アフィリエイトで稼ぐためには読まれる文章を書かなければ話になりません。

訪問者に読まれない文章を書いてしまっては、全く価値のないものですから、しっかりと読まれるものを書かなければなりませんよね。

 

「自分にはそんなのできない」と思った方はぜひどうぞ、アフィリエイトで稼ぐのを諦めてください。

リアルな話を言いますと、アフィリエイトで稼げる人とは、記事を書き続ける継続力を持った人と、できないことをできるようになるために努力できる向上心のある方なんですよね。

 

「努力する前からできない」という方は絶対に稼げません。

いきなり厳しいことをお話してしまいましたが、最初はできなくてもポイントさえ抑えれば、アフィリエイトで稼げる記事を書くことができるようになります。

 

単純に記事を読んでもらうことができれば、平均滞在時間も上がりますよね。

その結果、Googleが検索順位をあげてくれ、さらにアクセスが集まるようになるため、いいことばかり。

 

したがって、今回はブログアフィリエイトで稼ぐために惹きつける文章を書くポイントをご紹介していきますので、ぜひ記事を書くときから取り入れてみてください。

 

アフィリエイトで稼げるブログを生み出す文章の書き方7選

 

なお、勘違いしないでいただきたい点は、今回の話が決して「魔法のテクニック」ではないということ。

むしろ、どれもライティングの基本中の基本と言えるものなのですが、できていない人は多くいます。

 

ということは、つまり、この基本を抑えるだけでライバルたちと差を少しでもつけることができるということですよね。

1つずつできることを増やしていき、検索ユーザーにとって役に立つ記事を書けるようになりましょう。

狙うキーワードからターゲットが知りたいことを徹底的にイメージする

ブログで記事を書いていく時に避けて通ることができないのが「キーワードの選定」ですよね。

狙うキーワードを選び、そのキーワードで検索する人たちが求めているであろう答えを記事に書いていくのがアフィリエイトの基本。

 

人々は何かに悩んで検索をかけるため、その悩みの答えを記事にすることで、検索ユーザーはしっかりと記事を読んでくれるようになります。

そのためには、検索ユーザーがどんな悩みを持っていて、どんな気持ちで検索をしているのかを徹底的にリサーチ・想像する必要があるわけです。

 

あなた自身が検索をした時に、「答えが書いてありそうなブログ」を見つけた時に、じっくり読みますよね。

つまり、あなたも検索ユーザーに対して答えとなる記事を提示してあげればいいだけの話。

 

したがって、ブログの記事を書く大前提は、狙うキーワードから検索ユーザーが求めているものを理解して、それを記事にしてあげることが重要ということですね。

ターゲットが共感する言葉を使う

アフィリエイトで稼ぐためには、必ず「ターゲット」を設定しなければなりません。

そして、商品を購入する人はどんなことに悩んでおり、どんな生活をしており、どんな気持ちなのか、を徹底的にリサーチしていきます。

 

そして、そのターゲットが共感する言葉を必ず使うようにしましょう。

例えば、子育て関連の記事であれば「旦那が全然手伝ってくれない」、「夫の『手伝うよ』の一言が他人事でむかつく」というような言葉を織り交ぜながら記事を書いていくことで、読者に「わかる!」という気持ちになり、スイスイ読み進めてくれるようになるということですね。

 

結局のところ、アフィリエイトだけでなくビジネスは「共感」が命です。

「この人は自分のことをわかってくれる」、「この人みたいになりたい」と思わせることで、より文章を読んでもらえ、より商品が売れるようになりますよ。

 

また、もしあなたがこれからブログやネットビジネスで稼ぎたいと思っているのであれば、ぜひ下記の特別講義を受講してみてください。

というのも、特別講義では初期費用もリスクもないブログを使ったビジネスをお届けしているから。

 

小玉歩小玉歩

初心者でもわかりやすいように、ブログで稼げるビジネスをお話していますので、下記から無料で学んでみてください。

↓ 【期間限定】特別講義の受講はこちら!

結論→理由→具体例→結論の順に書く

 

続いては文章を書く順番ですね。

こちらはテクニックになりますが、まずは結論から書きましょう。

 

結論から書くことで、圧倒的にあなたの文章がわかりやすくなります。

実際に、私の文章でもよく「結論からお話しますが」というワードを多用しているほど、結論から話すのは大事なことなんですね。

 

もちろん、結論だけでは文章が弱くなってしまうため、そのあとに、結論を強める理由、具体例と続けていきましょう。

そして、最後にもう一度、結論。

 

人間は何度も何度も言ってあげなければ、気づかない生き物ですから、何度も何度も言ってあげて、本当に伝えたいことを伝えてあげましょう。

冒頭に興味を持たせるフックを用意する

文章を読んでもらうために重要なことは、まず興味を持ってもらうこと。

興味を持ってもらうために大事なのは、文章の冒頭で「ん?」と強い印象を持たせるフックを用意しておくことですね。

 

