お金を稼ぎたいと思って副業を始めたとしてもお金を稼ぐことができる人と稼げない人がどうしても出てきます。

 

それは全く同じビジネスに取り組んだとしても、全く同じ指導者に仰いでビジネスを教えてもらったとしても、です。

 

なぜなら、ビジネスに取り組むのは自分自身であるからこそ、取り組む個々人に差が出てくるからなんですね、当たり前の話ですが。

 

では、お金を稼ぐことができる人はどういう人なのでしょうか、またお金を稼げない人とは何が違うでしょうか、今回は両者の違いに焦点を当ててお話をしていきます。

 

 

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。

お金を稼ぐ人と稼げない人の6つの違い

稼ごうとするか節約しようとするか

まず、お金を稼ぐ人と稼げない人との大きな違いはお金に対する価値観が大きく異なります。

 

普通の人であればお金を貯めるために節約をするのですが、お金を稼ぐ人は節約ではなく稼ぐお金の額を増やそうとするわけですね。

 

なぜこの価値観の違いがお金を稼ぐことができるかどうかに関わってくるかというと、節約をするという行動にはどうしても限度があるからなんですね。

 

節約の場合は、会社や旦那の給料をいかに使わずに我慢するのかどうかが貯蓄の額に関わってきますが、節約できてもせいぜい数万円がいいところでしょう。

 

しかし、自分自身で稼ぐ額を増やそうと考える方は給料以上の額を稼げるようになりますし、お金の面で我慢することも必要ありません。

 

「サラリーマンが副業で1億稼いだ方法を全部話そうと思う」でも話していますが、サラリーマン時代の本当にお金がなかった時期に節約しようと思わず、稼ぐ手段を模索して副業に行き着いたからこそ、稼げたわけです。

自己投資をするか浪費をするか

 

お金を稼げるかどうかに関して、自己投資ができるのかどうか、というのは有名ですよね。

 

多くの稼げない人は自分自身にお金を使うのではなく、付き合いの飲み会やお金をかけても稼ぐことに直結しないものにお金を使っています。

 

一方で、お金を稼ぐことができる人は基本的に自分自身の経験を積むためだったり、何かを知ったり教えてもらうことにお金を惜しみなく使います。

 

そうして自己投資してお金をさらに稼げるようになり、またお金を使い、ドンドン稼げる額も増えるようになっていくわけです。

今に集中するか夢に溺れるか

「1年後にはこうでありたい」「5年後にはああいう風になりたい」という夢や願望、理想のようなものを多くの人が持っています。

 

もちろん、夢や目標、理想も大事なのですが、お金を稼ぐことができない人は常に未来の夢・理想に溺れてしまっています。

 

一方で、お金を稼ぐことができる人は夢や目標を持ちつつも、溺れることなく、稼ぐために今やるべきことに集中しているわけですね。

 

「過去はコントロールできないが未来はコントロールできる」でも話していますが、結局、未来を作り上げるのは紛れもなく「今」なのです。

 

夢や目標を持っていたとしても毎日をダラダラ生きてしまう、など今を本気でいきていなければ、何も手に入るわけがないんですよね。

小さいことを気にするかどうか

 

意外かと思うのですが、稼げる人というのは小さいこと、些細なことを全く気にしません。

 

一方で、稼ぐことができない人は「失敗してしまったらどうしよう」「うまくいかなかったらどうすればいいんだろう」など考えてしまい、行動が進まないんですね。

 

稼ぐ人は小さいことを気にすることなくドンドン行動して進んでいくので、稼ぐまでのスピードも早く稼ぐ額もドンドン上がっていきます。

 

実際に「ネットビジネスで月100万円以上稼ぐには「基準値」を知ろう」でご紹介している月収100万円以上稼いでいる二人も、小さいことを気にせずドンドン行動していったからんですね。

 

それに副業で稼ぐといっても、FXや株などをしない限りは失敗しても大きなリスクにはなりませんので、不安になったり、悩む必要はないでしょう。

夢中になってのめり込むか満足するか

副業で稼ぐ人は結局、誰よりも行動しているから稼げるわけで、稼げるかどうかは行動できるかどうかにかかっています。

 

そして、その行動できるかどうかは、その副業に夢中になってのめり込むことができるかどうかで、サラリーマンをしながら副業で稼ぐことができたのは「サラリーマンながら小玉歩が副業のネットビジネスで1億稼げた秘訣」でも話している通り、まさにビジネスが好きで夢中になっていたからなんですね。

 

 

逆に、稼ぐことができない人は少しでも稼げたり、収益が入ってくれば満足してしまい、手を止めてしまうわけで、そりゃあ稼げるわけありません。

 

 

稼ぐ人は満足することなく、もっともっと稼ごうとしたり、ビジネス自体に夢中になるため、自然に稼げるようになっていきます。

主体的か他者依存か

 

稼げる人というのは自分自身に原因を求めて、常に主体的でいる一方、稼げない人は常に他人や環境のせいにしたり、他人になんとかしてもらおうと思っています。

 

 

普通に考えて欲しいのですが、他人になんとかしてもらおうとする他者依存の人間にお金を払いたいと思う人は少ないため、お金を稼げるわけがないんですね。

 

 

ビジネスは価値を与えて、その対価としてお金をいただくものですので、常に自分が主体となって動かねばならないわけです。

まとめ

 

お金を稼ぐことができる人とできない人とでは大きな違いがある。

 

それはお金に対する考え方や行動基準、そもそもの根底の価値観によるものが大きく、これを変えることができなければ稼ぐことはできない。

 

 

ビジネスは価値を与えて対価としてお金をいただくものだからこそ、それに見合う人間になるべし。

 

 

副業をするにしても自分自身に合ったものに取り組むことが重要で「副業のおすすめ5選!自分にあった稼げる副業に取り組もう!」で紹介しているものから取捨選択してみてください。

 

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

稼いでいる人の事例から学ぶのはこちら:

【保存版】ネットビジネスの成功事例から学ぶ圧倒的に稼ぐ秘訣

 

 

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。