会社の給料が少ない、夫の収入が少ない、もっと自由に使えるお金が欲しい・・・ということで副業をしようと考える人が最近では増えつつあります。

実際に、大企業が副業を解禁していることもこの流れを表していると言えるでしょう。

 

そんな副業でも人気なのが場所も選ばない、隙間時間に取り組むことができるネットビジネスです。

しかし、ネットビジネスの情報も溢れすぎており、何が正しいのかわからない・・・ということで今回は、今時流に乗っているネットビジネスの種類と稼ぐ秘訣をご紹介していきます。

代表的なネットビジネスの種類と稼ぎ方

今回紹介するネットビジネスですが、どれも自分自身の努力次第で稼げるかどうかが決まるビジネスになります。

 

つまり、株やFXなどは市場が収益に直結して、自分自身の行動や努力ではどうにもならないものは除いており、おすすめもしていません。

実際に副業当初は株式投資に手を出して300万円をとかしてしまった経験があるからで、それは「サラリーマンが副業で1億稼いだ方法を全部話そうと思う」で詳しくお話していますので参考にしてみてください。

 

では、代表的なネットビジネスの種類と稼ぎ方、稼ぐ秘訣をお話していきます。

ヤフオクやフリマアプリでの不用品販売

まずネットビジネスとして第一にご紹介するのがヤフオクやメルカリなどを利用した不用品販売・オークションです。

実際に、副業で1億円稼いだと言っても、最初はこの不用品販売からのスタートで初心者の方にはまずすべきビジネスとしておすすめしています。

 

この不用品販売の素晴らしい点は自分が出品したものが売れれば、利益・収益となるからなんですね。

そう、出品さえできてしまえば、お金を稼げてしまうわけで、とてもシンプルなビジネスモデルで取り組みやすいわけです。

 

この不用品販売だけで家にある不要なものを全て売ってしまえば月に10万円以上も稼ぐことが可能と言えます。

実際にヤフオクやAmazonを使った不用品販売の方法は「不用品販売!ヤフオクやAmazonに出品で稼ぐ方法まとめ」でお話していますので、ここからスタートしてみてください。

転売ビジネス

ネットビジネスの稼ぎやすさ、取り組みやすさの面から転売ビジネスもかなりおすすめのビジネスと言えます。

転売というのはモノを安く仕入れて、それをヤフオクやAmazon、メルカリなどで高く販売して利さやを収益にするビジネスモデルで不用品販売の次のステージです。

 

不用品販売の場合は、家にあるモノを出品するだけなのですが、転売の場合は「仕入れ」という作業が1つ加わるわけですね。

ただ、利益が取れる商品をリサーチして見つければそれを仕入れて売る、というのを繰り返せば利益を安定的に生み出していくことができます。

 

【保存版】ネットビジネスの成功事例から学ぶ圧倒的に稼ぐ秘訣でも紹介している成功事例でも、転売ビジネスに取り組んでいる方が多いことからも稼ぎやすいビジネスだとわかるでしょう。

アフィリエイト

ネットビジネスと言えば、まさにこのアフィリエイトを想像する人が多いのではないでしょうか。

アフィリエイトはブログやサイトを介して商品を紹介し、その商品が売れれば成果報酬を受け取ることができる広告の役割を担うビジネスモデルです。

 

アフィリエイトは誰でも簡単に月収30万円や50万円・・・と簡単に稼げるイメージがありますが、実際はそんなことありません。

アフィリエイトに取り組む人のうち5000円以上稼げている人はわずか5%以下とまで言われているほど、実は難しいビジネスなんですね。

 

それもそのはず、始めればすぐに稼げると思っていたはずなのに、半年取り組んでも収益が上がらない、というのが普通にありうるビジネスで、みんな挫折してしまうからです。

ただ、それでもブログやサイトにアクセスが集まるようになれば、自動で商品が売れて収益が上がる不労所得の仕組みになるのは大きな魅力の1つと言えるでしょう。

 

アフィリエイトは考えるべきこと、すべきこと、学ぶことが多いため、興味がある方や成果がなかなか出ずに悩んでいる方は「アフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!」にまとめている情報を参考にしてみてください。

クラウドソーシング

アフィリエイトや転売ビジネスは自分の行動で結果が出た時に収益が発生するので、最初のうちは全く稼げない時期が続きやすいですが、それがいやだという方もいるでしょう。

月収100万円や30万円でなくてもいい、副業で月に5万円や10万円でいいから確実に稼ぎたいという方もいるでしょうが、そんな方におすすめなのがクラウドソーシングです。

