起業したい、起業したいと言ってもついつい「失敗」を恐れてしまって行動できない、という方が多いのではないでしょうか。

 

失敗しないように、失敗しないようにとついつい慎重になってしまうのですが、そこに大きな落とし穴があります。

 

なぜなら、起業するのであれば失敗しないなんてことは絶対に避けることができず、絶対に失敗してしまうものだからなんですね。

 

ただ、その失敗をいかに小さく済ませることができるかが大事で、今回は起業で成功するためにあえて「失敗」に焦点を当ててお話をしていきます。

起業では失敗を恐れることこそが失敗

先ほども話したように起業では失敗するのが当たり前の世界で、どれだけ慎重になっても失敗してしまうものなんですね。

 

そりゃあそうです、何しろ、学生時代から起業の仕方なんて学んだこともなければ、実際に経験もしたことがありませんから。

 

スポーツでも勉強でもなんでも実践して失敗して、それを繰り返してできるようになっていくわけですが、結局のところ、起業も全く同じです。

 

確かに起業の場合は、失敗すると大きなお金を損失してしまうリスクがある事業がありますが、「起業したいならすればいい!資金なしでも起業をする方法」でも話している通り、今の時代は特にリスクもなく、資金も不要で起業できる事業も多くあります。

 

それに考えてみて欲しいのですが、起業をするということは「何かしら大きなことがしたい」とか「成し遂げたいことがある」とか「会社勤めをやめたい」という思いがあるのであれば、とにかく行動しなければならないわけです。

 

要するに何が言いたいかというと、起業においては挑戦して失敗することよりも失敗を恐れて何もしないことこそが本当の失敗なんですね。

 

なぜなら、何もしないというのは何の成果も得ることができず、何も変わらずただ時間だけが経ってしまうからです。

 

また、リスクなしの起業方法に関しては、下記の「クビでも年収1億円」ではサラリーマンをしながら副業に取り組み、そこから起業するまでの話を全て包み隠さずご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

http://ko-mag.com/kubiokus/

大きな失敗をいかになくせるか

先ほども話したように起業には失敗は常に付いて回り、失敗しないなんてことはありえません。

 

むしろ、起業においてはドンドン小さな失敗を積み上げては改善、失敗しては改善を繰り返していった方が後々の大きな失敗、大きな損失を防ぐことができます。

 

一方で慎重に、慎重に失敗しないように起業を進めていくと、失敗に気づいた時には取り返しのつかないことになっていたり、それまでの時間を多く無駄にしてしまうことにもなりかねません。

 

起業において1つ言えることは、失敗してもそれは諦めない限りは過程であり、成功するための学びとなるわけです。

 

大きな失敗をしてしまう前に、とにかく行動してみて失敗をしてみる、そして別の方法を試してみる、まさにそれこそPDCAサイクルの繰り返しです。

 

「ネットビジネスで月100万円以上稼ぐには「基準値」を知ろう」でもご紹介している不動産投資、英語という分野で起業した彼らも結局、仮説→行動→失敗→改善を繰り返していっただけなのです。

 

起業というとどうしても借金1000万円など大きな失敗を想像される方が多いのですが、とにかく行動をしてみて失敗して、改善を繰り返していけば、そうなる前に軌道修正することができる、ということです。

グダグダ悩む暇があればさっさと行動

ここまでお話してきたので、起業においていかに「行動する」ことが重要かわかったかと思います。

 

「起業したい」と言う人が起業できない決定的な1つの理由は本当にシンプルで「動かない」だけなんです。

 

冒頭でも話したように今では資金のかからない起業の方法や、クラウドファンディングと言った仕組みも充実しており、起業しようと思えばいつでもできる環境が整っているわけです。

 

つまり、起業したいというのにしないのはただの怠慢であるか、本当は起業したくないだけなんですね。

 

だって、本当に起業したければ、今頃何かしら行動をしているはずですから。

 

準備ができたらとか今は忙しいから、と言い訳ばかりしている人がうまくいくほど起業は甘いものではありません。

 

起業して事業がうまくいく人というのは、結局のところ、不安や悩みがあってもとにかくまず行動する人なんですね。

 

だってそうじゃないですか、行動して実際にやってみないとわからないことだらけですから。

 

このサイトの「【保存版】ネットビジネスの成功事例から学ぶ圧倒的に稼ぐ秘訣ではインターネットを活用して起業した方がたの成功事例をまとめていますので参考にしてみてください。

まとめ

起業では失敗を恐れて何も行動しないことこそが最大の失敗である。

 

結局、起業において失敗しないということはありえないため、いかに大きな失敗を防ぎ、小さな失敗を繰り返すことができるかがポイント。

 

「失敗したらどうしよう」とグダグダ悩む暇があったらさっさと行動して、失敗して、改善を繰り返すべし。

 

リスクをできるだけ少なくするという意味で本業の収入を得ながら「副業」として利益を安定させてから起業するのも1つの手であり、今の時代におすすめなのは「副業のおすすめ5選!自分にあった稼げる副業に取り組もう!」をチェック。

 

サラリーマンをしながら副業で1億円稼ぐことができた具体的な方法、小玉歩の周りで稼げる人が数多く現れる秘密、今まさに注目すべきビジネスなど包み隠さず公開します。