2018年6月17日に行われたゴールデンルールセミナーNEXT。

前回の【第1話】たった1年で年収を月収に激変させた男の戦果報告書では、年収を月収で稼ぐまでになった高山さんのお話をご紹介いたしました。

 

そして、今回の取り上げる2人目の登壇者は講師の中でも最年少26歳の広田光輝さん。

 

 

広田さんには26歳ながら、なぜ年商1億円以上のお金を稼ぐことができているのか、その秘密についてお話していただきました。

ネットビジネスの魅力は大きなお金を稼ぐことができることだけでなく、時間を生み出すことができる点にあります。

 

しかし、多くの人がビジネスに追われてしまい、時間を作ることができていないのではないでしょうか?

そんな方にこそ今回の広田さんの講義をみて欲しいと思います。

 

というのも、広田さんは、いかに自分が作業をせずに自動化で稼ぐことができるのか、時間を生み出すことができるのかにこだわってきたからですね。

ぜひ、今回の内容を参考にもっと時間を生み出せないかヒントを掴んでみてください。

 

それではこちらからどうぞ。

 

 

26歳で年商1億円を稼ぐ広田光輝の略歴とは?

 

それではまず、広田光輝さんのネットビジネスの略歴からご紹介していきます。

彼は20歳前後まで元々工場で16時間以上働き続ける生活をしており、その生活から抜け出すためにネットビジネスの世界に飛び込みます。

 

それが2012年11月の話で、実はそこから営業をしたり、トレンドアフィリエイトをしたりと、迷走を繰り返していたとのこと。

多くの人がいろんなネットビジネスに取り組んでは自分に合ったものを見つけるように、彼も色々なものに手を出していたようです。

 

そして、2014年6月に国内転売に出会い、半年後の12月に月収100万円達成。

9ヶ月後には月収200万円を達成し、順調に利益を伸ばしていくことに成功します。

 

2016年には情報発信・コンテンツ販売により年商1億円を達成、16年のゴールデンルールセミナーにも登壇しました。

その後も月収1000万円を達成したりと、非常に順調に利益を伸ばしてきているというのが広田さんの略歴ですね。

広田光輝が年商1億円以上を稼いだゴールデンルール

 

1人目の講師である高山さんと同じく、彼もネットビジネスのゴールデンルールに取り組んできて今に至ります。

ネットビジネスのゴールデンルールとは下記の通り。

 

  1. 不用品販売
  2. 転売ビジネス
  3. 情報発信
  4. コンテンツ販売

 

不用品販売から始まり、転売ビジネスで月に100万円、200万円の利益を出して、その経験を生かして情報発信を行う。

そして、自分の知識や経験を活かしたコンテンツを販売して大きな利益を得るのがネットビジネスのゴールデンルールになります。

 

ゴールデンルールは、難易度順で取り組めるため、初心者でも挫折することなく稼げるというのが大きな魅力。

特に、最初の不用品販売は出品をするだけでお金を稼ぐことができてしまいます。

 

広田さんもセミナーで、不用品販売はネットでお金を稼いだ経験がない人がネット販売の経験を積むためにやるものだと話されていました。

そのため、不用品販売では全て出品してしまって1週間で終わらせてしまうのがおすすめとのこと。

 

本格的なネットビジネスは転売ビジネスであり、月に100万円以上を稼ぐことができるのもここからですので、早いところ転売にステップアップしましょう。

広田さん曰く、転売ビジネスもシンプルで簡単なビジネスとのこと。

 

安く仕入れて高く売れる商品を見つけることができれば、それを繰り返し販売するだけで大きな額を稼ぐことができるのが転売ビジネスです。

そのため、利益の取れる商品を見つける感覚を養うことにチカラを注いでみてください。

 

なお、転売ビジネスで満足していてはいけません。

ネットビジネスのゴールデンルールでいう転売ビジネスは何も持っていない人が価値のある人になるための通過点にすぎません。

 

したがって、転売ビジネスで稼ぐことができれば、その経験を利用して情報発信へとステージアップします。

情報発信では主にメールマガジンを利用するため、レバレッジが効きます。

 

つまり、メルマガ読者が増えれば増えるほど、1通のメールの労力で多くの人に情報を届けることができるということ。

それゆえ、短時間で大きな収益を生み出すことができ、時間を作ることができるようになるというのが魅力でしょう。

 

これが、広田さんが通ってきたネットビジネスのゴールデンルールになります。

 

また、現在、ネットビジネスで0から稼ぐための特別講義を期間限定開催しています。

 

小玉歩小玉歩

初期費用がほとんどかからず、リスク0で稼ぐことができるネットビジネスをわかりやすくお話いたしますので、下記から無料で学んでみてください。

↓ 【期間限定】特別講義の受講はこちら!