 

クラウドソーシングというのはネット上で募集されている仕事に応募して、その仕事をこなすことで報酬をもらうことができる働き方です。

転売やアフィリエイトのように給料以上の額を、というわけにはいきませんが、在宅で、かつ確実に稼ぎたいというのであればぜひ取り組んでみるといいでしょう。

 

クラウドソーシングはクラウドワークスやランサーズといったサービスで仕事に応募することができ、在宅で育児をしながら副業に取り組みたいという主婦に人気のネットビジネスです。

Googleアドセンスによる広告収入

ネットビジネスの中には広告を貼り付けてクリックされると報酬が入るクリック報酬型の仕組みがあり、そのメインとなるのがGoogleアドセンスです。

GoogleアドセンスはYouTubeやブログなどの媒体を使って、できるだけ多くの人を集めクリックしてもらうことで広告の宣伝になるため、お金が発生するようになっています。

YouTube

最近、有名になってきているのがYouTuberで人気のあるヒカキンやはじめしゃちょーなどは年収が何千万円ほどにも登ると言われています。

YouTubeの動画を再生する時に流れる広告がクリックされることにより報酬が発生しますので、再生回数が多ければ多いほど収益につながります。

 

もちろん、今人気のYouTuberのように顔出しで面白いことをすればいいのか、と言えばその必要はありません。

視聴者がみたいと思う役に立つ動画やバイラルが起きるような動画を配信して再生回数を伸ばしていけば収益につなげることが可能になります。

 

ただ、テレビの内容をそのまま動画にあげる方がいらっしゃいますが、これは著作権の観点からみてもNGで削除リスクが高いため、どんな動画をあげるのかがYouTubeアドセンスで稼ぐかどうかの分かれ道となります。

ブログ・ウェブサイト

アドセンス広告はYouTubeだけでなく、ブログやサイトにも貼ることができ、こちらもクリックされれば収益となります。

まとめサイトやトレンドキーワードを狙ってブログを書いて大量のアクセスを集めることで、収益化することができるビジネスモデルです。

 

ブログやサイト構築においてもこのクリック報酬型のアドセンスと成果報酬型のアフィリエイト、どちらがおすすめなのかというのは日々議論されています。

実際に「アフィリエイトはアドセンスとASPの成果報酬どちらが稼げるのか?」でも詳しく話していますので、どちらが自分にあっているのか参考にしてみてください。

情報販売

ネットビジネスで本当に短時間で大きく稼げるようになるのはこの情報販売の領域といっていいでしょう。

情報販売というのは今まで自分が培ってきた経験やスキルをPDFや動画、音声といった形で販売することでお金を稼ぐことができるようになります。

 

情報販売では商品の制作から興味のある人を集める集客、そして買ってもらうためのセールスまでを全部こなさなければならないため、非常にハードルが高いビジネスモデルです。

しかし、一度商品を作って、売れる流れを作ってしまえば、ほぼ自動でお金を稼ぎ続けてくれるということになり非常におすすめです。

 

ただし、先ほども話したように非常に難しいビジネスですので、まずは転売やアフィリエイトなどで結果を出して、その経験を元に情報を発信して情報販売へと進んでいきましょう。

 

このようにネットビジネスには数多くの種類がありますが、特に時間がなく、確実に稼ぎたいサラリーマンの方は「サラリーマン副業ランキング完全版!リスクなし抜群に稼げる副業は?」でも話しているように不用品販売から転売ビジネスへとステップアップしていくことをおすすめします。

まとめ

ネットビジネスには数多くの種類があるが、自分にあったビジネスに取り組むのが重要。

特に初心者であればいきなりアフィリエイトなどすると挫折してしまいがちなので、不用品販売や転売ビジネスからスタートしてステップアップしていくべき。

 

ネットビジネスは情報販売のステージまで進めば短時間で大きな利益を稼ぐことが可能だが、最初は稼げるまで時間がかかり、それに耐えることが必要。

いずれのビジネスも結局、ある程度行動しなければならず、それはスポーツや勉強と同じ。

 

 

サラリーマンをしながら副業で1億円稼ぐことができた具体的な方法、小玉歩の周りで稼げる人が数多く現れる秘密、今まさに注目すべきビジネスなど包み隠さず公開します。