「今年こそは」、「今度こそ」と決意を新たにして、何かに取り組もうとしても、ほとんどの人はその「決意」も虚しく、何も達成することなく、いつの間にか、今と同じ日常に戻ってしまいます。

そう、人生を変える、自分を変えるというのはどれだけ強く決意したとしても、時間が経つに連れて、その思いも薄まり、いつの間にか忘れてしまうものなのだ。

 

だからこそ、自分を変えたい、人生を変えたいのであれば、決意をしてもほとんど意味がありません。

もしあなたが何か達成したいことがある、人生を変えたい、自分を変えたいと思っているのであれば、「具体的な行動」を変えてみることをおすすめします。

 

「決意」ではなく、具体的な行動を変えよう

 

日本を代表する経営コンサルタントである大前研一氏は「自分を変える方法」として、以下のように話しています。

 

人間が変わる方法は三つしかない。

一つは時間配分を変える、二番目は住む場所を変える、三番目は付き合う人を変える、この三つの要素でしか人間は変わらない。

 

もっとも無意味なのは、「決意を新たにする」ことだ。

かつて決意して何か変わっただろうか。

 

行動を具体的に変えない限り、決意だけでは何も変わらない。

そして時間、場所、友人の中でどれか一つだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることがもっとも効果的なのだ。

-大前研一

 

厳しい現実かもしれませんが、いくら「頑張ろう」と決意したところで、自分を変えることは難しいでしょう。

自分を変えるためには具体的な行動を変えることが重要になるわけですが、その中でも大前研一氏は「住む場所」、「付き合う人間」、「時間配分」を変えることを勧めています。

 

なぜこれらの3つを変えることによって、具体的な行動を変えることができるのか、その理由の1つに「強制力」を挙げることができるでしょう。

「住む場所」が変われば、生活スタイルを変えざるを得ない、付き合う人間を変えるということは、本能的に周りの人間に馴染もうとするため、強制的に価値観を変えようと、身体が働きかけてくれるわけです。

 

また、「自分の年収は周りにいる5人の人の平均年収」とよく言われていますが、これもやはり当たっているように思います。

お金をもっている人の周りにはお金をもっている人が集まりますし、逆も然り、ということは、自分のなりたい人間、理想の人間が周りにいる環境に飛び込んでいけばいいということである。

 

もちろん、新しい環境や新しい人間関係を作ることは不快かもしれませんが、普通に考えて、不快な環境に自ら飛び込まなければ、成長もできませんし、人生を変えることだってできませんよね。

ですので、何かを達成したい、人生を変えたいと思うのであれば、それを実現できそうな場所に引っ越したり、環境や付き合う人間を変えてみてはいかがでしょうか。

 

小玉歩小玉歩

また、期間限定で特別講義を行っておりますので、ネットビジネスで稼ぎたい方は下記から無料で受講してみてください。

↓ 【期間限定】豪華3大特典付き、特別講義の受講はこちらをクリック!

時間配分を変える=意味のない時間を過ごさない

 

私自身、サラリーマンをしていたからわかるのですが、付き合いの飲み会だったり、内容のない会議というのは、はっきり言って無駄でしかありません。

もちろん、それが人生の生き甲斐なのであれば、何もいうことはありませんが、何か達成したいことがある、やりたいことがあるのなら、そういった意味のない時間を過ごさないことが重要になります。

 

そういう意味で「時間配分を変える」ことが人生や自分を変える上で重要になる、といえるでしょう。

特に、サラリーマンの方であれば、本業の仕事が始まる前、本業の仕事が終わった後から寝るまで、土日など休みの時間をいかに有意義な時間にできるかどうか、がカギとなります。

 

そのため、空いた時間をどのように使うのか、どのようなことを達成したいのか、をはっきりとさせておきましょう。

その上で、日常生活において重要ではない、意味をなさない時間を見極め、積極的にすべきことに時間を投下していけるようにしていくことがキモとなります。

 

また、時間配分を変える上で、「何かに時間を使う」ということは「他の何かに割く時間を削る」ということでもあります。

意味のない飲み会にいきながら、自分のすべきことをこなすなど同時にいくつものことを並行してできる人間というのはなかなかいないでしょう。

 

「決断」という言葉が示す通り、何かをやると決めたのであれば、やらないことも決める必要があるわけです。

余った時間にすべきこと、したいことを決める際には、「何をしないのか」も同時に決めることを心がけてみてください。

 

多くの人が「頑張ろう」、「これをしたい」、「人生を変えたい」と決意して、それを実行できないのは、具体的な行動を変えないから。

よほどの天才でない限り、住む場所を変える、付き合う人間を変える、時間配分を変えるなどして、具体的な行動を変え、自分の望む道へ一歩ずつ進んでいきましょう。

まとめ

 

「人生を変えたい」、「自分を変えたい」のであれば、決意を新たにするのではなく、具体的な行動を変えることが重要。

具体的な行動を変える上で、大前研一氏が挙げる「自分を変革するための3つの方法」を取り入れるべき。

 

  • 住む場所を変える
  • 付き合う人間を変える
  • 時間配分を変える

 

強制力をもたせて具体的な行動を変えたり、意味のない時間を断捨離する決意をして、意味のある時間をいかに過ごすことができるかがポイントとなる。

決意していつの間にか忘れてしまっていた・・・なんてことを繰り返さないためにも、ぜひ取り入れてみてください。

 

小玉歩小玉歩

また、私がサラリーマン時代に0から月に100万円以上、そして年収1億円を稼げるようになった軌跡を下記の「クビでも年収1億円」で全てお話していますので、無料プレゼントを受け取って読んでみてください。

※副業で1億円稼ぐまでの軌跡や初心者におすすめの副業はこちらで包み隠さずお話しています。