夫の給料が少なく、どう頑張っても毎日の生活に余裕がなく、なんとかもう少しお金があれば・・・と思う主婦も少なくありません。

 

実際に、共働きをしている夫婦も少なくはないのですが、在宅で働きたい、もう少し大きいお金が欲しいということでネットビジネスなどの副業に取り組む方も増えてきています。

 

 

しかし、副業で稼ごうにも夫の理解や家事・育児、本業の仕事など数々の壁があり一筋縄ではいかず、もどかしい思いをしている方もいるでしょう。

 

 

では、その主婦が立ちはだかる壁は主にどんなものがあるのか、どんな対処をすればいいのでしょうか?

主婦が副業をする上で立ちはだかる壁

夫からの理解

主婦が副業をする上でほとんどの方がぶつかるのがこの「夫からの理解」でしょう。

 

もともと、夫の給料が多ければ副業をするなんてことを考えなくてもよかったはずで、家計のために頑張る副業ですらも反対されることが多いわけです。

 

「怪しいことをしているんじゃないのか?」、「本当に大丈夫なのか?」と言われて、夫に信頼されないまま取り組んでいる人も少なくないんですね。

 

 

で、夫に対して説得を試みるというのもいいんですが、とりあえず大きな結果を出して有無を言わせない、結果で語るというのが一番なわけです。

 

 

だって、稼いでいたら夫も何も言えないですからね、とりあえずやってみる、とりあえず稼ぐというのが一番の対処法です。

 

どうしても説得したい場合は、しっかり家族のために、夫婦や子どものために取り組むんだ、という気持ちをしっかり伝えてみてください。

 

・・・とはいえ、まあ本当は夫の方が頑張っては欲しいところなんですけどね。

副業は少数派だからこそ孤独との戦い

周りの主婦で副業に取り組んでいる方はいらっしゃいますか・・・?

 

おそらく、ほとんどの方が「NO」と答えるように、副業をする主婦というのは圧倒的少数派なんですね。

 

 

周りでは副業をする主婦がいない中で、自分だけ頑張るっていうのは結構過酷で挫折してしまいがちです。

 

 

自分が取り組んでいる副業はそもそも合っているのか、どれくらいすればいいのかもわからない孤独状態で頑張るのは非常に難しいことでしょう。

 

環境のチカラというのは想像以上に大きく、副業で頑張っている人がたくさんいる環境に入れば本当に頑張れるようになれます、特に女性は。

 

 

実際に、ネットビジネス初心者の主婦が4ヶ月で月収46万円稼ぐまでの道のりでもご紹介している女性は環境のチカラで大きく飛躍しています。

 

そのため、孤独を感じている主婦の方は同じように頑張れる仲間がいる環境を探してみることをおすすめします。

 

 

実際にサラリーマンをしながら副業で稼げるようになったのも実は副業を頑張る人たちがいる環境に入ったからなんですね。

 

下記の「クビでも年収1億円」でも副業で0から稼げるようになった話をご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

http://ko-mag.com/kubiokus/

仕事・家事・育児と目の前のことに忙殺される

 

これはもう言わなくてもわかりますが、主婦の方はもう本当にすべきことが山ほどあります。

 

本当は夫と分業・・・なんてのが理想なのでしょうが、実際はそんな甘くありません。

 

 

やはり日本社会には女性が家事や育児をやるものという空気が根付いていますので、どうしても主婦はそちらに時間を割かなければなりません。

 

また、共働きの仕事もしていたら、それこそ仕事、家事、育児と時間なんて作ることができません。

 

 

もちろん、夫の理解を得て手伝ってもらうとか、育児を母にしてもらったり、幼稚園に預けるなどできるのでしょうが、そこまで期待はできません。

 

ただ、それでも稼ぎたいのであればやるしかありません。

 

 

特に共働きであれば、睡眠時間を削るしかないですが、共働きでないなら在宅で隙間時間を全て副業に費やしましょう。

 

 

本業の仕事があるまでは睡眠時間を削り、副業で稼げるようになったら速攻で仕事を辞めて副業に集中することをおすすめします。

 

 

特に「主婦でも在宅でできる副業ランキング!隙間で稼げる人気の副業は?」でも推奨している不用品販売から転売ビジネスへの流れで3ヶ月で月収30万円や50万円も十分可能です。

 

共働きであれば本当に時間のない3ヶ月間だけ本気で頑張って、仕事を辞め時間にゆとりを作る方向にしていくべきですね。

稼いだ後に夫が頼りなく見えてしまう

副業で稼ぐ前に壁が立ちはだかっていますが、実は副業で稼いだあともですね、大きな大きな壁が立ちはだかっています。

 

それが・・・自分より稼ぎの少ない夫が頼りなく見えてしまう、というものですね。

 

 

よくあるパターンなのですが、副業を反対ばかりしていた夫よりも稼げて、家事も育児もしている私と、かたやギリギリ生活できるくらいのお金しか持ってこない夫、それでいてダラダラしている。

 

 

こうなるとですね、もう夫が頼りなくて仕方がないわけで、それでいて夫の方もプライドが合ってぐちぐち言ってくることもあります。

 

自分の方が稼げるとあり、経済的にも夫に支えてもらう必要がなくなり、釣り合わなくなってしまうんですね。

 

 

そのため、こういったケースで離婚にいたるというのも少なくありませんが、それはそれでしょうがないかもしれないことですね。

 

稼いだ後はできることが増えてきますので、パートナーを含め自分は何をしたいのか、考えてみてください。

まとめ

主婦が副業をする際、夫からの理解や孤独、時間がないことなどが大きな壁として立ちはだかっている。

 

夫からの理解に関しては説得するか結果で示す、孤独は(稼ぐためにも)環境に入る、時間がないなら期限を決めて睡眠時間を削る、と対処すべし。

 

お金を稼ぐというのはそんな簡単なものではないから、これらの壁をしっかり乗り越えて副業に集中することが大事。

 

 

サラリーマンをしながら副業で稼ぎたい方はこちら:

サラリーマンが副業で1億稼いだ方法を全部話そうと思う

 

稼いでいる人の事例から学ぶのはこちら:

【保存版】ネットビジネスの成功事例から学ぶ圧倒的に稼ぐ秘訣

 

 

※「最短最速で結果を出す成功者に共通する“2つの要素”」など語り尽くした特別対談ムービーを見て月収100万円以上稼ぐ基準値を身につけてください。