アフィリエイトで稼ぎたい・・・そう思って取り組んでみるも稼ぐことができない人はかなり多くいます。

そんな人の多くはただ漠然と記事を書いているわけですが、大きく稼ぐためにはしっかりとどんな記事で、どんなキーワードでアクセスを集めるか考えていく必要があります。

アフィリエイト自体もリスクが少なく取り組みやすいため、ライバルが非常に多いです。

このような状況の中で、ライバルに勝ち大きく稼いでいくためにはキーワード選定は必須であり、稼ぐための戦略を立てていく必要があるわけです。

キーワード選定をする理由と基本的な選定方法

なぜキーワード選定をする必要があるのか?

早速、キーワード選定の方法を見ていきたいのですが、最初は「なぜキーワード選定が必要なのか・・・」ということを知っていきます。

というのも、キーワード選定をする理由を知っていないとアフィリエイトで稼ぐビジネスモデルの本質を捉えることはできないため、ただ「行動した気になっただけで稼げない」ままになってしまうのでしっかり意味を理解おきましょう。

キーワード選定をする理由というのは「書く記事の内容が検索されるキーワードなのかどうか」ということです。

アフィリエイトではブログやサイトを作ってもアクセスが来なければ、そもそも人がいないので紹介しても商品は売れません。

そのため、あなたが今から書く記事・キーワードは「検索されるのかどうか」を知り、アクセスが集まる記事を書く必要があり、それがキーワード選定なわけです。

では、キーワードを選定していくにはどうすればいいのでしょうか。

Googleキーワードプランナー

キーワード選定といえば・・・「Googleキーワードプランナー」ですね。

このキーワードプランナーを使用することによって、調べたいキーワードが月にどれだけ検索されているのかを知ることができます。

要するに、ここで一度検索をして需要があるのかどうかを知る、という役割を果たしています。

例えば、下記の画像を見ていただきたいのですが、「ネットビジネス」で検索をかけると月間に平均で「18,100回」の検索があることがわかります。

このキーワードプランナーを利用して、どんなキーワードで記事を書いていくのかを見つけていくわけですが、アフィリエイトで成果を出すための検索方法は複合キーワードになります。

3語以上の複合キーワードを狙う

アフィリエイトで稼ぐためにはアクセスを集める必要があり、アクセスを集めるためには検索順位で上位表示をされる必要があります。

先ほどのように「ネットビジネス」や「ダイエット」などというワード単体ではどうしてもライバルが多くなり上位表示を狙うのは困難です。

だからこそ、「検索ボリュームは少ないけれどライバルも少ないキーワード」を探す必要があり、それがまさに3語以上の複合キーワードになります。

上記の画像のように「サラリーマン」と「副業」と「ランキング」と3つのキーワードを掛け合わせて月間平均で300ボリューム以上あるキーワードを狙うといいでしょう。

あまりにも見つからなければ、月間平均ボリュームを200以上にしてもいいですが、それ以上下げてしまうと検索されなくなってしまうので注意しましょう。

特にブログやサイト開設直後はアクセスも少ないためライバルの強いビッグキーワードではなく、ライバルの少ない複合キーワードでアクセスを拾っていくことを心がけます。

同じくキーワード選定をしているライバルに勝つには?

複合キーワードで小さなキーワードから拾っていく・・・といってももちろん、多くのライバルが実践している手法でもあります。

ほとんどのアフィリエイターはこのキーワードプランナーや他のツールでキーワード選定を行っているわけですが、全く同じことをしていても勝つのは難しいでしょう。

そのため、ライバルに勝つにはそれに+αでキーワードを見つけていく必要があります。

では、どうすればいいのか・・・?

それは、検索ユーザーの悩みが深い順からしっかりとした記事・コンテンツを書いていく・・・ということです。

 

もちろん、キーワードプランナーで検索ボリュームがある方がいいわけですが、このツールも全てのキーワードを網羅しているわけではありません。

「キーワードプランナーに表示されないが、実際は検索されているキーワード」というのが存在するわけです。

それをどのように見つけるかというと、あなたが運営するブログのジャンルのターゲットになりきってどんな言葉で検索をするのかを想像することが非常に大事になります。

というのも、人々は検索をする際に「何かに悩んでいてそれを解決したいから」検索をするため、ターゲットになりきることは非常に大事なことです。

このターゲット選定やキーワードを書き出す作業は「アフィリエイトはブログを作る前で稼げるかどうかがで決まる!?」で詳しくお話ししておりますので確認してみてください。

もし、あなたが想定するターゲットがどんな悩みを抱えているのかわからない・・・という場合はYahoo知恵袋などを参考にしてみるといいでしょう。

あなたのブログ・サイトを見るのはロボットではなく「人」

同じやり方でキーワード選定を行っているライバルに勝つためには「検索ユーザーの悩みが深い順からしっかりとした記事・コンテンツを書いていく」ということが大事だということは話しました。

そして、その理由は人々が悩みを解決したいと思って検索をするから、でした。

ここで想像してみてほしいのですが、検索して行き着いた先のブログ・サイトの記事の内容がとても薄いものであればどうでしょうか?

おそらくほとんどの人がそのページからすぐに離れてしまい、別のページを開くでしょう。

つまり、あなたのページに来て、このページなら自分の問題を解決してくれる内容が書いてありそうだ・・・と思わせることが非常に重要になります。

 

検索順位はGoogleが決めることですが、実際にページを訪れるのは「人」です。

その人がページをしっかり読んでくれてあなたのブログの読者になってもらわなければ、稼ぐことができないんですね。

「このブログなら私の悩みを解決してくれそう」と思わせることができれば、他の記事も見てくれるし商品を紹介しても売れるわけです。

何かに悩んでいる方のために、その問題を解決してあげる質の高いコンテンツを書く、検索ユーザー目線が非常に大事になります。

難しそうに感じるかもしれませんが大丈夫です、ほとんどのアフィリエイターはできていませんから、それを意識して記事を書くだけで頭1つ抜け出すことができるでしょう。

検索ユーザーを意識してアフィリエイトで商品を売りたいのであれば「アフィリエイトで稼ぐために知っておくべき3つの本質」も参考にしてみてください。

まとめ

アフィリエイトで稼ぐためには検索されているかどうかを知るためにもキーワード選定が必須。

アクセスが少ないうちは3語以上の複合キーワードで検索ボリューム月間平均300以上を目安に記事を書いていく。

とはいえ、それでもライバルには勝つのは難しいため、検索ユーザー目線を取り入れることが頭1つ抜け出すポイント。

アフィリエイトであなたの記事を見るのは何かに悩んで検索をする「人」であり、その人のために記事を書くことで稼ぐことができる。