広田光輝を変えた運命の書籍とその考え方とは?

 

順調に稼いできた広田さんですが、ここまで全てが順調というわけではなかったようです。

小学生から高校生までは地元でも悪行が目立つ少年で、高校生の時にバイクの事故を起こしてしまい借金200万円を背負ってしまいます。

 

高校3年生の時には、周りの友だちが楽しそうに遊ぶ中で、借金返済のためにアルバイト漬けの毎日。

高校を卒業してからもバイト先の工場に就職し、1日16時間以上働いていたとのことでした。

 

そんな広田さんの人生を大きく変えたのが、「7つの習慣」という書籍。

この書籍にある「選択の自由」と「インサイドアウト」の考え方を知ったことにより、彼の考え方は大きく変わり、稼げるようになっていったようです。

 

選択の自由の観点からすれば、彼はその工場での長時間労働を自分で選んだということになる。

しかし、それをやめようと思えば今すぐにやめるという選択を取ることができるわけで、自分の人生は自分で選択できるということを知ります。

 

さらに、インサイドアウトとは今、目の前で起こっていることは全て自分に原因があると考える考え方。

その工場で働いているのも自分の行動の結果、借金を背負ったのも、今の現状も全て自分に原因がある。

 

これら2つの考え方を20歳前後で知ったことによって、広田さんは会社を辞めてネットビジネスの世界に挑戦していくことになります。

大きく稼ぎたいのであればぶっ飛んだチャレンジをしよう!

 

ネットビジネスの具体的な話をする前に、広田さんからのアドバイスをご紹介しておきます。

それは「大きく稼ぎたいのであれば、ぶっ飛んだチャレンジをしよう」というもの。

 

なぜなら、月収1000万円や年商1億円、数億円といった大きな額を稼ぐというのはそもそもぶっ飛んでいることであり、考え方も行動もぶっ飛んでいなければ達成できないから。

実際、サラリーマンの考え方では一生かけても達成できることのない金額でしょう。

 

つまり、大きく稼ぎたいのであれば、何でもいいからぶっ飛んだチャレンジをして自分の殻を破って行くのが大事ということ。

実際に、広田さんも海外に行きヒッチハイクや無一文で「仕事をください」というダンボールを持って立っていたりといろんな挑戦をしてきたようです。

 

そのため、富士山登頂やヒッチハイク、バックパック、自転車で日本一周などぶっ飛んだチャレンジをしてみるといいでしょう。

 

参考:ネット副業ランキング2018完全版!月収50万稼ぐなら何がおすすめ?

広田光輝が年商1億円以上を稼ぐことができた他力本願力とは?

 

さて、いよいよ広田さんが26歳ながら年商1億円以上を稼ぐことができた秘密に迫っていきます。

彼がここまで大きな成果をあげることができたのは、ズバリ、他力本願力を極めてきたからです。

 

他力本願力とは、自分の時間や自分の労働力には限界があるからこそ、ネットや人の助けによって自分のチカラを何倍も大きくすることを指します。

当たり前ですが、自分1人では1日は24時間しかありませんし、一度にできることは限られてしまうもの。

 

ですが、外注を利用したり、ネットのツールを開発・利用すれば、自分では補えきれない分を補うことができます。

実際に、広田さんが行った他力本願は以下の通り。

 

転売ビジネスでは、転売ビジネス専用の外注・組織を作りノウハウを蓄積。

自分のスクールでは自分の後継者を作ることによって、スクールの運営を効率化、コンサルティングも生徒が行うことで時間の短縮に成功。

 

このように他人の時間と労働力を借りることによって、自分が直接働いていなくてもビジネスが回ることを意識してきたとのことです。

もちろん、時間が空いた分、次のビジネスやノウハウの開発、生徒をプロデュースさせたりと幅広く活動。

 

結果として、26歳ながら年商1億円、月収1000万円を達成することになりました。

皆さんもぜひ広田さんのお話を聞いて、外注化できることはないか、他人に任せられることはないか、考えてみてください。

 

参考:稼ぎやすいネットビジネスランキング2018完全版!

