アフィリエイトで稼ぐためには、何より自分自身のブログにアクセスしてもらう必要があります。

そのために、毎日記事を更新したりSEO対策をしていくわけですが、アクセスが集まってもすぐにページを閉じられてしまうと意味がありません。

 

つまり、アクセスを集めた上で、自分のブログの文章をしっかり読んでもらって滞在してもらう、もしくは他の記事を読んでもらう、ブログのリピーターにさせなければならないわけです。

ブログで商品を紹介して購入してもらうので、そこまで徹底してファン化させなければならないのは当たり前ですよね。

 

ということで今回はブログにアクセスを集めた後にファン化させる戦略をご紹介していきます。

ブログは読まれなければ意味がない

ブログに記事を書いていき、多くの人をファンにすることができれば、自然とリピーターが増えたり、別の記事を見てもらえるため、自然と平均滞在時間や直帰率が下がっていきます。

それらの数値が改善されてくれば、SEOにも効果的になるため検索順位で上位表示させることができ、さらにアクセスが集まるという好循環になるわけですね。

 

そもそも、ブログの記事は読んでもらうために書くものですので、いかに読ませられるかということを考えていかなければなりません。

ファン化をさせるための「文章」の書き方に関しては「アフィリエイトのブログでファンをつけて商品を売りまくる文の書き方」を参考にしてください。

 

今回のファン化戦略は文章の部分ではなく、ブログの運営方法、コンセプトに関するものでそこでファン化をさせる方法をご紹介します。

アフィリエイトブログでアクセスを集めるファン化戦略

キャラクターを作ってわかりやすさを重視

検索ユーザーがブログを訪れた時に、文章を読むかどうかの基準に「文章がわかりやすいかどうか」というポイントが挙げられます。

画像もなく、難しい文章がズラっと並んでいると「難しい」という印象を与えてしまい、たった3行だけでページを閉じられてしまうわけです。

 

そこでブログ自体をわかりやすい、という印象に変える方法が「キャラクター」を使うというものです。

キャラクターを使うことによって、セリフとして記事の内容が入ってくるので、情報の羅列による難しい印象を与えることなく文章を読ませることが可能になります。

 

代表的なブログ、サイトに「ナースが教える仕事術」「沈黙のWEBマーケティング」といったものがあります。

実際にこれらのジャンルは医療系とWEBマーケティング(SEO)であり、通常の文章で説明していくと非常に難しい印象を与えるものです。

 

キャラクターのデザインなどはクラウドワークスなどで外注すれば問題ありませんので、自分のブログのジャンルが少し難しいいものであったり、工夫をしたみたいのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

ブログ自体をストーリー化して惹きつける

映画や小説についつい引き込まれてしまう理由は、「ストーリー」です。

それをブログのコンセプトや記事自体にどんどん盛り込んでいくことによって、わかりやすくかつファン化させることができるわけです。

 

例えば、ダイエットのジャンルであれば、自分自身のダイエット経験をたくさん盛り込んでいくことで、同じように痩せたいと思っている人に対して刺さる文章を書くことができるんですね。

 

「ブログアフィリエイトで記事を書く際に絶対に心がけるべき1つのこと」でも話していますが、記事を書く時にはいかに検索ユーザーのことを知り尽くしているかが勝負ですので、自分の経験をストーリにすれば、そのまま感情を動かすことができるということです。

 

先ほども取り上げた沈黙のWEBマーケティングはストーリー要素も多く混ざっていますよね。

このサイトも成功事例として実績者の稼ぐまでのストーリーを話していたり、「クビでも年収1億円」で1億円以上を稼ぐまでをストーリーにしているのはそういうことです。

特化した情報で役立つメディアを

多くのアフィリエイターがやりがちなのが、あらゆるジャンルを1つのブログに取り上げてしまうことです。

昔はこういったごちゃまぜブログもアクセスを集めることができたのですが、WELQの問題があってからは質の低い記事ばかりのブログやサイトは評価されなくなってきました。

 

ごちゃまぜブログは検索ユーザーがブログを訪れた時にどんなジャンルのブログなのかがわからないんですね。

そのため、Googleもそういった人々にとってわかりづらいブログよりもジャンル特化させたブログ、サイトの方を優先して検索上位に表示させるようになりました。

 

そのため、ジャンルをしっかり特化させた上で、そのジャンルに関する情報を網羅した特化ブログ、サイトを作っていくことでユーザーにとってもSEO的にもいいものができていきます。

実際の例としては、「カードローンのABC」「バズ部」といったブログやサイトを参考にするといいでしょう。

個人をブランディングさせてファン化

こちらは「人」に焦点を当てて、「この人のブログを読みたい」と思わせるファン化戦略になります。

一番わかりやすい例としては、キングコング西野が挙げられますね。

 

顔出しをして発信していくので、もちろん叩かれることもありますが、人間味が溢れて信頼関係を構築しやすくファンを作りやすいと言えるでしょう。

実際にこのブログとは別に「小玉歩公式ブログ」がありますが、そちらがこの戦略に当たります。

 

こちらのサイトは小玉歩という人間の「1億円稼いだ」という実績に焦点を当てて運営していますが、どちらかといえば、副業に関する情報をまとめたメディアというイメージですね。

 

今の時代は物が溢れているため、何を買うかではなく、誰から買うか、という時代になっています。

そのため、個人がブログで情報を発信してファンをつけていくことでメルマガなどでセールスをすれば商品が売れるわけです。

それも、「ただ買おう」ではなく「この人が勧めるんだから買おう」と思ってもらえるのです。

 

このようにブログと一言で言っても、運営の方法によって検索ユーザーに与える印象が大きく変わってくるわけです。

これこそがまさに「アフィリエイトはブログを作る前で稼げるかどうかがで決まる!?」ということですが、アフィリエイトのブログでなかなかファン化することができないな、と思っている方はこちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

ブログの記事は読まれなければ意味がない、価値がない。

そのためいかにブログを読ませるかが大事で、文章の工夫以外にもブログの運営方法、コンセプトも工夫をする必要がある。

 

ファンを作るためには、キャラクターやストーリー、特化、個人を前面に出す、といった戦略があり、自分が取り組むジャンルに合わせて工夫するのが吉。

アフィリエイトはここまで考える必要があるため、難しいわけだが、一度構築したら資産になるという大きなメリットもあるビジネス。

 

アフィリエイトで稼ぐために必要ば知識・情報はこちら:

アフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

 

サラリーマンをしながら副業で1億円稼ぐことができた具体的な方法、小玉歩の周りで稼げる人が数多く現れる秘密、今まさに注目すべきビジネスなど包み隠さず公開します。