アフィリエイトでブログを運営していく場合、伝えたいことをより明確にするために文字装飾を行うことは非常に有効な手段になります。

ただ、インストールしたばかりのWordPressの場合、どうしても記事の装飾が限られてしまいます。

 

そのため、今回は「TinyMCE Advanced」というプラグインを使って文字を装飾の機能を追加する方法をお話していきます。

こちらのプラグインも簡単に導入・設定できますのでサッと取り組んでみましょう。

文字装飾はTinyMCE Advancedで行う

通常のWordPressでも太字を使ったり、文字色をつけたりすることは可能なのですが、それだけでは物足りない・・・という方も多いでしょう。

ということで、WordPressで文字装飾を追加する際は「TinyMCE Advanced」というプラグインを使っていきます。

 

このプラグインを導入することで下記のように様々な装飾を施すことができるようになるわけです。

具体的に言えば、塗りつぶし(マーカー)や続きを読むタグの挿入、動画の簡単な挿入、アンダーバー、横線などですね。

 

「TinyMCE Advanced」の追加方法ですが、他のプラグインと同様に「プラグイン」→「新規追加」→「TinyMCE Advanced」を検索して、インストールしましょう。

 

有効化させた後は、どんな機能をツールバーに追加するのかを設定していきましょう。

 

小玉歩小玉歩

また、期間限定で特別講義を行っておりますので、ネットビジネスで稼ぎたい方は下記から無料で受講してみてください。

↓ 【期間限定】豪華3大特典付き、特別講義の受講はこちらをクリック!

 

参考:サラリーマンが副業で1億稼いだ方法を全部話そうと思う

必要な機能をツールバーに追加

「TinyMCE Advanced」の設定ですが、「設定」から「TinyMCE Advanced」と進みます。

すると、下記の画面になりますので、アンダーバーや塗りつぶし、打ち消しなど追加したい機能を追加しましょう。

 

 

追加した後に「変更を保存」のボタンを押して、設定完了になります。

これで新規記事を追加するときにツールバーを見ると、機能が追加されていますので確認してみてください。

 

ただ、注意すべきなのは自分勝手な文字装飾ではなく、あくまで読者が見易いと思えるようにするための文字装飾を心がけることです。

 

このようにプラグインにはいろいろな機能を追加できて非常に便利なものが多いわけです。

特に「アフィリエイトで絶対導入すべきWordPressのプラグイン12選」で紹介しているものは必須とも言えるため、まとめてインストールしておきましょう。

まとめ

ブログの文字装飾機能を追加するには「TinyMCE Advanced」をインストールすべき。

文字装飾を効果的に使用して伝えたいことを強調していくことで、読者が読み易い工夫をしていくことが大事。

 

文字装飾はあくまで表面上のもので、大事なのは記事の中身であることを忘れてはならない。

 

参考:アフィリエイトとは?意味・仕組みを0からわかりやすく完全解説!

 

 

小玉歩小玉歩

また、私がサラリーマン時代に0から月に100万円以上、そして年収1億円を稼げるようになった軌跡を下記の「クビでも年収1億円」で全てお話していますので、無料プレゼントを受け取って読んでみてください。

※副業で1億円稼ぐまでの軌跡や初心者におすすめの副業はこちらで包み隠さずお話しています。