この記事でいうと、「アフィリエイトで稼ぐためには読まれる文章を書かなければ話になりません。」という部分。

強いですよね、強い。

 

「もっと読まれる文章を書かないといけない」という気持ちにさせてくれ、アフィリエイトの厳しさをものがたっている一文です。

このように、強いインパクトのある文章をフックとして冒頭に持ってくることによって、「この記事は他のブログとは違うぞ」と思うことができるようになるわけですね。

 

そうすれば、自然と最後まで文章を読んでもらうことができるようになりますので、普通に書くのではなく、冒頭を工夫してみてください。

2、3行につき1行の空白で休憩を生み出す

次のポイントは、ブログ記事の読みやすさについて。

どういうことかというと、記事を読んでいる人のペースを考えて休憩の空白を作ってあげることですね。

 

このブログでまさに実践していることなのですが、2、3行につき1行の改行をして、休憩のスペースを作り出しましょう。

やはり、文章がびっしり詰まっていると息継ぎができなくてしんどいんですよね。

 

そのため、休憩できるスペースをおくことで訪問者がスムーズに文章を読めるようにしてあげます。

ただし、1行ずつ改行するのはNG。

 

改行が多すぎることでスクロールが増えると離脱率が高まるというデータが出ていますので、改行のスペースを作るのは4、5行に1度がベター。

「え、ここまでこだわるのかよ」と思うかもしれませんが、お金を稼ぐわけですから、ここまでこだわらなければなりません。

短い文章と長い文章を織り交ぜることで緩急をつける

 

ブログの文章が短いのか、長いのかも読みやすさに関係しています。

そこで大事なことは、短い文章と長い文章を織り交ぜて緩急をつけることです。

 

長い文章だけでは読者も読むのは大変ですから、短い文章を間に織り込んでいくことで、読者にスムーズに読ませることができるというわけですね。

特に、最初の1文を読ませることが何よりも重要であるため、最初の文章は短めにして読ませるのがいいでしょう。

 

ブログの文章を今まで書いたことがない人は短くなりすぎてしまう傾向が強く、文章が得意な人ほど1文が長くなりすぎる傾向にあります。

そのため、ブログの記事を読み終わった時に、リズムよく読めるか自分で読み直してみてください。

 

なお、実際にサラリーマン時代に副業で0から月に100万、200万、年収1億円以上稼いだ軌跡を下記の『クビでも年収1億円』でお話しています。

私の場合は、ブログではありませんが、ネットビジネスでこれから稼いでいく上で、非常に学べるものは多くあると思います。

 

小玉歩小玉歩

現在は15万部突破キャンペーンにつき、期間限定で無料プレゼントしていますので、下記から無料でお受け取りください。

↓ 『クビでも年収1億円』を無料で受け取るにはこちら!

話し言葉を使って無機質ではなく語りかける文章を書く

読ませる文章を書くために非常に有効な方法が「話し言葉」です。

通常、文章では書き言葉を使い、話し言葉は使わないのですが、それではどうしても堅苦しい無機質な文章になってしまいます。

 

それゆえ、話し言葉を使うことによって人間的な感情を文章に乗せることができ、読んでいる人も文章に入り込みやすくなるわけですね。

メディアではなくブログでアフィリエイトをするのであれば、「あなたを好きになってもらう」ということは非常に重要です。

 

極論、自分の文章を読んでいる人が自分のことを好きになってくれれば、「この人が紹介する商品だったら…」と購入に繋がることが少なくありません。

そう、文章を通じてまず好きになってもらうことはアフィリエイトでは非常に効果的なのです。

 

ということで、今回ピックアップした7つのポイントを取り入れて記事を書いてみてください。

最初は難しいかもしれませんが、何事も練習ですよ。

まとめ

 

アフィリエイトでは文章を読まれなければ稼げるわけがないので、書き方にまで注意をすることが重要。

アフィリエイトで稼げるブログを生み出す文章を書くためのポイントは以下の7つ。

 

  • キーワードからターゲットが知りたいことをイメージする
  • ターゲットが共感する言葉を入れる
  • 結論→理由→具体例→結論
  • 冒頭にフックを使い興味を持たせる
  • 4〜5行につき1行の改行で休憩を作る
  • 短い文章と長い文章を織り交ぜることで緩急をつける
  • 話し言葉を使って無機質ではなく語りかける文章を書く

 

結局、アフィリエイトはビジネスであるから、こういう地道な積み重ねで稼げるようになる。

 

 

小玉歩小玉歩

現在期間限定で初期費用0、リスク0の特別講義を無料公開していますので、ネットビジネスで稼ぎたい方は下記をクリックして無料で受講してみてください。