寝ている間にもお金が入ってくれる不労所得は誰もが憧れる仕組みでしょう。

 

毎日、毎日ほとんど働かなくてもお金が入ってくれば、金銭的な余裕だけではなく精神的な余裕、時間的な余裕も生まれて自分のしたいことに時間を使うことができます。

 

しかし、勝手にお金を稼ぐことができる不労所得の仕組みは簡単に作れるものではありませんよね。

 

ただ、今回はそんな誰もが憧れる不労所得に関して不労所得の作り方、種類、さらにおすすめの方法を余すことなくお話していきます。

不労所得の仕組みと作り方

「不労所得」というのは勝手にお金が入ってくる所得のことなのですが、基本的にはビジネスであることには変わりません。

 

ビジネスというのは商品の製作から始まり、興味がある人を集め、セールスをする、という3ステップで成り立っており、簡単にいえば、これらを全て自動化してしまえば不労所得が構築できるということです。

 

その本質を忘れて、魔法のように稼げる・・・なんてことを信じていては不労所得を得ることなんてできるわけありません。

 

つまり、今回はご紹介する不労所得というのは先ほどあげたビジネスの3ステップを仕組み化して自動に回るようにしていると考えるようにしてください。

 

ビジネスの3ステップに関して「副業・ネットビジネスで稼ぐためにおさえておきたいビジネスの本質」でもっと詳しく話していますので参考にしてみてください。

 

どうしても「不労所得」という言葉が一人歩きしてしまいがちなのですが、いかに仕組み化をするのかがポイントであることを知っておくだけでも見え方は変わってくるでしょう。

 

シンプルにいえば、商品を製作した後は、集客を自動化、セールスを自動化させることによって不労所得を構築していくことができます。

 

それでは実際に不労所得にはどんなものがあるのかをピックアップしていきますので、参考にしてみてください。

不労所得の種類

不動産・コインランドリーなど

不労所得の代表といえば、まさにこの「不動産」で、いわゆる家賃収入というものですね。

 

不動産の場合は、家の賃貸が商品であり、一度人が入居してしまえば、その人が退去するまでずっと勝手にお金が発生しつづけるわけです。

 

集客は入居してくれる人に物件を知ってもらうことであり、セールスはその賃貸を借りてもらうように営業をすることで、これらは基本的に不動産仲介に依頼すれば全て自動化できるのです。

 

つまり、不動産の場合は部屋や家を購入してしまえば、後は特にすることもなく自動で収益が発生し続けるため、昔から人気のビジネスモデルでした。

 

しかし、部屋や家を購入するのにどうしても大きなお金がかかり、銀行からの融資を受けたりとある程度のリスクを伴うことがデメリットと言えるでしょう。

 

不動産の他にコインランドリーなどでも一度購入してしまえば、お金を自動で稼ぎ続けることができますが、こちらも購入へのリスクがあるのが悩ましいところでしょう。

サイトアフィリエイト

インターネットが普及する前は不動産投資こそが不労所得だったのですが、ネットが普及した最近ではブログやサイトのアフィリエイトによって不労所得を構築することができます。

 

なぜアフィリエイトで不労所得を構築できるのか、を先ほど話したビジネスの原則に当てはめていきましょう。

 

ブログやサイトでの集客は基本的に検索によるものなので、一度検索順位が上がってしまえば勝手にアクセスが集まって、勝手にお客さんを集めることができます。

 

これがブログ・サイトの最大のメリットですね、集客の自動化ですね。

 

そして、アフィリエイトする商品を売るためのクッションページ、セールスページを作って、そこへの誘導もしっかりしておけば、セールスですら自動化してしまうことができるわけです。

 

アクセスを集めて商品を売るまでにどうしても時間がかかってしまったり、文章で商品を売らなければならないため、難易度が高くなってしまうのですが、一度作ってしまえば、後は全て自動でお金が入ってきます。

 

アフィリエイトはまさにネット上に不動産を作り上げるようなもので、リスクもなく取り組むことができるのは大きなメリットでしょう。

 

サイトアフィリエイトで不労所得を構築したいという方はアフィリエイト総まとめ!ブログの始め方・コツ・稼ぎ方まで徹底解説!に全てまとめていますので、こちらを参考にしてみてください。

オウンドメディアからのリストマーケティング

アフィリエイトと少し似ているのですが、オウンドメディアからメールマガジンの読者を集めて、その読者に商品を紹介したり販売する「リストマーケティング」も不労所得の1つです。

 

オウンドメディアというのはブログやサイトのことを指し、これらが勝手に人を集めてくれるのは先ほど話した通りですね。

 

ブログやサイトといったオウンドメディアは「ネットビジネスで稼ぎ続けるならオウンドメディアを構築しない理由はない」でも話している通り、メリットが盛りだくさんだからこそ、構築することも視野に入れておきましょう。

 

集客はブログやサイトがしてくれるのはアフィリエイトと同じで、ブログやサイトからメールマガジンへ誘導し、メルマガ上で商品をアフィリエイトしたり、商品を自分で販売するのがリストマーケティングです。

 

メールマガジンではステップメールという自動で毎日配信してくれる仕組みがあるので、それを使ってセールスまでの流れを作ってしまえば、勝手にお金が入ってくる仕組みを作れるというわけです。

 