国内転売で効率よく稼ぐためにあなたがすべき3つのこと

 

さらに、広田さんが転売ビジネスでどのようなことを意識して取り組んでいるのか、その具体的なノウハウまで公開してくれました。

この3つのポイントを押さえれば、収益が上がることはもちろん、外注化も進み時間を生み出すこともできるでしょう。

 

具体的にすべきことは以下の3つ。

 

  • 仕入れはリサーチではなく交渉で利益を作る
  • 自分でしなくてもいいことを全て外注化する
  • リストを構築してリピート仕入れをして効率化する

 

転売ビジネスと言えば、リサーチをしてもなかなか売れる商品が見つからない、梱包・発送がめんどくさいという悩みがあると思います。

また、手を止めると稼げなくなってしまうのもデメリット。

 

しかし、広田さんがご紹介する方法では、それらの「めんどくさい」を全て解消することができますので、ぜひ取り入れてみてください。

利益の出る商品を見つけるのではなく利益を作るべし

 

いくらリサーチをしても売れる商品が見つからない。

そんな悩みを抱えているかもしれませんが、広田さんからすれば、そもそも「見つけようとする」から難しいとのこと。

 

そう、転売ビジネスでは利益の出る商品を見つけるのではなく、作ってしまえばいいのです。

利益を作るとはどういうことかというと、交渉で仕入れ価格を下げてもらうということ。

 

具体的に言えば、メルカリやヤフオクで出品されているものを値下げ交渉して少しでも安く仕入れるということですね。

これができてしまえば、値下げできた分だけ利益になるため、めんどくさいリサーチなど不要です。

 

実際に、メルカリでは12000円のものが、7000円まで値引きできて仕入れることもできるほどうまくいきます。

これは出品者が素人であり、不用品を処分したいという気持ちを持っているからですね。

 

実店舗での仕入れでも全く同じ。

店舗によって値引きできる商品というものがありますので、値引きできる商品を店員さんに聞き、仕入れ価格を減らすことによって利益をあげることができるというわけですね。

 

利益の出る商品を見つけるのではなく作る、ぜひ交渉をして利益を作り出してみてください。

 

また、私自身もサラリーマン時代に副業で実店舗仕入れをして月に100万円、200万円を稼いでいました。

その時の軌跡を下記の『クビでも年収1億円』で余すことなくお話しています。

 

この書籍がきっかけで年収数千万、数億円の起業家が多数生まれましたので、非常に勉強になるかと思います。

小玉歩小玉歩

現在、15万部突破キャンペーで無料プレゼントしていますので、下記をクリックして無料で受け取ってみてください。

↓ 『クビでも年収1億円』を無料で受け取るにはこちら!

めんどくさい梱包・発送は外注を使って自動化すべし

 

転売ビジネスのめんどくささと言えば、やはり仕入れ、梱包と発送でしょう。

月収100万円や200万円という大きな額になってしまうと、毎日のように大量の仕入れ、梱包、発送が必要になります。

 

しかし、考えてみて欲しいのですが、それは本当にあなたがしなければならないことでしょうか?

他の誰かでもできる、というのが正直なところではないでしょうか。

 

そのため、広田さんはこの仕入れから梱包、発送を代行業者や外注を使って自動化していたとのことです。

確かにお金がかかってしまいますが、その分、時間が生まれますので、さらに稼げるようになるというのは目に見えていますよね。

 

自分がしなくてもいい部分は思い切って他力本願で他人に任してしまう。

これができる人とできない人では、時間の使い方に大きな差ができ、稼げる額にも差が出てきてしまうでしょう。

 

参考:【賢いお金の稼ぎ方】”ノーリスクで確実にお金を稼ぐ”ネットの稼ぎ方

リスト化することで商品の仕入れをスムーズにすべし

 

