アフィリエイトで稼ぐためにブログの記事をコツコツと書いている時に、ふとこんなことを思うことがないでしょうか?

「ブログの文字数ってどれくらいがいいんだろう?」と。

 

実際、弊社でも何度もこのことについて考え、実践して、ある1つの結論に至りました。

それは、「文字数に正解なんてない、もちろん、短すぎるのは論外だが、ある程度の文字数・情報があり、ユーザーの求める記事であれば問題ない」という結論。

 

ただし、これでは抽象的すぎるので、1つの目安と最近のSEOの傾向から見る文字数に関してお話していくので、ブログの記事を書く上で参考にしてみてください。

SEOで上位表示を実現することができれば、1つのブログから月に450万円以上や900万円を稼ぐこともできてしまいますよ。

 

ブログの文字数は最低でも1600字以上がSEOに最適

 

ブログの文字数ですが、ひと昔前は1記事あたり800字以上が目安とされていましたが、最近では、アフィリエイトに取り組む人が増えてきたため、最低でも1600以上のボリュームは欲しいところ。

実際に、弊社でもブログの記事を書くときは、必ず2000文字以上を心がけるようにしています。

 

ここで考えてみて欲しいのですが、なぜ昔は800文字が目安、今は1600字という数字になっているのでしょうか?

それはですね、至ってシンプルで、検索順位というのは競合サイトとの戦いで決まるから。

 

他のライバルサイトに比べて、情報量、平均滞在時間、直帰率、ページビューなどの要素で検索順位が決まってしまうわけですね。

で、文字数というのはここでいう、情報量になりますので、文字数が少なければ、どうしてもライバルに勝てなくなってしまうの。

 

もちろん、ライバルが少ないジャンル、キーワードであれば、文字数が少なかったとしても検索で上位表示される。

しかし、アフィリエイトで稼ぎたいというのであれば、どうしてもある程度ライバルがいるジャンル・キーワードばかりなので、最低でも1600文字以上は必要ということになるのです。

 

また、もしあなたがこれからブログやネットビジネスで稼ぎたいと思っているのであれば、ぜひ下記の特別講義を受講してみてください。

というのも、特別講義では初期費用もリスクもないブログを使ったビジネスをお届けしているから。

 

小玉歩小玉歩

初心者でもわかりやすいように、ブログで稼げるビジネスをお話していますので、下記から無料で学んでみてください。

↓ 【期間限定】特別講義の受講はこちら!

長文SEOが強い傾向、それでも最後はユーザー心理

最近の傾向ですが、検索をしたときに1ページ目に出てくるの記事のほとんどがかなりの長文になっていますよね。

狙っているキーワードでユーザーが欲している情報を大量に盛り込んで、情報量で勝って上位表示を実現しているのです。

 

実際に、弊社の経験からしても、この長文SEOは確かに強い。

長文で書いた記事や既存記事を補足して長文にした記事はよく検索でも上位に表示されやすい傾向にあります。

 

ただし、長文SEOは労力がかかるのも事実で、基本的には1600文字〜2400字の範囲内で労力をかけずに執筆して、どうしても取りたいビッグキーワードなどでは長文にして攻めるというのがいいでしょう。

なお、ここでいう長文SEOというのは大体8000文字〜30000文字くらいのものを指す。

 

しかし、今まではこの長文の記事が軒並み上がっていたのだが、Googleさんもまたアップデートして風向きを変えつつある。

というのも、あるアフィリエイターが長文の記事の文字数を減らしてみたところ、検索順位が上がったという。

 

これは流石Googleとしか言いようがなく、やはりただ長文を書けばいいというわけではないのです。

ユーザーが求めている情報を過不足なく記事に反映する、そのために、何度も何度も試行錯誤して補足・修正をしていく必要があります。

 

参考:ブログで0から月100万円以上の収入を稼ぐ「超具体的な方法」とは?

1600字以上で記事を書きまくり、様子を見て戦略を立てよ

最近の文字数の傾向をお話したということで、次は記事の「文字数の戦略」についてもお話していきます。

先ほども話したように、基本的にはどの記事も1600字〜2400字程度で問題ないでしょう。

 

とにかく最初は1600〜2400文字で記事を書き続けていってください、最低でも毎日1記事を3ヶ月継続。

Googleが新規のブログやサイトを評価するまでは3ヶ月かかると言われていますからね、それまでは辛抱して書き続けましょう。

 

そして、100記事を達成する頃には、昔書いた記事が少しずつ順位をあげてくると思いますので、Search ConsoleやSEOチェキというサービスを使って検索順位を調べていきます。

そこで、検索ボリュームが「1000〜1万」以上のキーワードで、検索順位も20位や30位のものがあれば、それを補足して長文にしていきましょう。

 

長文SEOは労力を使いますので、その労力を使う記事を見極めるということですね。

基本的には記事を書きまくり、入り口を増やし、攻めてが見つかったときに、全てのリソースを投下するというのがもっとも賢い方法。

 

ただ、ここまでいっておいてアレですが、正直、そこまで考える必要はありません。

というのも、私が初めてアフィリエイトで月に50万円以上を稼ぐことができた時は、長文SEOなんてしませんでしたし、過去記事の修正や補足もしていません。

 

ただただ、キーワード選定と記事の執筆を繰り返し、記事数が225記事を達成しようかというところで月収50万円になりました。

もちろん、今では知識や経験も身につきましたので、もっと効率的にできますが、ある意味、「気合い」さえあれば稼げてしまうビジネスだと思っています。

 

だからこそ、まずはとにかく記事を書く。

記事を書くのが当たり前の状態にして、ブログ・サイトの評価を少しずつでも高めていきましょう。

 

なお、実際にサラリーマン時代に副業で0から月に100万、200万、年収1億円以上稼いだ軌跡を下記の『クビでも年収1億円』でお話しています。

私の場合は、ブログではありませんが、ネットビジネスでこれから稼いでいく上で、非常に学べるものは多くあると思います。

 

小玉歩小玉歩

現在は15万部突破キャンペーンにつき、期間限定で無料プレゼントしていますので、下記から無料でお受け取りください。

↓ 『クビでも年収1億円』を無料で受け取るにはこちら!

 

参考:稼ぎやすいネットビジネスランキング2018完全版!

まとめ

アフィリエイトで稼ぐためのブログの文字数は基本的に1600文字〜2400文字が好ましい。

というのも、どうしてもアフィリエイトで稼ぐためにはライバルの記事に勝つ必要があり、ある程度の情報量という意味で文字数は欠かせないから。

 

最近では長文SEOが軒並み検索上位を占めているため、狙いたいビッグキーワードがある場合は長文で攻めるのも1つの戦略。

ただし、それ以上に大事なことは記事を書くことであり、ぶっちゃけ、「気合い」が最も重要。

 

参考:ブログで収入を得る方法・仕組みと稼ぐための6つのステップを徹底解剖!

 

 

小玉歩小玉歩

現在期間限定で初期費用0、リスク0の特別講義を無料公開していますので、ネットビジネスで稼ぎたい方は下記をクリックして無料で受講してみてください。