このリストマーケティングこそが副業で1億円稼ぐことができたキモのビジネスであり、ネットビジネスをするのであれば誰しもが目指すべきでしょう。

 

とはいえ、最初からリストマーケティングをするのは難しいため、ネットビジネス初心者の方は不用品販売から初めてステップアップしていきましょう。

 

下記の「クビでも年収1億円」でも話している通り、実際に最初は1000円、2000円など小さなところからのスタートであったわけで、いきなり難しいものに取り組むのではなくステップアップしていくことが重要になります。

 

http://ko-mag.com/kubiokus/

「クビでも年収1億円」では、サラリーマンをしながら副業で1億円稼ぐことができた具体的な方法、初心者におすすめの副業を包み隠さずお話しています。

YouTubeアドセンスやトレンドブログ

こちらもアフィリエイトとほとんど同じなのですが、YouTubeやトレンドブログを利用してGoogleアドセンスの広告収入で稼ぐことも不労所得の1つといえます。

 

YouTubeでもブログでも勝手に検索されて見てもらうことができるため、集客をする必要がなく、さらに、クリックをされることによって報酬が発生するため、商品も販売する必要がないのです。

 

つまり、YouTubeにしろ、トレンドブログにしろいかに再生回数や記事のアクセス数を増やすことができるのか、がポイントになります。

 

不労所得の仕組みとしては1度あげた動画や1度書いた記事がアクセスを集め続ける限り、ずっと報酬を発生し続けてくれるわけですね。

 

ただし、不労所得なのですが、構築するまでに時間がかかったり、継続的に稼ぐために定期的に動画や記事を入れる必要になる点は注意が必要です。

 

しかし、考えてみて欲しいのですが、普通に働いてお金をもらうよりもはるかに楽に短時間で、それも大きなお金を稼ぐことができると思えば、はるかに素晴らしいビジネスではないでしょうか。

 

「ネットビジネスで10年間稼げなかった女性がトレンドブログで40万円」で取り上げている川原さんは、後にも話す外注化をトレンドブログに応用させて不労所得を作ることもできます。

転売ビジネスの外注化

ネットビジネスのゴールデンルールでも推奨しているように、不用品販売から転売ビジネスへとステップアップしていくのが基本的な流れです。

 

転売ビジネスでは月に50万円や100万円でも稼ぐことができるのですが、リサーチ、仕入れ、出品、梱包、発送にまで時間や労力がかかってしまいます。

 

そこで、この転売の流れ一連をクラウドソーシングやスタッフを雇って自動化してしまうことでも不労所得を構築することができます。

 

外注化は転売ビジネスに限らず、他のビジネスでも仕組み化を実現できるため、ある程度稼げるようになったら考えてみていいでしょう。

 

自分が動かない代わりに動いてくれる人を育成することでも不労所得は構築できるということです。

おすすめの不労所得は?

さて、不労所得の種類をご紹介してきたのですが、今の時代でおすすめのビジネスは一体どれなのでしょうか。

 

まず、不動産投資はマンションや部屋の購入にお金がかかりすぎてしまうという点がどうしてもリスクとなってしまいますのでおすすめはできません。

 

YouTubeアドセンスやトレンドブログもGoogleのペナルティのリスクや報酬額が伸び悩んでしまうケースが多いため、不労所得を構築するのであれば、サイトアフィリエイトかリストマーケティングがおすすめでしょう。

 

ただ、サイトアフィリエイトもリストマーケティングも難易度が高くなってしまうため、不労所得構築をするためにある程度の試行錯誤が必要であることは覚悟しておいた方がいいですね。

 

そもそも、自動でお金が入ってくる仕組みですのでそんな簡単にできるわけがありません。

 

アフィリエイトにせよリストマーケティングにせよ、やはりオウンドメディア(ブログ・サイト)で集客できるかどうかはかなり大きな要素となるでしょう。

 

転売ビジネスの外注化も仕組み化としては素晴らしいと思いますので、転売である程度結果が出るようになれば、外注に任せてしまって、自分はリストマーケティングの基盤作りをしていくといいですね。

 

実際に「サラリーマン副業ランキング完全版!リスクなし抜群に稼げる副業は?」でも取り上げている副業を基盤にしてステップアップしたり、アフィリエイトでの資産化を図っていくことをおすすめします。

 

このように、集客やセールスの部分を自動化してしまえば不労所得というのは構築できるわけで、一度構築してしまえば、ずっと長期間に渡ってお金を稼いでくれるため、構築するまでは我慢して継続していきましょう。

まとめ

お金が勝手に入ってくる不労所得の作り方はいかに仕組み化を進めることができるのかがポイント。

 

不労所得には不動産投資をはじめ、サイトアフィリエイト、リストマーケティング、外注化などが挙げられますが、リスクを考えると不動産投資以外がおすすめ。

 

不労所得の仕組みを作るにはどうしても継続や試行錯誤が必要になるが、自動で入る仕組みなのだから、そんなのは当たり前。

 

商品の製作をした後は、いかに集客とセールスを仕組み化していくのかを考えるべし。

 

不労所得を構築するリストマーケティング前にすべき副業はこちら:

副業のおすすめ5選!自分にあった稼げる副業に取り組もう!

 

サラリーマンをしながら副業で1億円稼ぐことができた具体的な方法、小玉歩の周りで稼げる人が数多く現れる秘密、今まさに注目すべきビジネスなど包み隠さず公開します。