最近では、奈良県や神戸市で公務員の副業を容認する流れになっており、徐々に公務員でも副業をしてもいいという時代になりつつあります。

とはいえ、やはり公務員、基本的には副業は禁止されていますよね。

 

ただ、だからと言って、素直に副業をせずに本業だけ頑張っても給与が上がるわけでもありませんし、報われることはありません。

 

小玉歩小玉歩

私自身の会社も副業禁止でしたが、仕事を頑張っても給与が上がらないことを知ったため、会社にバレないように副業に取り組むことにしましたし、結果、その選択は正解でした。

今回は、副業が禁止されている公務員に関して、副業禁止規定や副業が禁止されている公務員が副業をしたいのであれば、どうすればいいのか、を徹底解説していきます。

公務員の方で副業をしようかどうか、迷われている方は、私自身が副業禁止だったサラリーマン時代で月に100万円以上を稼いだ方法にも触れていますので、じっくり読んで参考にしてみてください。

 

公務員の副業禁止規定はどうなっているの?

 

一般の企業の場合は、副業禁止はあくまで会社の規定、ルールである場合が多いのですが、公務員の場合は、法律で禁止されているのです。

その副業禁止規定は基本的に、国家公務員と地方公務員で別々に規定されており、内容は下記の通り。

 

  • 国家公務員:国家公務員法第103条、104条
  • 地方公務員:地方公務員法第38条

 

国家公務員の場合は、第103条で営利企業への就職と自営業が禁止、また、非営利企業の就業の許可制が規定されています。

地方公務員の場合も、地方公務員法第38条で同じく、営利企業への就職と自営が禁止されていますね。

 

ですので、規定から考えて結論からいうと、「基本的に公務員は副業ができない」ということになります。

ただ、最近では公務員の副業も規制が緩和されつつありますので、これらの規定も変わるかもしれませんね。

 

小玉歩小玉歩

また、期間限定で特別講義を行っておりますので、ネットビジネスで稼ぎたい方は下記から無料で受講してみてください。

↓ 【期間限定】豪華3大特典付き、特別講義の受講はこちらをクリック!

副業禁止の公務員が副業で稼ぎたい場合はどうすればいいの?

 

公務員の副業が法律で禁止されている以上、公に副業をおすすめするわけにはいきません。

とはいえ、この文章を読まれているということは、やはりもう少しお金を稼ぎたいという思いがある方でしょうから、どうすればいいのか、もお話していきます。

 

もし、副業禁止の公務員が副業をしたいのであれば、考えられる選択肢は以下の2つでしょう。

 

  • 公務員から一般企業に転職して副業を行う
  • バレないように副業を行う(※推奨はしません。)

 

法律で禁止されている以上、おすすめなのはもちろん前者です。

私自身は会社で副業が禁止されていたのですが、お構いなしに副業を行っていましたので、同じ立場であれば、後者を選択するかもしれません。

 

それに、実際に副業禁止の会社で副業をしていたのですが、月に800万円以上、年収1億円以上を稼ぐまではバレませんでしたので、後者で月に100万円を稼ぐなどであれば、バレずに行うことも可能なのです。

しかし、公務員の副業が法律で禁止されているということを考慮すると、責任が持てないため、あくまで前者をおすすめします。

 

後者の選択肢がありえないのであれば、あとは「公務員という立場」か「満足いくほどの収入」、どちらを選ぶか、ですね。

ただ、ここで考えて欲しいのは、副業をしたいと思っている時点で、公務員では満足いく収入が得られていない、ということ。

 

確かに、安定しているかもしれませんが、現状に満足できないのであれば、もっとよくなる選択をする、というのも1つの選択肢でしょう。

公務員にしても、会社員にしても、どれだけ一生懸命働こうが、限界がある。

 

ただ、自分の手で稼ぐ「副業」という選択肢を加味すると、安定した公務員よりも、会社員+副業の方がはるかに収入の面では安定するでしょう。

公務員という立場がどうしても手放せないものなのであれば、仕方ありませんが、そこまで重視しておらず、お金をもっと稼ぎたいのであれば、会社員+副業の方が賢明な選択かもしれませんね。

サラリーマン時代に副業で月100万円以上稼いでいた方法とは?

