ネットビジネスの中で最も稼ぎやすいビジネスは転売であり、利益を伸ばす商品をリサーチして、仕入れることができれば、安定して稼ぐことができるようになります。

 

そのリサーチ、仕入れの中でもスピードが早いのが「店舗仕入れ」で、初心者であればとにかく店舗に足を運んで実際に目で見てみるべきでしょう。

 

ということで今回は店舗仕入れで利益をあげていくために必要なポイントや店舗仕入れ攻略法などをお話していきます。

店舗仕入れの代表的な店舗

早速、店舗仕入れのポイントを見ていきたいところなのですが・・・実際、どの店舗に行けばいいのかわからない、という方も多いでしょう。

 

そのため、まずは利益の取れる商品を多く扱っている代表的な店舗をご紹介していきます。

 

家電量販店:ヤマダ電機、ビックカメラ、コジマ、ヨドバシカメラ

デパート:イオン

一般店舗:ドン・キホーテ、トイザらス

リサイクルショップ:オフハウス、ハードオフ

 

利益の取りやすい家電製品が多い、ヤマダ電機やビックカメラなどは資金力があればドンドン仕入れて利益をあげていくことができるのですが、資金がない人にとっては難しいでしょう。

 

そこで目をつけるべきなのが、リサイクルショップであり、一見、中古品ばかりのように思われがちなのですが、実際は「未使用」や「新品」のものが多く売られていたりします。

 

中古品の場合はクレームにつながりやすいのですが、リサイクルショップで新品や未使用を安く仕入れることができれば、資金が少なくとも利益を大きくあげることができるでしょう。

 

基本的にはこういった店舗に目をつけ、「転売で利益の取れるおすすめの商品・仕入れ先を徹底暴露!!」で「答え」として利益の取れる商品をご紹介していますので参考にしてみてください。

初心者が店舗仕入れで目をつけるべき場所

ヤマダ電機やコジマ、イオン、ハードオフなどの店舗で仕入れるわけですが、それらの店舗を隅々まで回っていても時間がなくなってしまいます。

 

そのため、利益の取れる商品を効率よく仕入れていくためには、店舗ごとに割引されている商品などが置かれている場所を狙うべきなんですね。

 

実際に、どんな場所に割引商品が置かれているのか、初心者が目をつけるべき場所をお話します。

レジの前

レジの前にはワゴンという形で目玉商品、割引商品が置かれていることが多く、ここで利益の取れる商品が見つけることができるでしょう。

 

レジというのは誰しもが必ず通るところですので、ここになかなか売れない商品、在庫処分したい商品を置くのが店舗側の戦略で、そこに乗っかることで安く仕入れることができるわけですね。

安売りコーナー

レジの前には特に割引商品が多く置かれているのですが、それとは別に安売りコーナーを設けている店舗も多くあります。

 

店を大きく回ってみて、そういった陳列棚を見つけた場合は、抜け目なくチェックするようにしましょう。

 

こういう割引コーナーをチェックして、その場でモノレートで照らし合わせれば利益が取れるのかどうかが一目瞭然ですので、ぜひ、実践してみてください。

棚の最下段にある商品

普通に考えてみて欲しいのですが、よく売れている商品は目立つ場所、目立たない場所、どちらに売られていることが多いでしょうか。

 

売れる商品はドンドン売っていきたいわけですから、目立つ場所に置くのが普通であり、そういった商品は棚の一番上に置かれる場合が多いんですね。

 

ということは逆に、棚の一番下になかなか売れない商品が置かれており、そこで実は割引されていて、必ずそこもチェックするようにしましょう。

各陳列コーナーの隅

陳列コーナーの隅も棚の最下段の商品と同様に、売れ残っている商品である場合が多いので狙い目と言えます。

 

型落ち品、割引商品が陳列棚の関係で隅の方に追いやられてしまっているわけですね。

 

店舗の中でもこういった場所に目をつけて回っていくことで短時間で多くの店舗を回れ、かつ多くの商品を仕入れることができるわけで、効率よく利益を増やしていくことができます。

店舗仕入れで効率的に利益をあげるには?

安く買えないか店員と交渉してみる

店舗を回っていると、「この商品もう少し安ければいいんだけどなあ」だったり、「たくさん買うから安くしてくれないかなあ」と思うことはないでしょうか。

 

そういう時は店員に思い切って交渉してみることをおすすめします。

 

ただ、「安くしてよ」と一方的に言っても印象が悪くなってしまうだけですので、店舗側にメリットがあるように交渉しましょう。

 

例えば、「予算は10万円なんですけど、まとめて買って安くなったりするなら、もう10万円追加して20万円分くらい買おうかなと思ってますが、どうでしょうか。」といった交渉ですね。

 

このようにして店員を味方につけてしまえば、今後の店舗仕入れもしやすくなりますし、利益も大きくすることができるでしょう。

 

実際に「副業のネットワークビジネスで借金1200万・・・から復活した男」で取り上げている麻生秀樹さんも店員さんとの仲を築いて効率的に利益をあげて3ヶ月目で月収100万円を達成しています。

店舗仕入れに必須のビーム

 

店舗仕入れで実際に商品を見ていく時に、利益が取れるのかどうか、Amazonの販売価格を調べなければなりませんよね。

 

その場合、商品の型番やバーコードをモノレートに入力する必要があり、いくら時間があっても足りません。

 

そこでもっと置くと便利なのが、上記に画像で紹介している「ビーム(MS910)」で、バーコードをスキャンするだけで一瞬でモノレートを表示させることができるわけですね。

 

このように時間短縮をすることで多くの商品や店舗を回ることができますので、ぜひ、有効活用してください、というより必ず使うようにしましょう。

習うより慣れろ

店舗仕入れで大きな利益を出せるようになるには、結局のところ、実際に店舗に何度も何度も足を運び「慣れる」ことが一番です。

 

なんでもそうじゃないですか、スポーツでも勉強でも、仕事でも、最初は絶対に「量」をこなすことが必要なんです。

 

実際に店舗に行くことで先ほど話した目玉商品がある場所やリアルな販売価格がわかるわけで、量をこなすことで見えてくるものがあるわけです。

 

それに何度も店舗に行けばだいたい、どこを回ればいいのかがわかりますし、短時間で大きく仕入れることができるようになります。

 

そういう意味でも、まさに「習うより慣れろ」と言えるでしょう。

 

「転売初心者が最速で月収100万円を達成するために意識すべき6つのこと」でも話しているように、最初は赤字覚悟でドンドン経験を積んでいけば月収100万円も近くなります。

まとめ

店舗仕入れでは利益の出る商品が売ってあるモノが決まっているため、仕入れる店舗と回る場所を決めておくべき。

 

利益を出していくために、店員との交渉をしたり、時間短縮のためにビームを使って、数多くの店舗を回るなどして利益をあげていくことが重要。

 

ただし、初心者はやはり「量」をこなして経験を積んでいくことで大きく稼げるようになる。

 

 

圧倒的に稼ぐマインドはこちら:

【完全版】ネットビジネスで圧倒的に稼ぐためのマインドセット

 

 

副業で1億円稼ぐことができた具体的な方法、小玉歩の周りで稼げる人が数多く現れる秘密など包み隠さずお話します。