最後ですが、効率よく転売ビジネスで仕入れるためにすべきことは「リスト化」になります。

リスト化とはこれまで仕入れた商品や有料セラーや季節ごとにリピートできる商品をリストとしてまとめておくことですね。

 

モノの需要には季節が関係しているため、売れるモノが時期によって異なります。

季節が変わるたびに売れる商品を探していてはいつまで経っても肉体労働の領域から抜け出すことができません。

 

これまでの経験をリストという資産にすることで、効率よく仕入れていくことができます。

さらに、同じ転売をしているセラーに目をつけておくことで、そこから売れ行きの商品を見つけることも可能です。

 

どんな物事でも0から取り組むのは効率が悪いため、できるだけ経験を積み重ねていく形を取っていきましょう。

リサーチや雑務に終われるネットビジネスは終わりにしよう!

 

さて、今回広田さんの具体的なノウハウと合わせて、重要な考え方である他力本願力をご紹介したのには理由があります。

それは、転売ビジネスに取り組んでいる人があまりにも転売に追われすぎているから。

 

本来、ネットビジネスとは大きな額を稼げて、かつ、時間が生まれる、もっと自由なものであるべきです。

しかし、リサーチ、梱包、発送に追われてしまい、どうしても時間がなくなってしまう。

 

これでは本来のネットビジネスのよさ、自由なんてどこにもない、と広田さんは思ったわけですね。

自分の時間を取り戻すためにも他人の力を借りる、ネットの力を借りる他力本願を活かしてみては如何でしょうか。

 

小玉歩小玉歩

また、期間限定で初期費用0、リスク0の特別講義を無料公開していますので、下記をクリックして無料で受講してみてください。

ネットビジネスで稼ぎ続けるために意識すべき2つのこと

 

最後に、広田さんがネットビジネスで稼ぎ続けるために意識していること、彼のスクール生に意識させていることを話していただきました。

それは、悩みを深くまで考えること、できる理由を考えること。

 

人は基本的に漠然とした不安や悩みでモチベーションを落として行動を止めてしまいます。

でも、それは非常にもったいないことで、本当にしょうもないことでネットビジネスを諦めてしまっている人が多いんですね。

 

そのため、悩んだり不安になったときは、その悩みを深くまで考える癖をつけてみてください。

どうして不安なのか、なぜなのか、なぜ、なぜ、なぜ、と理由を深掘りしていくことで何がブレーキをかけているのかがわかります。

 

そして、それを取り除いてしまえば、モチベーションも下がらずに行動できてしまうのです。

ぜひ、自分と向き合い、深く考えてモチベーションを絶やさずに取り組んでみてください。

 

そして、できる理由を考えること。

人はめんどくさいこと、難しいこと、やったことがないことを目の前にすると、どうしてもできない理由ばかりを考えてしまいます。

 

できない理由ばかりを考えてしまうと、どうしても諦める方向にしか向かいません。

普通に考えたらわかることですが、諦めてしまっては今までかけたお金と時間が無駄になってしまいますよね。

 

それは本当にもったいない。

だから、しんどいなと思った時こそ、どうすればできるのか、「できる理由」を考えてみてください。

 

人間の脳は面白いもので、どうすればできるのかを考えだすと解決策を浮かべようと考えだすものなのです。

ネットビジネスで稼ぎたい、その思いがあるのなら、彼の2つのアドバイスを素直に取り入れてみるといいでしょう。

 

参考:サラリーマンが副業で1億稼いだ方法を全部話そうと思う

まとめ

 

ネットビジネスで稼ごうにも1人では時間と労働力に限界があるからこそ、ネットと他人の力を借りる他力本願が重要。

誰でもできることを外注化することによって、自分の時間を生み出すことができる。

 

ネットビジネスの大きな魅力は大きな額を稼げることと時間を生み出して自由になれること。

転売ビジネスでリサーチや仕入れ、梱包・発送に追われるのではなく、他力本願を利用して効率よく稼げるようになることをおすすめする。

 

 

小玉歩小玉歩

初期費用がほとんどかからず、リスク0で稼ぐことができるネットビジネスをわかりやすくお話いたしますので、下記から無料で学んでみてください。

↓ 【期間限定】特別講義の受講はこちら!