 

本来であれば、「公務員でもバレない副業」をお伝えしたいところですが、公務員の副業が法律で禁止されている以上、それを助長する表現は控えます。

もし、公務員ながら副業をするのであれば、最悪の事態も予測して、自分に責任を持って取り組んでみてください。

 

小玉歩小玉歩

あくまで、「会社員+副業」をするとして、私自身がサラリーマン時代に副業で月に100万円以上を稼いだ方法をお話していきます。

本来であれば、年収1億円以上を稼いだ方法を聞きたいかもしれませんが、難易度が高くなるため、初心者でも取り組みやすいものを代表として取り上げます。

 

サラリーマン時代に最初に取り組んだ方法は「不用品販売」で、家にある要らないものをヤフオクなどネットに出品してお金を稼いでいました。

不用品なんて本当に売れるのか、と思うかもしれませんが、意外と高く売れますし、不用品というのが意外と多くあるものです。

 

この不用品販売で月に10万円以上稼ぐことができ、ネットでの販売に可能性を感じ、転売ビジネスへステップアップします。

転売ビジネスとは、店舗などで商品を安く仕入れて、ネット上で高く販売するビジネスモデルになります。

 

この転売ビジネスのいいところは、利益の取れる商品を見つけることができたら、後は数勝負なところ。

つまり、リサーチのコツさえ掴んでしまえば、安定的に月に30万円でも50万円でも稼ぎ続けることができるわけです。

 

私自身も最初こそ伸び悩んでいましたが、転売を教えてくれた師匠に出会ったことで、月に100万円以上を安定して稼ぐことができるようになりました。

数々の副業がありますが、この「不用品販売」→「転売ビジネス」の流れが今、もっとも確実に稼ぐことができる手法でしょう。

 

というのも、不用品販売や転売ビジネスという副業は仕組みが非常にシンプルで、初心者でも取り組みやすいからなんですね。

物の販売というのは普段から行っていることであり、それをネット上で行うだけです。

 

不用品販売であれば、稼ぐためにすべきことは出品するだけ、転売ビジネスであれば仕入れて出品するだけ。

アフィリエイトや株式投資、FX、メールマガジンなどの副業は確かに稼げる一方で、転売に比べると難易度ははるかに高くなり、挫折しやすくなってしまいます。

 

だからこそ、副業初心者は仕組みがシンプルで稼ぎやすい転売ビジネスから始めるのが一番いいというわけです。

実際に、弊社で運営しているネットビジネスコミュニティでも、転売ビジネスで稼いでいる人が多く、早い人では3ヶ月目にして月収100万円以上を達成しています。

 

ということで、副業をするなら不用品販売→転売ビジネスで始めてみてください。

 

小玉歩小玉歩

なお、私自身がサラリーマン時代に、副業で0から1億円以上を稼げるようになった軌跡を下記の「クビでも年収1億円」でお話しています。

なお、15万部突破キャンペーンということで、現在は期間限定で無料プレゼントをしています。

 

小玉歩小玉歩

この本がきっかけで年収億越えになった起業家や年収数千万円になった方もゴロゴロいますので、ぜひ受け取って参考にしてみてください。

※副業で1億円稼ぐまでの軌跡や初心者におすすめの副業はこちらで包み隠さずお話しています。

まとめ

 

公務員の副業は法律で禁止されているため、公務員をしながら副業をするのは少しリスクが大きい。

もちろん、バレずに副業を行うという手もあるが、おすすめするのは、一般企業に転職して副業を行うこと。

 

なお、副業をするのであれば、私自身がサラリーマン時代に取り組んだ流れである不用品販売→転売ビジネスが最も簡単でおすすめ。

転売ビジネスは利益の取れる商品を見つけるコツさえ掴んでしまえば、安定して月に50万、100万と稼げるようになる。

 

 

↓ 【期間限定】豪華3大特典付き、特別講義の受講はこちらをクリック!