけで、人間心理を把握する、ターゲットになりきることはその第一歩です。

 

シェアや拡散の根本にある人間心理というのは、実は承認欲求が大きく関係しており、自分の存在を認めて欲しい、知って欲しい、同じコミュニティのメンバーとして見て欲しいというものがあるわけです。

人は話題になっているものや流行に乗っかることによって、その流行に乗っている所属意識を感じることができるためシェアや拡散をすることが多くあり、これを祭りの心理とも言います。

 

その祭りの心理をうまく利用してバイラルを起こしてシェアや拡散を増やしていくことで、一気に外部リンクを集めることができるわけで、1つの手段としてバイラルを狙っていくことも頭に入れておいてください。

「おもしろ」よりも「Interesting」を重視

バイラルを狙うことによって、拡散を起こして外部リンクを集めるわけですが、そんなに簡単にバイラルを起こすことはできません。

ただ、バイラルが起きる要素として代表的なものが「おもしろい」コンテンツや興味深いと思える「Interseting」なコンテンツになります。

 

おもしろいコンテンツがバイラルを起こして拡散しまくるのは言うまでもないことですが、問題はその面白いコンテンツを作ることができるのか、という点です。

さらに、面白いという理由で拡散したとしても最終的な成約まではつながりづらいというのも特徴として挙げられます。

 

そのため、外部SEO対策としてのコンテンツマーケティングでは「Interesting」なコンテンツを作っていく方がおすすめです。

どんなコンテンツなのかといえば、自分自身のブログやサイトのコンセプトにあった内容でありつつ、みんなが知らなかった役立つ知識や「へえー」「おお」と思わず声をあげてしまうような発見があるコンテンツ、学びがあるものを指します。

 

拡散やシェアが起こっているものは何も面白いコンテンツだけではなく、役立つコンテンツも数多く拡散されているので、そちらを狙っていく方がはるかにいいでしょう。

役立つコンテンツを作って、一時的にはお金がかかったとしても広告を出して拡散を狙っていき、一気にバイラルを起こすというのが賢い外部SEO対策と言えます。

 

また、そういったコンテンツを作るために欠かせないのは「どんなコンテンツがバイラルを起こしているのか」を日々感じておくことです。

そこでおすすめなのは、Twitterの話題になっているツイートやはてブのランキングをチェックすることで、そこからもシェアされるコンテンツの要素を学んでいくといいでしょう。

 

コンテンツを重視して記事を作成し、多くの人に見てもらい拡散を起こし外部リンクを獲得する、これがコンテンツマーケティングを最大限活用した外部リンク対策となります。

バイラルを起こすための文章を書くために「惹きつける文章を書くために必要なコピーライティングの基本とは?」で取り上げているコピーライティングのテクニックも生かしてみてください。

まとめ

外部リンクを集めることによって、クローラーの巡回が増えるとともに、アクセスが上がり、ドメインのパワーがさらに強くなり、検索順位が上がっていく・・・これが外部SEO対策。

ただ、自然発生のリンクを集めることが重要であり、そのためにはシェアや拡散を起こしていく必要がある。

 

シェアや拡散を起こすために、人間心理を理解して「どんなコンテンツならシェアしたくなるか、紹介したくなるか」を常に考えていくべき。

特にバイラルが起こりやすいのは「面白いもの」と「Interesting」と言う役立つ内容のものだが、特におすすめなのは後者である。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要ば知識・情報はこちら:

アフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!

 

クリックで応援お願いします!


ネットビジネス ブログランキングへ