サラリーマンで副業をしている方は誰しもが不安になってしまうのが「確定申告」ですよね。

副業で収入がある場合は、確定申告で自分で収入を得ていることを税務署に報告しなければならないわけですが、これが原因で会社に副業がバレてしまうこともあります。

副業で収入があるけど、会社にばれてクビになりたくない・・・そう思っている方も多いでしょう。

そんな時に考えてしまうのが「確定申告をしなかったらどうなるんだろう?」ということですね。

ということで今回は副業で稼いでいるサラリーマンが副業をしなければどうなるのか?をご紹介していきます。

サラリーマンの副業で確定申告が必要な人は?

まず考えていきたいのは、サラリーマンの副業で確定申告が必要な人はどんな人なのか、ということです。

確定申告の対象者は、1年間で副業での収入が20万円以上ある方になります。

ただし、売上や収入が20万円以上だったとしても、そこから経費を差し引いた金額が年間20万円未満である場合は、金額が少ないため確定申告は不要です。

確定申告での対象になる「所得」というのは以下の計算で出すことができます。

所得=収入–経費

もし主婦の場合は、控除の関係もあり年間38万円以上の所得になれば確定申告が必要になります。

本業で納税しているはずなのに、なぜ確定申告が必要になるのか、というと副業には課税されておらず、副業での収入が増えると年間での所得全体が上がり、その分だけ納税する金額が上がってしまうからですね。

ではやはり気になるのは、この確定申告をしなかったらどうなるのか?ということでしょう。

確定申告をしなかったらどうなる?バレる?

確定申告をしなければどうなってしまうのか?会社にバレてしまうのでしょうか?

結論からお話しますと、会社にばれてしまうリスクが高まり、払うべき税金が増えてしまいます。

まず、1点目の会社にバレてしまうリスクが高まるということですが、これは税務署があなたのお金の動きを怪しんで税務調査をすると脱税していることが発覚し会社に住民税の通知を送るため、それバレてしまうことがあります。

もちろん、税務署にも人出が限られているため、怪しいと思われている人をすぐに調査することはできません。

そのため、確定申告をしなければすぐにバレてしまうことはないんですね。

 

だからと言ってずっと申告していなければ、いざ税務調査が入った時に大変になります。

そのリスクが払うべき税金が増えてしまう、ということで払っていなかった税金分を支払わなければならないんですね。

さらにこの場合は、過去に支払うべき税金にプラスして無申告加算税、延滞税、重加算税もプラスされてしまうので注意が必要です。

このようにバレた時のリスクが大きいため、サラリーマンで副業をしてる場合は、基本的には確定申告をしておいたほうがいいでしょう。

バレない可能性はもちろんありますが、バレた時のリスクが非常に大きくなってしまうため、ですね。

では、バレた時のリスクを回避するためにも、どのようにすれば会社にバレずに確定申告できるのでしょうか?

バレないように確定申告するには?

基本的にサラリーマンが会社にバレてしまうのは「住民税」関連でバレてしまうことが大半です。

副業をしていないサラリーマンであれば、通常、給与から住民税が天引きされているので確定申告をする必要はありません。

しかし、確定申告をするということは本業の会社からの収入以外に収入があることを意味します。

そのため、何の気なしに確定申告をして副収入があることを税務署が把握すると、もちろん、住民税が増えるわけでその通知が会社に来てバレてしまうわけですね。

では、どうすればバレないように確定申告することができるのか・・・?

それは確定申告の際に「住民税を自分で支払う」ようにすればいいのです。

住民税を会社の給与から天引きしていると、副収入の関係れ書類が来たり、住民税の額の変動でバレてしまうのですが、それを防ぐために自分で支払うわけです。

その方法に関してですが、下記の確定申告書A(第二表)にある「住民税に関する事項」の「給与・公的年金等に係わる所得以外の所得に係わる住民税の徴収方法の選択」の欄で「自分で納付」を選択します。

これを選択しておくことで、副業での収入で加算される住民税は自分で支払うため、会社に支払われることはありません。

それでも、税務署や役所が会社に副業していることを知らせるのではないか、と不安になる方もいるでしょう。

しかし、考えて欲しいのですが、そもそも国の機関である税務署などは「税金を正しく徴収すること」を目的としているんですね。

それに個人個人の会社の副業規定を役所が把握しているわけがありませんし、そのために確定申告をさせているわけでもありません。

ということで、会社にバレないように「住民税を自分で支払う」という形で確定申告しておけば問題ないでしょう。

まとめ

副業をしていて年間で20万円以上の所得がある場合は、確定申告する必要があります。

確定申告をしなければどうなるのか・・・税務調査が入った際に、会社にバレるだけでなく、今までの税金と延滞税などプラスして支払う必要が出てきます。

リスクを少なくするためにも確定申告をしておく方がいいでしょう。

その際は会社にバレることを防ぐためにも「住民税を自分で納付」する形で申告しましょう。